スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王の大会にも出てきました 

ヴァンガードに集中してこのところぜんぜんやってなかったので、ちょうどいいかなと。
津田沼オーガにて、非公認。

参加者は9だか11だか、奇数だったのは覚えてます。
使ったのはこれしか形が残ってないデブリダンディ。
◆1回戦 剣闘獣@グラさん(爆笑)
まあ人数少ないからマッチング率は高いほうではあったものの、何も1回戦からあたらんでもね…w

1-1:
先攻とられ、1裏と3セット。この時点ではデブリとも罠とも読める感じで。
こちら「ライトロードハンターライコウ」、「リミット・リバース」、「神の宣告」伏せで10秒くらいでターンを渡す。
グラさん、「剣闘獣ダリウス」召喚パンチ。ライコウめくれる、おれ、対象になぜか裏守備を指定。
アホか。
効果で「剣闘獣ベストロウリィ」、続く「剣闘獣ガイザレス」に蹂躙されてゲームを投げた。
んだけど、最後にトップ確認したら「ダンディライオン」で、手札に「ワンフォーワン」があったわけだから、あきらめる必要はなかったような気がします。

1-2:
まったくやりたくなかったものの、やらないことには「カオス・ソーサラー」が腐ることになるとみて「カードガンナー」「奈落の落とし穴」の初動、闇が落ちる。
相手きっちり「剣闘獣ホプロムス」召喚パンチ……も、ベストロが出てきたので奈落を投げると通る。
その後「サイクロン」2枚を構えつつ「ライトロード・マジシャン ライラ」の召喚機会を伺い、「召喚制限パワーフィルター」を張られたあたりで牽制すると、ライラが宣告される。
秒でソーサラーを投げてモンスターを消し、わずかな伏せとパワーフィルターを前に詰めようとアタックに行ったら「次元幽閉」。
後続がいなくなるわ「死者蘇生」が腐るわで、あれれ?って感じに。
攻撃反応はサイドアウトしている、っていう固定観念はよくないね。
東京CSのときの「ミラーフォース」のときと同じ轍を全力で踏んでしまった。
(つってもまあ、警戒してようとあそこは殴ったような気がするけど……)

結局その後は、グラさんもモン供給が追いつかない間に「ハリケーン」やソーサラー2枚目などを引き込み、ころあいを見てハリケーンから4000を削りきった。

1-3:
「グローアップ・バルブ」「スポーア」、ワンフォーワン、ソーサラー×2、ドローが「ダークアームドドラゴン」。
対象が2体しかいないのに存在を疑いもしなかったワンフォーワンと、夢を捨て切れなかったダムドを両方引いて、それがどちらも腐るという最悪の立ち上がり。
その後のドローも「トラップスタン」とか「デブリドラゴン」とかでぱっとせず。
グラさんは「インヴェルズ・ローチ」とか新カードをどや顔で披露してくるものの、すぐ除去で消えていったので真価のほうはよくわからなかった。
「ローンファイア・ブロッサム」を引けたころには相手は「D.D.クロウ」を2枚構えていて、バルブスポーアは全部除外、攻め手が作れず。
綿毛トークンが1個残ってるところでツモったデブリ2枚目を「禁じられた聖杯」で叩き潰され、腐ったワンフォーワンとソーサラーが「ヴェーラー抜くなよバーカ」って声をかけてきたところで、負け。

×○×

◆2回戦 代行天使
2-1:
相手「創造の代行者ヴィーナス」からスタート。
露骨なライコウ一点読み「神聖なる球体」全縦アタックなどを経て、黒いのが出てくる。
伏せの枚数こそ多かった割にスムーズに動けて、エンド「スケープゴート」からローズの構えを擁立。
相手の「神秘の代行者アース」まで見届けてからローズをブン投げたんだけど、そういえば「ガチガチガンテツ」って生き残るんでしたね。
6枚近く流したんだけどアドバンテージはトントンというありえない感じだったんだけど、「大天使クリスティア」も「マスター・ヒュペリオン」も飛んでこなかったのでカードガンナーで押し切り。

2-2:
前期と同じような感覚でサイドチェンジしたら、今の天使ってヴィーナスが2000になるのね。
アーススタートをクリッターで討ち取るまではよかったんだけど……。
2000と2200の前に手札の「霊滅術師カイクウ」が震え出して、仕方ないからロンファリミリバを仕掛けたら相手の後ろから飛んできたのが「サモンリミッター」!そういうのもあるのか!
御前割拠ならなんとかできたところが対応できなくて、返しにヒュペリオンからガンテツボールリリースクリスティア。無理。

2-3:
相手またアーススタート。残しちゃいけないのでミラフォで消しとばすほかなく、その時点で苦しかったんだけど、さらに「月の書」あんのにヴィーナス効果を秒でどうぞ、とか言い出す俺がそこにいて。
「強制脱出装置」を裏守備に連射される等アド差だけは開いていくものの、ライフ差は結構な感じに。
最終的に相手リソースは0。こちらは4~5枚。
あと2~3ターンでってところで、エキストラ入り。
圧倒的優勢だったけど、1ターンでは間に合わなかった。

ただ後々検証してみると、エキストラを宣告されたターンに「氷結界の龍ブリューナク」を立てられるチャンスがあったので、それを普通にやっておけばギリギリ間に合ったことが発覚。
単純なプレイミスだったよう。
日ごろやってないと、この辺の細かいところにミスが多発するんだなあと猛省。

○×ET×


3回戦不戦勝で、そのまま大会終わり。
参加費に見合った参加賞が配られ、出てきためぼしいものはグラさんに全部投擲。
新弾の黒枠や新DTのカードを申し訳程度に集めて帰路に。


たまには遊戯もマッチでやらんとなーと思った一日でした。
サイドチェンジとか、時間管理とかの概念が完全に抜け落ちてたよ。
「ラヴァル炎湖畔の淑女」はかわいい | HOME | ヴァンガードの大会に出てきた

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03« 2017/04 »05

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。