スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンガード:アモンを仮組みしました 

ためしに組んでみました。

■グレード 3
4 x 魔神侯爵 アモン“Я”
4 x 魔界侯爵 アモン
■グレード 2
4 x アモンの眷族 ロン・ジンリン
4 x グウィン・ザ・リッパー
3 x アモンの眷族 ヘルズ・ドロー
■グレード 1
4 x アモンの眷族 ヘルズ・ディール
4 x アモンの眷族 ヴラド・スペキュラ
2 x アモンの眷族 フウ・ジンリン
2 x ブラッディ・カーフ
2 x 漆黒の詩人 アモン
■グレード 0
1 x デビル・イン・シャドー
4 x アモンの眷族 ヘルズ・トリック
4 x アモンの眷族 クルーエル・ハンド
4 x 悪夢の国のダークナイト
4 x ヒステリック・シャーリー


「魔神公爵アモン“Я”」は、現実的に強効果を叩き付けられるやっとダクイレに出たエースです。
そのキーワードには「ソウル6枚」を掲げており、この6枚という数字はもともとの「魔界公爵アモン」がブースターを必要とせずに16000という及第点のパワーを発揮するための数に等しく、非常に重要な数字です。

必然、負け筋としては「ソウル6枚を用意できずアモンたちが満足に動かないこと」になると考えられたので、僕はまずこの「ソウル6枚の用意を安定して行えること」を重要視してデッキを組むことにしました。
(一応、アモンЯのLB効果はソウル6枚未満でも使用することができるようですが、その場合5000以下のパンプのみをわざわざどこか1枚を呪縛してまでやることになり、意味は薄いと思いますので、やはり6枚以上で☆を増やすまでは是が非でも行きたいところです)

今回のダクイレは一応は「アモン」という名称指定という形を取ってはいますが、ECBが1枚もなく、アモンЯの呪縛対象にも名称指定がないので、Vに乗せた際に「ヘルズ」系や「ジンリン」系の発動条件が一時的に失われるという点にさえ留意すれば、非名称のユニットは好きなだけ採用できます。
G3など長くVに居座ることになるユニットはなるべく「アモン」で揃えたいところではありますが、ライドすることが基本的にはないトリガーなどは、SCのできるものを優先的に採用したほうが戦術の幅が広がると考えられます。

さて、ソウル6枚を稼ぐに当たって。
まず順当にG3までのライドを行えれば、G1、G2のユニットがソウルになります。
ダクイレにはこれといってSBする有益なシステムもないので、実質的には工面するべきソウルは4枚で構わない、という勘定をして構わないでしょう。

その残り4枚のソウルを稼ぐ手段としては――

1、FVの効果を使う
FVをシズク互換(デビル・イン・シャドー)とすれば、自身の効果でソウルに戻って+1。
グリーディ・ハンドにすれば、自身を戻しつつ、効果のSCで合計+2。
(フェイト・コレクターは発動条件がソウル6枚なので、この手段には貢献できません。
効果そのものは決まれば確実な1ドローで一番リターンがあるとは思うのですが)

2、登場時SC系を使う
Vの名称を問わないのであれば既存の「サキュバス」シリーズで1枚ずつ。
Vをアモンにするなら「ヘルズ」シリーズで一挙に2枚ずつソウルを稼げます。

3、さらにライドする
アモンにアモンЯをクロスライドすれば+1。
また、アモンЯにアモンЯをライドするグレートダイユーシャシステムでもソウルが+1されることも覚えておいて損はないと思います。

4、トリガーの効果を使う
「悪夢の国のダークナイト」や「ヒステリックシャーリー」のような、ソウルに引っ込めることで効果を発動する系のトリガーもソウル稼ぎには貢献します。

5、その他、既存のSCサイクルを使う
「イエロー・ボルト」などは早期にコールしておけば確実に複数のSCが可能です。
レスト後には呪縛すればいいので理論上は中盤以降でも回せて相性がよさそうです。
また当然ながら普通のアモンのほうのCB1効果でもソウルが増やせます。


