スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王:「幻獣機」のお勉強タイム(自分用) II 

連続更新24日目。

3日くらい前の自分用メモ Iの続きです。
今日は、触れなかった専用の魔法・罠を紹介したいと思います。

「緊急発進(スクランブル)」
速攻魔法
相手フィールド上のモンスターの数が、トークン以外の自分フィールド上のモンスターの数より多い場合、自分フィールド上の「幻獣機トークン」を任意の数だけリリースして発動できる。
「幻獣機」と名のついたモンスターをリリースしたトークンの数だけデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に持ち主のデッキに戻る。
「緊急発進(スクランブル)」は1ターンに1枚しか発動できない。

発動条件が若干まどろっこしいので、簡単に画像で示します。

scramble.jpg

こういうときに打てます。
リリースするトークンの数は任意なので、一応、1体だけ出すなんてこともできますね。
エンドフェイズには戻ってしまうので、シンクロもしくはエクシーズしやすい場になるようにするか、出したモンスターのリリースしたときの効果を使って最低限のリターンが得られるように動く必要があります。

このカードの問題点はいくつかあって
・お互いのモンスターが1:1のときに打てない
「以上」ではなく「より多い」なのでダメです。
たとえば後攻初手で、相手の立てた裏守備の前に「テザーウルフ」を召喚してトークンを出しても、コレを発動してさらに展開!とかはできません。


・効果で出せる「幻獣機」には、特殊召喚に対応してトークンを作れるものがいない
トークンをすべてリリースしてしまったら、新たに生み出す方法が他にない限り、効果を使ったり、レベルを変動することもできない、ただの幻獣機モンスターをいくつか並べるだけで終わりになります。
となると、よくてランク3かランク4を1体立てることができるだけです。

一応、攻撃宣言で幻獣機トークンを生み出せる「ブラックファルコン」を呼び出せば、後でも新たにトークンは用意できます。が、それではメイン2からの展開になってしまいます。
(「ドラゴサック」や「ビッグ・アイ」を最終地点に見据えるなら許容範囲?)

かといって、1体トークンを残しなら複数の展開を!となると、フィールドには2~3体以上のトークンが必要になり、そうなると今度は「相手フィールドにモンスターが複数いる」という発動条件が立ちふさがるため、なかなか難しいものがありますね。


・「幻獣機トークン」以外のトークンはリリースできない
エンドフェイズ「スケープゴート」からのこれ、ができたら強かったんでしょうけど。


というわけで、単品で仕事をする系のパワーカードではなく、事前もしくは事後にさまざまな下ごしらえ(=サポートとはまた少う気がします)をしてはじめて機能する、なかなか扱いの難しいカードだと考えています。

何か安定して強い使い方がありましたら、むしろ教えてください。


「空中補給(エアリアル・チャージ)」
永続罠
1ターンに1度、自分フィールド上に「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
このカードのコントローラーはお互いのエンドフェイズ毎に自分フィールド上のトークンまたは「幻獣機」と名のついたモンスター1体をリリースする。
またはリリースせずこのカードを墓地へ送る。


一方のこちらは、「幻獣機」モンスターの効果以外に現状唯一「幻獣機トークン」を生み出すことのできるカードになります。
永続罠なので相手ターン中にもトークンを作れる一方、速効性がなく前述の「緊急発進」と合わせるにはターンをまたぐ必要があります。(もちろん合わせられれば強力です)

維持コストに等しいエンドフェイズの処理があり、トークンを使用・破壊してしまった場合は使い捨てになる一方、何事もなくトークンが残せたり、「幻獣機」のモンスターのほうをリリースするなどすれば、2ターン、3ターンにまたいで効果を発動することもできます。
維持コストを払うのはエンドフェイズなので、「サイクロン」などにチェーンしてこのカードを発動すれば、トークンを1つタダでゲットできる形になりますね。
逆に表向けたときに「サイクロン」をされると、永続罠なので出せなかったりしますが。

主な使い方は
・幻獣機の効果を発動するためのトリガーにしたり、コストを賄ったり
幻獣機の中には、他のサポートなしにトークンを作れないものがあります。
他のトークンの特殊召喚に反応して幻獣機トークンを作れる「メガラプター」などですね。
それらの発動条件を満たしながら、効果を発動するには、これが無難に使いやすいです。


・幻獣機を破壊する効果にチェーンして幻獣機トークンを作り、耐性を作る
相手の「奈落の落とし穴」に合わせれば単純に0:1。「激流葬」ではトークンが流れ、恐らく維持コストが払えなくなるので、モンスターかこのカードを失いますが、1:1程度で済ませることができます。


比較的状況を左右しかねない、大き目の二つの発動タイミングを状況に応じて使い分け、さらに繋がっているのがいいところですね。地味ながら良いカードだと思います。


「弾幕回避(バレル・ロール)」
カウンター罠
自分フィールド上の「幻獣機トークン」を全てリリースして発動できる。
効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。

一昔前にあった「専用のカウンター罠」です。対象の範囲は広めです。
最近はご無沙汰なシリーズでしたが、「剣闘獣の戦車」のように名称で得られるアドバンテージもないので、その性能も相変わらずといったところだと思います。


今のところこの3枚しかないようです。
追加があるかはわかりませんが、「空中補給」がこの中では汎用的で面白そうですね。
1/19 関東フェスタ & 使用デッキ「炎星王」 | HOME | JF2013に行ってきました

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。