スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/22 東京チャンピオンシップ 

今回はTeam TOKYOさんのほうが運営する東京CSに参加してきました。

使用デッキ:インゼクター
A:momo(ヒロビ)
B:光(インゼクター)
C:ぼく(インゼクター)

◆1回戦 インゼクター(アンジュ?さん)
1-1:
先攻とってカードカースタート、2伏せと立ち上がるも
返しに上からダンセルホーネット蘇生ギガマンと降って来て即死。
1-2:
虫をグルフ、ホーネットしか引かずも、このグルフをひたすら守って相手のリソースを削り、何も無くなったところで自律センチピード。勝ち。
1-3:
グルフマンティスの早打ちでライフを取りにいくという無謀なプランを立てて、次のターンには早速後悔するような展開になるも、上手いことビートを刻め、、最後は自律ダンセルを追加してライフを奪いきる。完全に結果オーライw

×○○
チーム×○○

◆2回戦 インゼクター(名前聞くの忘れた)
後攻
2-1:
センチ21で相手センチ裸へのアタックが普通に通ったので、ヴェーラーは無いと思って次ターン動いたら実は持たれてて、最悪のタイミングで2:1取られる。
あれ?リソースなくね?ってなった返しにダンセル+蘇生か操作かが降って来て即死。
2-2:
センチを場に残してパーツを集めつつ、オーバースペックで相手のダンセルは焼いて、リソースが自律、嵐、ダンセル、ホーネット、グルフ、ギガマン、場にセンチ未使用なんてどうやっても勝てるであろう場になり、これショックルーラー込みでもキレる手札だよなー考えていたら先にデッキを畳まれました。
2-3:
相手初動のダンセルグルフに迷った末にヴェーラーを投げるも返しで対処方法が引けず。
オーバースペックで処理しようとするも神の宣告、ってあたりで負けたなーと思ったら横2つ勝ったって報告が来て、相手が諦める。
とはいえ、蘇生を見せられたのでまあ実質的に負けだったと思います。

×○×
チーム:○○×

◆3回戦 天使(ヒラメキさん)
後攻
3-1:
相手カードカースタートに確かヴェーラーを当てたのかな。
ただこっちのモンスターがそれともう1枚のヴェーラーしか来ず、次のターンからヴィーナスにライフを刻まれる。効果に遅れて警告をあわせるもヒュペリオン降って来て終わり。
3-2:
早い段階でダンセルグルフでローチ警告連鎖という場を作り、このまま押せ押せと思ったらマクロでダンセルホーネットが止まり、次のターンにイーターが登場してローチのアタックも止まり、ダンセルホーネットは除外ゾーンへ。
そのイーターに粘られて溜め込む時間を与えてしまい、やっと謙虚でサイクがめくれたところで嵐から反転イーター2体目でローチ死。
リヴァイエールでマクロ中に飛ばしたクリッターを戻され、ビートされて返ってきたこっちのトップがいわゆる値千金と呼ばれる死者蘇生!
とりあえずサイクロンで1伏せを弾き、こういう場になったわけですが、みなさん現場で直面したらいかに動いたでしょうか。

相手ライフ:3900
手札:3枚くらい(ヴェーラー濃厚)
場:クリッター、リヴァイエール(両方攻撃表示)
墓地:スノーマンイーター
除外:特になし

自分ライフ:5200
手札:自律行動ユニット、エフェクトヴェーラー、死者蘇生
場:何もなし
墓地:ダンセル、センチ、グルフ、ローチ
除外:ダンセル、ホーネット

ストレートに蘇生ダンセル効果が通せるのであれば、ヴォルカドラグーン+召喚権で即死させられるわけですが、まあ楽観視が過ぎます。
恐らくヴェーラーはあると見てよいでしょう。
せっかく除外にダンセルがもう一つあるわけで、リヴァイエールも視野に入れることができ、さらに都合のいいことに自律でスノーマンを釣ればエクシーズ召喚が可能です。
しかし、ダンセル効果を使わずエクシーズリヴァイエールしたところで、そこにヴェーラーを当てられるだけなので、何も意味がありません。
とにもかくにも、ヴェーラーを1回は引き出せるような行動を取る必要がありました。

