スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の更新予定とか 

連続更新13日目です(日付を誤魔化しながら)

なんか急にアクセス数が倍増してたので何かと思ったらけーあい氏に宣伝されていたらしい。
そういえば連続更新をはじめてから、一度も自発的にツイッターとかで更新したぜアピールしてなかったなと思いつつ、日ごろフィーリングでやっているものを構想もなくただ垂れ流しただけのものでも、需要ってあるものなんだなあとすこし吃驚しています。
何事も、もっと表に出していかないとわかりませんね。

参考になれば光栄です(昔流行ったよね)。

実はもう少し、採用枚数についての話とか、「炎王炎環」についての話とか、いろいろ書きたいことがあったんだけど、ヴァンガードのルール改定の余波とか、時間を置きすぎて何を書こうとしていたのか忘れてしまったとかとか、単純にめんどくさくなったとか、タイプしてると寒いとか、色々あって棚上げ中です。
一応、連続更新の期間中に書けたらいいかなと思ってはいます。


>ストラクチャー炎王の急襲の紙質が改善されるらしい?
なんかちらっとツイッターで流れていたのを耳にしました。
所詮は非公式情報だし、いつごろから版が変わるのかもよくわからないので話半分には捕らえていますが、そうなることを期待して買い控えていた(実態は単に面倒くさかっただけ)ので、うれしい話ですね。

遊戯王:1からデッキを作るためのおはなし III 

連続更新9日目。

最後に採用を検討したり、入れて抜けていったりした細かいカード群についての所感を語ります。
ほとんどオマケのようなものですね。


・「炎王獣キリン」
唯一レベル3かつ低ステータスで、単品で扱いにくいことと、効果を起動したとして、墓地に捨てるだけと回りくどい「おろかな埋葬」要員でしかないということで、かなり早い段階からリストラされました。
同じ墓地に送る要素の「ラヴァルバル・チェイン」が炎属性で、そのまま「炎王炎環」で「ガルドニクス」と交換できてしまうというのが運の尽きだった気がします。
とはいえ、「真炎の爆発」を円滑に打ち込むにあたっては使いやすい部類のカードだと思います。自身も蘇生対象の一枚ですし、徹底して「爆発」だけを打ちに行くような形――例えばラヴァルだとか、そういうのと組ませるならお呼びがかかることもあるのではないでしょうか。
ランク3の選択肢を広げる点も評価できます。「炎星師チョウテン」にも対応し、「炎星皇チョウライオ」も出せるようになります。一応。

・「ジェネレーション・チェンジ」
効果破壊を自発的にトリガーさせるカードの中で、アドバンテージを失いにくいカードの1枚です。
他に「連鎖破壊」や「破壊指輪」などがありますが、これらの効果と比べると、同名カードを手札に加えるというのは比較的マシな選択肢の一つといえます。
チェンジは特に「炎王獣バロン」とのシナジーが抜群で、同名カードを拾いつつ、場を空け、次のスタンバイに「炎王の急襲」か「炎環」を拾って構える、と美しい流れを再現することができます。
テストプレーでも実際に「バロン」と組み合わせたときは楽しい動きをしてくれるカードではありましたが、それ以外の活躍が難しいカードで、「フレムベル・ヘルドッグ」や炎星モンスターに打っても効果はなく、「炎王獣ヤクシャ」と「炎王獣キリン」はあらゆる破壊に対応して効果を発動するため、さほど無理にチェンジさせる必要がなく、「炎王神獣ガルドニクス」はサクリファイスなんちゃらの一因にこそなるものの、手札に同名を呼び込んでも使い道が薄いからです。

昨日模索した「第二の攻め手」という観点でも、自発的に破壊して場を動かすという考え方でこのカードが浮上しましたが、「バロン」を破壊しても結局は「急襲」か「炎環」からの「ガルドニクス」にまで行き着かなければ本格的なスタートにならず、「ガルドニクス」を破壊できるということは「ガルドニクス」は既に場に出ているわけで、根本的な解決にはなっていません。
総じて、活かすならデッキ全体にもう一工夫いるかなといった印象でした。

