スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓地肥やし 

墓地を肥やす意味は大きく分けて3つ。

A、墓地で発動するカードなど、メリットのあるカードを落とすため
B、落としたカードを使う、別のカードを発動するため
C、「墓地」そのものを条件としたカードを使うため

Aは「ネクロ・ガードナー」や「ヴァーユ」が代表格。
墓地にあることで効果を発揮できるカードのこと。
「馬頭鬼」や「シロッコ」のように手札に来ても使えないこともないカードもあるけど
大体のカードは手札に来られると微妙な連中なので
なるべくなら直に墓地に落ちて欲しいと願うタイプのカード。

Bは「貪欲な壺」とか「死者転生」が分かりやすいかな。
墓地が肥えてきてないと使い辛い(どころかそもそも使えないこともある)連中。
その分使えれば戦局を変える力を持つものが多いので、肥やす目的の一つになる。
Aの条件を持つカードを再利用する「異次元からの埋葬」も、間接的にここに該当。

CはABとはちょっと変わって
「墓地にカードがある」ということを条件にするカード。
墓地のモンスターの種類を条件にする「裁きの龍」とか
(場もカウントするけど)「レインボー・ドラゴン」みたいなのが分かりやすいかな。
「ダムド」や「ダクリ」のように、別途に効果としてBも内包している場合が多い。


さて。
「光の援軍」の登場によって「墓地肥やし」を目的として
「援軍+ライロパーツをとりあえず入れてみる」という考え方が台頭してきました。
墓地においておきたいカードを多く使うデッキに、簡単にしかもアドを失わずに
デッキをぱらぱらと捨てられる「光の援軍」が大変優秀なのは言うまでもないんですが
「墓地に落としたいカード」と同じくらい「墓地に落としたくないカード」のあるデッキでは
同じ事をやっても、その威力を十分に活かすことはできないと考えます。

一般的には相性がいいとされる、墓地BFやアンデットでさえ
「異次元からの埋葬」のように落としたくない、手札に抱えたいカードがあります。
「シロッコ」「ヴァーユ」が落ちたとして、同時に「異次元埋葬」まで落ちてしまっては
本当にアドバンテージを取れてるか疑問が残るところ。

キーカードが増えればなおさら。
例えば前期、墓守猫に「ライコウ」を採用していて、効果発動したはいいものの
次のターンに猫で出したかったパーツや、「貪欲」、「寒波」、「嵐」といった
試合を決めるカードを落としてしまい、ガックリした経験は誰しも1度はあったハズ。


というわけで。
「落としたいカード」があるからと「援軍」の採用を安易に決めてしまう前に
・逆に、「落としたくないカード」は何枚ある?
・それが万一落ちた場合に、フォローの効くカードはある?
この辺を一度、再考してからでもいいんじゃないかなと。

ま、「ランダム」ってのに嫌われた人間がそれらしいことを言ってるだけですw
誕生日でした&水曜オーガの日。 | HOME | ライトロードビーストウォルフが

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。