結論から言えば、こちらからヴェーラーを見せれば(召喚すれば)良かったわけです。
そうすると、グルフの効果はダンセルではなくヴェーラーを対象とするため、相手はヴェーラーをダンセルに投げてグルフを発動させないよう動くほか無く、そこに自律イーターの本命を通せばリヴァイエールでダンセルが復帰します。
ヴェーラーが2枚あったらさすがに詰みですが、1枚なら完全に対処できたわけです。

グルフの効果を宣言してしまった瞬間にこの正解に辿り着いていただけに、悪あがきで巻き戻しでも言ってみればよかったのかもしれませんw 悔しさがだいぶ残りました。

××
チーム○○×

◆4回戦 インゼクター(次元幽閉さん)
後攻
4-1:
ダンセルホーネットリビングで即死。
4-2:
警告置いてカードカースタートに、ライラが降って来て警告を打たされる。
1伏せの返しにダンセルホーネットするも、操作が降って来て警告分があったため即死。
インターバルが一番長いという一番やっちゃいけない展開でした。

××
チーム○○×


チームにおんぶにだっこで個人成績がゲロだったものの4-0で一位通過。
大会のルール上予選5~6回戦は不戦勝となり決勝ベスト8が確定。
ゆうゆうとメンバーで昼飯を食いにいく、なんて恵まれた境遇ではあったものの、完全負け越しでそれどころではなくw 飯も喉を通らず甘いものを食べながら必死にメンタルの建て直しを図り、決勝トナメに望みました。

◆決1 インゼクター(ディスクさん)
先攻
7-1:
虫のかわしあいからダークアームドドラゴンを先立ってプレイし、相手リソースを0に。
とはいえ墓地にホーネットが残ったため、トップ虫で容易に解決される場…と思ったら案の定、次のトップがグルフでダムドは即死。
それでも後ろ盾の無いうちに後続を引ければ勝てるというところから、誘惑ギガマン込みでの5~6ドローの中にモンスター0。除去も0。グルフに殴られ続けた挙句、先に相手に虫を引かれて負け。
7-2:
初動の連鎖除外でホーネット3枚をかっ飛ばす大仕事を見せてだいぶ余裕が出来たものの、一番大事なところでルール認識ミスからのヴェーラーの打ち損じで、センチピードは殺されるわ、ゼンマイン立たれるわで袋小路へ。
この打ち損じが無ければ返しで勝ててただけに死んでも死にきれない…。

××
チーム○××


またもベスト8止まり。
しかも個人成績実質1-4。 涙しか出てこない…


面子が凄く面白くて楽しみだったんですが、直前一週間をほぼカードに接触せず過ごし、その割に構築だけは耳年増に弄っていたのがとにかくよくなかったですね。
相変わらずマッチの現場で新たなパターンの発覚・それに伴うプレミスの誘発で酷い有様。
どうしてもミラーマッチは引きゲーの側面を持ち、より強い制限カードを引き当てたほうが勝利する部分はあるのですが、それにしたって落とすのは1セットのみ。
残り2セットあるならこちらが逆に引き返して勝てる可能性も高くなるわけで、その機会を作る前にミスに拠ってもう1ゲームを落としてスト負けしまってはお話にならない。
覚えてるだけでも明確なプレミスが全てのマッチに存在しており、さらにそれを誤魔化して勝てたらよかったものの、それが敗因に直結したものばかりだったので、次があるなら精進したいと思います。

組んでくれた光さんももさんほんとにありがとう。
運営の皆さんも(めっちゃ大変な現場でしたが)本当にお疲れ様でした。
東京CS使用デッキ:インゼクター | HOME | 3/13 ヴァンガード公認

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。