・「ネフティスの鳳凰神」
「ガルドニクス」と対を成す、伏せに干渉するカードで、はじめは1枚採用していました。
が、大きな欠点として、一世代古いこのカードは次の「自分の」スタンバイフェイズに蘇生します。
なので「急襲」で呼び出したとして、特殊召喚されるまでには丸々1ターンのタイムラグがあり、その間に相手に対処されるケース(「死者蘇生」とか、「ショックルーラー」とか)が大変目立ちました。
サイドデッキなら…と思いましたが、今度は炎王のメタカードがブッ刺さる中に同じようなカードを投入していくわけで、焼き鳥になる可能性はさらに高く、最終的に外れていきました。
とはいえ「ヤクシャ」から手札より飛び立つネフティスはたいへん優秀なので、諦めたくはないところではありますね。

・「安全地帯」
デメリットの多くをメリットに変えられる1枚。
ぶっちゃけまだ使ってない(「禁じられた聖槍」を優先した)のでこれから使ってみます。

僕も年末くらいは毎日更新します 

>ADSをインストールしました

         /:::::::ヽ /
__   _,-/:::::::::::Y
|:ヽ二=--:::::,-ー----、_ヽ   い  そ
|:::::,--' ̄ヽ ̄        >
|::-~~     ヽ        /    け  れ
ヽ        .|        /
. ヽ  _,..---ー' ̄ヾl、::::::::::::...    な  以
 ヽ/:::(        " ` `ヾヾ:ゝ
  }::::::::::〉  __,,,_   ___ ヽ    い  上
/~-、::::/_____' _____  /___`_〉、
ヾ/;>~`ー-、_f/-'エp`l)=/'l. pヽ h \
ヽ〈(.     ヽヽ、___// .|、二_//   `-、  __
 ヽへ.     `ー--" 〈---/~     ∨
  `-,、       、__  〉 ./
    |ヽ      ,...__二  /
    |ヽ     ./==、-l /
   ,-| \    ~ー---' /
  /ヾ、  丶   ~~~` ./
 _/  \  ~ヽ___,-/、
/ |\  ~\__   ノ  |/ヽ_
  |  \   __>-ー'~~ ヽヽ`-、

3/29 コメント返信 

やっぱVGより遊戯のほうが需要あるんですかね。
これまで積み上げてきたもの的にも仕方ないことなんでしょうけどw

こんばんは、気になったのですが聖刻相手へのサイチェンどうしてますか?よければ教えて欲しいです。
2012/03/11(日) 04:27:45 | URL | マグナ #- [Edit]


正直言ってまだ計りかねてるので何ともいえません!
せいいっぱい考えたことはコメント頂いた記事中に全部書いてあるので見てくださいね。

グルフ2「まで」なんですねwww
ここで知りました
ありがとうございますwww
2012/03/17(土) 11:32:16 | URL | フォルテ #- [Edit]


そうです、ものすごく重要なテクニックなので忘れないようにしましょう!
ただし「0上げる」ことはできないのでご注意ください。

[質問] by サスケ
どうして賢者の聖杯ではなく自律行動ユニットなのでしょうか?

ライフコストやサイクロンがキツくありませんか?

よろしければ回答お願いします。


「自律行動ユニット」のデメリットと、「賢者の聖杯」のデメリットは比較しましたか?
賢者の聖杯のライフコストを払わないところや、サイクロンを受けないところは魅力ではありますが、自分フィールドにモンスターがいないときしか発動できないところとか、エンドフェイズに墓地に戻るどころかよりによって相手の場に帰るところとかを見る限り、自律より使いにくい点が目立つと僕は考えました。


[] by がおー
ブラックホールを入れる相手はなんでしょうか?

それと、もしサンダーバードをサイドに採用していた場合何にいれるんでしょうか?


