スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王:1からデッキを作るためのおはなし III 

連続更新9日目。

最後に採用を検討したり、入れて抜けていったりした細かいカード群についての所感を語ります。
ほとんどオマケのようなものですね。


・「炎王獣キリン」
唯一レベル3かつ低ステータスで、単品で扱いにくいことと、効果を起動したとして、墓地に捨てるだけと回りくどい「おろかな埋葬」要員でしかないということで、かなり早い段階からリストラされました。
同じ墓地に送る要素の「ラヴァルバル・チェイン」が炎属性で、そのまま「炎王炎環」で「ガルドニクス」と交換できてしまうというのが運の尽きだった気がします。
とはいえ、「真炎の爆発」を円滑に打ち込むにあたっては使いやすい部類のカードだと思います。自身も蘇生対象の一枚ですし、徹底して「爆発」だけを打ちに行くような形――例えばラヴァルだとか、そういうのと組ませるならお呼びがかかることもあるのではないでしょうか。
ランク3の選択肢を広げる点も評価できます。「炎星師チョウテン」にも対応し、「炎星皇チョウライオ」も出せるようになります。一応。

・「ジェネレーション・チェンジ」
効果破壊を自発的にトリガーさせるカードの中で、アドバンテージを失いにくいカードの1枚です。
他に「連鎖破壊」や「破壊指輪」などがありますが、これらの効果と比べると、同名カードを手札に加えるというのは比較的マシな選択肢の一つといえます。
チェンジは特に「炎王獣バロン」とのシナジーが抜群で、同名カードを拾いつつ、場を空け、次のスタンバイに「炎王の急襲」か「炎環」を拾って構える、と美しい流れを再現することができます。
テストプレーでも実際に「バロン」と組み合わせたときは楽しい動きをしてくれるカードではありましたが、それ以外の活躍が難しいカードで、「フレムベル・ヘルドッグ」や炎星モンスターに打っても効果はなく、「炎王獣ヤクシャ」と「炎王獣キリン」はあらゆる破壊に対応して効果を発動するため、さほど無理にチェンジさせる必要がなく、「炎王神獣ガルドニクス」はサクリファイスなんちゃらの一因にこそなるものの、手札に同名を呼び込んでも使い道が薄いからです。

昨日模索した「第二の攻め手」という観点でも、自発的に破壊して場を動かすという考え方でこのカードが浮上しましたが、「バロン」を破壊しても結局は「急襲」か「炎環」からの「ガルドニクス」にまで行き着かなければ本格的なスタートにならず、「ガルドニクス」を破壊できるということは「ガルドニクス」は既に場に出ているわけで、根本的な解決にはなっていません。
総じて、活かすならデッキ全体にもう一工夫いるかなといった印象でした。

・「ネフティスの鳳凰神」
「ガルドニクス」と対を成す、伏せに干渉するカードで、はじめは1枚採用していました。
が、大きな欠点として、一世代古いこのカードは次の「自分の」スタンバイフェイズに蘇生します。
なので「急襲」で呼び出したとして、特殊召喚されるまでには丸々1ターンのタイムラグがあり、その間に相手に対処されるケース(「死者蘇生」とか、「ショックルーラー」とか)が大変目立ちました。
サイドデッキなら…と思いましたが、今度は炎王のメタカードがブッ刺さる中に同じようなカードを投入していくわけで、焼き鳥になる可能性はさらに高く、最終的に外れていきました。
とはいえ「ヤクシャ」から手札より飛び立つネフティスはたいへん優秀なので、諦めたくはないところではありますね。

・「安全地帯」
デメリットの多くをメリットに変えられる1枚。
ぶっちゃけまだ使ってない(「禁じられた聖槍」を優先した)のでこれから使ってみます。

ヴァンガード:ファイターズルールが更新! | HOME | 遊戯王:1からデッキを作るためのおはなし II

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。