スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境?よくわかりません。 

新環境はじまって1ヶ月なのに、まだコレというデッキが出てきてない。
なんて話をチョコチョコ耳にする。

言われてみると、前期ならもう墓守猫が確固たる地位を築いていた時期。
対して今期はまだ「ライロ絡みが強い」「馬復帰はやっぱり偉大だった」
なんていう誰でも分かる要素が証明されたくらいで
具体的にどんなデッキが強いのかってのは確かに不透明。

一応、池袋勢のアレが知名度をちょっと上げ始めたっぽいけど
あの手のデッキは「トップ」として君臨するようなタイプではないしね。

で、悪い頭で理由を考えてみると
まず一つに、考えなければならないのがライトロードだから、ってところ。
デッキの性質上、援軍なりエンド効果なりでぼとぼと落ちてっちゃうから
毎試合使えると限らない=力があるか分からない=答えが出せない って感じ。
細かい構築を考えても、なかなかバシっと反映されにくい。

しかも色々理論付けて考えて形にしたところで、実際に回してみたら
先攻ルミガロウォルフ2、2ドローみたいな理不尽だけで勝負が決することもあって。
なかなかこう、本質が見え難い。


一方、ライロを相手にする視点に立つと、豊富な種類を
「援軍」や「ルミナス」で的確に持ち運びできるようになってるのが辛い。
例えばAの状況だとあれが恐い、Bのデッキだとこっちが恐い、みたいに
何かしら苦手とするライトロードを「援軍」ともども意識しながらやらなきゃいけない。
必ずしもそのカードが飛んできたりプレイングを取られるわけではないけど、
その可能性は常にあるっていう、「理論上最強」みたいなところがある。

せっかく広めにメタを取れるカード・コンボがあったとしても
何かしらある穴についても深く考えすぎた結果、ドツボにはまっていったり…。

そんな感じで、双方で行き詰まりを感じてる人が多いんじゃないかと。
誰か答え出してーみたいな声が多いのは、そんな嘆きの現れかもわからんね。


んでもう一つに。
「そもそも墓守猫が現れるのが早すぎただけ」って可能性もあるんでねーかなとw
とはいえ、いつの時期も「これで決まり」ってデッキが出てくるのは早かったっけ?


まあもしかしたら、もうどこかで誰かが新しいもの発案してるのかもしれないけど
最近の遊戯界は情報の循環がメチャクチャ悪いからなー。
何かあっても末端まで広まるのは数ヶ月、下手したら来年なんてことも有り得る。

今はとりあえず自分の信じたデッキを手に馴染ませるのが一番だと思います。
デュエルオンラインのサーバを立てました | HOME | デッキ:リンデット

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。