どっちも強いカードなので、大体何に入れても機能してくれますよ。
もちろん目的なく採用しても意味はありませんが、とりあえず使ってみないことには強いか弱いか分からないと思いますし、何に対して何が効くなんてのは個々人のプレイスタイルや直感によるところも大きいですから、使ってみて不要かどうか判断してみるといいと思います。
その上で、東京CSのときは自分はブラホはモンスターの強いデッキに、サンダーバードは虫へのメタ方法がこれと被りにくいと予測できるデッキに採用する予定でした。

3/9 コメント返信 

全然気付いてなかったので久々にしまーす


優勝おめでとうございます!
いよいよ5弾発売ですね
新環境が楽しみです
2012/01/13(金) 00:02:21 | URL | ざる #- [Edit]


1月のコメント…(汗
拾うタイミング遅れに遅れてすいませんでした、どうもありがとうございます。

4弾も終わり5弾が出てもうそれも半ばですが、いかがお過ごしですか。
僕のほうは結局色々試した結果騎士王に戻ってきて、やっぱり調子がいいのでまだまだこのままでいいかなって感じです。シャドウもかげろうも一応形にはしたんですけどね。

グルフ参入でチェインの重要性が増しましたね
こちらの環境ではチェインが使えないので
コンボパターン2のように相手の場に何も無い状況で
ライフを削れ切れるパターンと構築を模索中です!

更新楽しみにしています
2012/03/07(水) 18:31:49 | URL | JAPH #5sueVKG. [Edit]


チェインの無い環境ということは、海外の方ですかね?
わざわざ読んでいただいてどうもありがとうございます。
何も無い状態から削りきるには、「ギガマンティス」や「ギガウィービル」みたいな、自主的に装備できるモンスターや装備魔法カードが重要になりますね。
事故率は上がりますが爆発力も上がるので慣れれば楽しいと思います!

サイドにライオウいれてる人の
場合召喚権の都合上カーDは
抜くんですかね?

自分は聖刻使ってるんですが
教えてもらいたいです。

2012/03/08(木) 16:51:04 | URL | ajt #- [Edit]


自分はデッキの記事でも書いたとおり「ライオウ」は最終的にやめちゃったんで、実際に採用していた方々のサイチェンのプラン及び使用感とかはよくわからないです。
一応、やめるまではライオウの入れ替えはカードカーとそっくりが多かったです。
ただそうして貴重なドローソースを減らすと、デッキが回らず虫たちがまともに動かない事故が起こるという別の問題が浮き彫りになったことも、ライオウに疑問を抱いた理由の一つだったりします。

インゼクターの基本的なコンボ 

インゼクターたちは、「1ターンに1度」という発動条件で装備する効果を発動できます。
「召喚成功時」などとは異なり、フィールドに残したままターンを跨げば次のターンも効果を発動できますし、効果を使用したターンでも、一度フィールドから引き離し、再び呼び戻せばこのくくりはリセットされます。
また発動にコストも必要ないため、単純に「使えば使うほど得」である効果です。

そして、「ダンセル」「センチピード」の持つもう一つの「装備が外れ墓地に送られたとき、特殊召喚する/サーチする」効果は、1ターンに1度という制限がなく、2枚つけて外せば、2回効果が発動します。
単純につけて外す枚数だけ得をするという、さらに使い勝手のいい効果となっています。


要するに、蘇生カードや「素材を能動的に墓地に送れるエクシーズモンスター」などと組み合わせることで爆発的な展開を可能とするわけですね。


◆コンボパターン1
「ダンセル」+「ホーネット」+蘇生カード

フィールドに2枚程度破壊出来るカードがあり、デッキに「ギガマンティス」がある場合、この3枚でワンターンキルが成立します。
ダンセルの効果は墓地からでも構わないので、ホーネットは墓地でも構いません。

1、ダンセルを召喚し、効果でホーネットを装備して、ホーネットの効果でカードを破壊する
2、ダンセルの効果でセンチピードを特殊召喚し、ホーネットを装備して、もう一度ホーネットの効果でカードを破壊する
3、センチピードのサーチ効果で、ギガマンティスを手札に加える
4、ダンセルとセンチピードで、「リバイス・ドラゴン」をエクシーズ召喚し、その効果のコストでダンセルを墓地に送る
5、ダンセルを蘇生カードで蘇生する
6、ダンセルの効果でホーネット装備し、ギガマンティスを自身の効果でダンセルに装備する
7、ホーネット効果でこのギガマンティスを破壊すると、ダンセルの効果が2回、ギガマンティスの蘇生効果が発動し、センチピードを2体と、墓地からインゼクターを1体特殊召喚する(最低でもここまで使ってきたホーネットが必ず墓地に存在するので、蘇生先が居ないことはありません)
9、これでフィールドが「リバイスドラゴン・ダンセル(使用済)・センチピード×2(未使用)・ホーネット(未使用)」となるので、未使用分でギガマンティスを使うなり、エクシーズ召喚をするなりで合計攻撃力が8000以上になるように調整する

