スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/29 ヴァンガード大会 

ばーくがる卒業後のロイパラ構築の目処が立ったので実践に。

◆1回戦 かげろう(オバロ・ブレフレ)
後攻。
G2がバトルシスターもかで、G3アマテラスを警戒したもののVはオバロ。
その後、相手の後衛が出てくる気配がぜんぜん無く、唯一後ろにキンナラを置かれたVの攻撃だけイゾルデなどできっちり見ておけば大丈夫、といった流れが続く。
こちらのVソウルセイバーで、Rバロミデス。
20~21を確実に叩き出していたため11ラインも苦にはならず、前衛だけならとRを放置してVを殴り続けると、痺れを切らして後衛Rにバーサークが2匹。
たっぷり溜まったCBでこちらの後衛を一気に焼きに来るも、
返しで騎士王CBなどで一度後衛を立てなおし、そのまま押し切り。

◆2回戦 かげろう(オバロ・エクス)
後攻。
初手の騎士王・バロミをキープしたら、トップとチェックでもう1セットずつ。
さらにソウルセイバーまで引いてたっけな。
ライド事故が起きなかっただけマシとはいえ、後衛の枚数は絶望的。
これはバロミデスをデコイとして使いながら、後続が来るのに期待するしかないか、とV騎士、Rバロミ×2で攻めに行ったらドライブチェックでバロミデス3枚目。
完全に相手がRを殴る気をなくしてしまい、目論見が破綻する。
加えて数少ない後衛をバーサークで焼かれ、騎士王CBで呼びつけたマロンもまたバーサークで焼かれ、完全にブースト要因が枯渇。
完全に1回戦と逆みたいな状況に。
相手手札の少ないうちに決めに行きたい中で、ドロートリガーでバロミのアタックがVに届かなくなるターンも挟んでいよいよ泥沼に。
その間にも舞い込んで来るのはG3、ギャラティン、G2ガラハド…。
最終的に溜め込んでいたトリガーを後衛にまわして勝負をかけるも、ここでも1点目でトリガーをめくられ防御負担を大幅に軽減され、6点目には届かず。
G2しかハンドにないので返しを守りきれず負け。
何も出さずにまだ1ターン勝負するのが正解だったのかもしれない。


後衛の重要性と、それを焼けるバーサークが強いなあとよくわかるお話でした。
圧倒的にハンドキープのできるオラクル、後衛を焼けるかげろうと比較して、ロイパラはどうなんだろうなあ。相変わらずの騎士王CBは群を抜いてるし、Rバロミのパワーも普通じゃないのは確かなんだけど。
YGO48総選挙とやらで24位になってました | HOME | 8/27 ヴァンガード大会

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。