スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王リハビリ編 4日目 

◆ライトロード

・相変わらず代わり映えのしない主要カード陣と戦術。よく言えば安定感、悪く言えば単調で、とりあえず前期で唯一制限を合わせていたデッキということもあり使う分にはブランクはなかった(と思う)

・構築面で影響がありそうなところといえば、グローアップバルブの登場、ソーサラーと触れの緩和、強欲謙虚の3つと思われる。もう少し経てばゼピュロスが来るか、まだリアルでは使えないようなので省略

・バルブは期待通りの仕事をする優秀なカード。あわせてデブリダンディのギミックを取り入れることもできるようだが、これについてはジャンクシンクロンとどっこいどっこいで、闇要素な分後者のほうがいいよねって思う

・カオスソーサラーについてはおそらくは最も出しやすいデッキとは思われるが、さすがにネクガ1だと意識して闇要素を加えないことには笑えるほど出せない。またそうして闇要素を加える=モンスターがさらに増える=バックが減る=相手ターンの対応力に難、と塩梅が難しいところ

・強欲謙虚はソラエク+ライロの組み合わせをいち早くそろえる上では役に立つが、反面ウォルフを落とした時に効果発動できない、というのはせっかくのチャンスを損なっていて勿体無い。要するに発動ターンにソラエク援軍を打つとか、主力のジェインやライラを立てるだとかがしにくい。ライコウセットに専念すればいいだけの話ではあるが、採用にはやや好みが分かれるかもしれない。個人的にはイマイチ

・お触れについては3枚即メイン採用かは疑問が残るが、扱いやすいデッキなのは確か。ただこれで罠系がなんとかなるかといえばそんなことはなくて、蘇生やサイドからの自律でライラを釣られるといとも簡単に割られるので、依存していいものかどうかは微妙なところ

・対旋風BFとの相性についてはおおむね今までどおり。序盤のジェインvsシロッコを制したほうが有利とか、オネストvsカルートで準制限の痛みを知るだとか、助けてオルクス!とか。オルクスはなんかデブリダンディのライコウ蘇生を防ぐとか地味なこともしてて、若干ではあるけど対応範囲が広がってて面白い。蘇生も復帰したしね

・逆にインフェル全盛期に取り入れられていた全力でライオウ+クロウの布陣は、インフェルが凡百のデッキに落ち着いたことで必須レベルではなくなった感じ。でも広く薄くメタを張れるライオウはなんだかんだで汎用性は高いし、数ターン動きを鈍らせるだけでもライロにはありがたいので、そのまま採用し続けても今のところは損は少なそう。今後カエル帝みたいなデッキが復調してくると厳しいと思うけど
遊戯王リハビリ編 5日目 | HOME | 遊戯王リハビリ編 3日目

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。