簡単ですね。
これは前期からよく見られたコンボなので、知ってる人も多いと思います。


◆コンボパターン2
「ダンセル」+「グルフ」+蘇生カード

パターン1と異なり、これはスタート時点でフィールド上に破壊できるカードが存在しなくても、ワンターンキルを仕掛けることができます。

1、ダンセル召喚、グルフを装備して墓地に送り、ダンセルのレベルを「1」上げる
2、特殊召喚したセンチピードでも同様にグルフを装備しレベルを「1」上げて、ギガマンティスをサーチする
3、ランク4の「ラヴァルバル・チェイン」をエクシーズ召喚する
4、素材コストにダンセルを使ってチェイン効果発動し、デッキからホーネットを墓地に送る
5、ダンセルを蘇生カードで蘇生する
6、ダンセル・ホーネット・ギガマンティスが揃うので、パターン1と以下同文に
7、最終的なフィールドは「チェイン・ダンセル(使用済)・センチピード(未使用)×2・ホーネット(未使用)

(ホーネットがすでに墓地にあるのなら、チェインのところは「クリムゾンシャドー」のほうが最終的な打点は高く出来ます)

コンボパターン1と異なるのは、最終的な形を作ったとき、墓地にギガマンティス以外に必ずグルフが存在しているところです。
ワンターンキルに失敗しても、メイン2でレベルをコントロールすることで、あらゆるランク3~5にアクセスすることが可能になります。
ダンセルをサーチしつつ、クリムゾンシャドーや「インヴェルズ・ローチ」・「ヴェルズ・ナイトメア」と「ゼンマイン」を並べるといった、きわめて磐石な場を構成して相手を迎え撃てます。
相手のライフによっては「ヴォルカザウルス」で「冥府の使者ゴーズ」を焼き払ってゲームエンドなんてこともあるかもしれません(だいぶ相手が間抜けじゃないといけませんが)。

また、レベル4を3体並べて「色の支配者ショック・ルーラー」を立てることも可能です。
ワンターンキルできない先行初手においても、ショックルーラーを立てつつバックを敷き、ダンセルを握るといった状況を作れるので、ダンセル・グルフ・死者蘇生といった手札であれば先攻からの展開も積極的に狙ってよいかもしれません。

◆コンボパターン3
「ダンセル」+「グルフ」+『相手の墓地または場に』ホーネット

ミラーマッチにおいて発生する可能性の比較的高い状況で、蘇生カードなしに、1体のダンセルを使いまわせるパターンです。
成功すれば相手ライフを最大6000まで持っていけます。

1、ダンセルグルフでレベルを「2」上げ、センチピードを特殊召喚する
2、センチピードもレベルを「2」上げる。サーチするのはギガマンティス
3、ランク5の「甲虫装機エクサスタッグ」をエクシーズ召喚する
4、ダンセルを素材コストに効果を発動して、相手のホーネットを装備する
5、エクサスタッグにギガマンティスを装備して、ホーネットで破壊する
6、ギガマンティスの効果で墓地からダンセルを特殊召喚し、効果を使っていく
7、バトル前に、使用済みのエクサスタッグには「ガイアドラグーン」を乗せる
8、これでフィールドは「ガイアドラグーン・ダンセル(使用済)・センチピード(未使用)」となるので、未使用のセンチピードが状況に応じたカードを装備して、攻撃する

最後のセンチピードがギガマンティスを装備すると、2600+1000+2400で合計ダメージはちょうど6000ポイント。相手が「神の警告」を発動していたり、センチピード+グルフの2100などで攻撃が一発通っていれば、ゲーム終了となる形ですね。
こちらの墓地にホーネットがいるのなら、6以降の流れからホーネットを用いれば相手の場は殲滅できますし、グルフしかないとしても、センチピードがグルフを装備すれば、ダメージ300の減少の代わりに、メイン2に状況に応じたランク4~5のエクシーズを立てつつ、次の手をサーチすることが可能です。
ダンセルを拾いながらチェインを立て、ホーネットの準備に向かうもよし、ヴェルズナイトメアで蘇生の押さえ込みに走るもよし、クリムゾンシャドーで場を固めてもよしと、幅広い選択肢が模索できますね。