主にこれらの要素から複数を用いて、残り4枚のソウルを溜めます。
組み合わせとしては
・2枚×2(「ヘルズ」2回コール)
・2枚+1枚+1枚(「ヘルズ」1回コール+「シャドー」効果+クロスライド)
などが、自然な流れで行えるソウル6枚でしょうか。
やれば以降☆が増やせるのであれば、1アドくらいは投げ捨ててもお釣りがくるはずです。


アモンЯのパワーラインについて
さて、そうして条件を満たした後は、ラインの形成です。

・16000↑
条件を満たし☆が増やせれば、パワーは最低でも17000です。
クロスライドが達成していればさらに+2000されて19000になります。
ソウル6枚を達成すれば確実に作れるラインで
呪縛のコストにV裏を指定しても問題ないというのがひとつの強みです。

・21000↑
クロスライドに成功したソウル8、またはソウル10で達成できます。
「ヘルズ」系を2~3回回せれば単騎でも達成可能なラインです。
もちろん、V裏を呪縛せずブースト要員を使えれば、ソウル6枚のままでも達成できます。

・26000↑
V裏に「詩人アモン」を置けば、ソウル6枚以上でいつでも達成できます。
7000ブースターでも、クロスライドに成功したソウル6時か、ソウル8枚時に達成できます。
単騎で達成するにはソウルが15枚(クロス中は13枚)必要で、これはさすがに難しいとは思いますが、☆2を持つヴァンガードが21000になるか26000になるかは結構な違いがあるので、効率よくこのラインが達成できれば決定打になるはず。

基本的にはこの3択から、相手の手札を推察しつつ呪縛場所を変えることで対応するといいと思います。
16000でマジェ的な戦い方(3~4点で止め、RはRをつついてリソース勝負で追い詰める)を続け、要所で21000~26000を見せ、ワンショットを狙う、というのが理想の立ち回りになるのではないでしょうか。


脇を固めるユニットしては、負け筋を潰す安定思考としてはアモンЯの発動条件を満たすためのSC要素――「ヘルズ」系や「ボルト」「シャーリー」などをなるべく採用したいところですし、実際構築はそこから入ってみましたが、採用しすぎたところで所詮SCはSCで、それだけでは盤面には何も貢献することがない、ということを忘れないようにしたいところです。
反面、盤面に干渉する要素としては、バーサーク互換である「グウィン・ザ・リッパー」や、そのG1版マイナーチェンジである「ブラッディ・カーフ」がとにかく優秀です。
また相手のアドバンテージを奪うばかりでこちらの得る手段に乏しいというダクイレの弱点を補う意味では、キララ互換である「ストーリー・テラー」も悪くないでしょう。
前述したマジェ的な戦い方をするにあたっても、Rを殴らせるのに適役な1枚といえます。
アモンЯはこれらのカードたちのCB消費を阻害しないので、引けば引くだけ暴れてくれるでしょう。

また、アモンЯが☆を増やす条件と同じタイミングで9000のアタッカー/ブースターになるG1の詩人アモンも強力ですが、冒頭で述べたとおり「ソウル6枚にならないこと」が一番の負け筋になるという観点から見ると、その負け筋を覆すのに貢献しないどころか、ただの6000ブースターとなり足を引っ張りかねないこのカードの合否は分かれる所だと思います。とりあえず試してみましたが、現状はなんともいえない感じです。

どこかで最低限は必要となるSC要素と、そうではないが単品で強力な要素をどういった按配で入れるかが肝になってくると考えています。

動きとしては焼いて、☆を見せ付けて、とにかくカードを使わせて、と、抹消者の「ガントレッドバスタードラゴン」に近い動きができ、それはうまくはまれば強い動きだということは明白なだけに、練る価値はそれなりにあるんじゃないかなーと思いました。おわり。
ヴァンガード:公認大会を見学 | HOME | ヴァンガード:僕の解放者の話

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。