なお、メインデッキの構築によっては、さらなる発展が期待できます。
エクストラにエクサスタッグが2体あり、メインに「ギガウィービル」も採用しているのなら、もう1周スタッグの動きを行えるので、ワンターンキルも視野に入ってきます。


ごくさわりの部分だけいくつか書き綴ってみました。

ここまで書いてきましたが、インゼクターがいまのトップメタである以上、ダンセル効果などは「通らないのが当たり前」といった環境です。
ワンキルできる手札でも、無理に仕掛けて延命されて返されるより、崩されにくい強い場を設けて相手ターンを迎えるほうが正当である場合も多々ありますし、基本的には罠の踏み方とか、相手の行動予測してフリーチェーンの打ち込みどころを見定めるだとか、そういう面を磨いたほうがいい気はしています。
もちろんそこでゲームを終わらせるというのは最強のメタ行動ですから、いざ通ったワンチャンスをうっかり見逃すのも問題ではありますが。

ホルアクティが届きました 

b8ukb.jpg


イェ~イ



関東csのキャンセル待ちも抜けたので、しばらく遊戯王やります!

YGO48総選挙とやらで24位になってました 

1/3
http://ameblo.jp/momoleon4u/entry-11004066103.html
2/3
http://ameblo.jp/momoleon4u/entry-11004072599.html
3/3
http://ameblo.jp/momoleon4u/entry-11004317843.html

だれだよこんなに俺に票入れたやつ
ありがてぇんだけど(テンプレ)

いやー、発表を焦らしてリアルタイム勢をうまく盛り上げてみたり、
そもそもこの企画を発案するってこと自体が奇才だよね、さすがももさん!
楽しかったです、ありがとうございました。


ちなみにおれはごんぶとり遊戯に入れました。が、案の定ランク外!(笑)
同じような考えを狙うのであれば、メジャーなカイザー海馬で攻めるべきだったか…。


さて9月です、新制限らしいです。
が、正直ぜんぜん対戦してなくて、リアルは当然禁止カード入りっぱ。
さすがに「開闢の使者」を探さないとかそういう怠慢まではしてないものの、
新環境最初に何のデッキから入るか、思案したまま止まってる感じです。
必要なカードは揃ったし、トップメタと名高いTG代行か、
好き嫌いに素直に引き続きカラクリやらカオスやらスクラップを続投か、さて…。

思出語:「ローンファイア・ブロッサム」と蘇生カード その2 

DO画像使って書いたの何年ぶりだろう。
▼... Read more ≫

思出語:「ローンファイア・ブロッサム」と蘇生カード 

「ローンファイア・ブロッサム」+蘇生カードのコンボは、今ではテンプレとなりました。
昔をたどっていくと、「グローアップ・バルブ」と「フォーミュラ・シンクロン」が登場したSTBLの発売時点(昨年7月ごろ)から理論上は成立していたものの、当時は旋風1強、対抗馬にインフェルニティといった環境で、末期にフォーミュラシンクロンこそ使われていたものの、その出張先は主にカエル帝。
植物ギミックは上記3つのデッキと比べると、あまり話題にはなっていませんでした。

注目されはじめたのは、制限改定で「ダンディライオン」が準制限に緩和されるという追い風を経た、昨年9月くらいのCSで「リミリバデブリ」が結果を残したあたりからと記憶してます。


「ロンファ蘇生」について、ものすごく簡単かつ適当に概要を説明すると
1、ローンファイアブロッサムAを自身リリースし、ダンディライオンを特殊召喚。
2、生カードでローンファイアブロッサムAを蘇生。
3、ダンディライオンをリリースしてローンファイアブロッサムBを特殊召喚。
4、綿毛トークンを2体を特殊召喚。
という手順を経て作られた
fire01.jpg
この形を基本として、その後
「ローンファイアブロッサムBで何をリリースして何を出すか」
によってさまざまなパターンに派生していく、汎用性の高いコンボです。


思い出語りということで、ここ1年のロンファ蘇生の変遷でも書いていこうと思います。
(基本的に何かと都合のいい想定で動いてますのでご了承ください)
▼... Read more ≫
BACK | HOME | NEXT

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。