スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエ9 その2 

未プレイは当然立ち入り禁止。
既プレイでも進行状況次第では立ち入り禁止。

そんなん、俺のブログの読者の何%をターゲットにしてんだよってくらい人を選ぶ
誰得かって聞かれたら俺得って答えるレベル、そんな感じのプレイ日記。

まずは序盤。


仲間3人の招集から。
主人公「リン」を含め名前はけーあいさんに決めてもらいました(正しくはネタを拾った)。
面子は魔法使いのシャン、盗賊のカイ、戦士のホーの3人。
4人あわせて「リンシャンカイホー」w 私は咲厨ではありませんw

僧侶は「とりあえず入れとけ」的ポジションが通例なので、あえて序盤は無しで。
実際、主人公(旅芸人)がホイミを使えるので苦労もしないだろうと。
のこったぶとうかはチートくさいとmixiのほうで複数聞いてたのでこちらも除名。

で動かしていくと、4人になると街の場所によって処理落ち(スロー)が発生。
まあ別にフリーズとかはしないんだろうけど、これがDSの限界なのかな?


これから拠点になるであろうセントシュタインでは、黒騎士による被害があるという。
姫をさらうだのなんだので国内が騒然としているらしく、何とかして欲しいとのこと。
とりあえず姫のかわりに呼び出された地へ向かえ…ということでそこらへんをぶらぶら。
そしたら万全の状態じゃない状態で黒騎士と遭遇戦に。

黒騎士:
旅8、魔盗戦4で挑戦。
守備力が高くて盗賊が戦力として全く役に立たず。
魔法使い・旅芸人のヒャドと戦士の攻撃のみでチマチマ削る。
主人公特有のスキル「応援」が強くて、これが打点の底上げに貢献。
今後もこんな感じの運用をしていけばいいのかな、という試運転な感じで。
適正レベルが低かったのか大苦戦で、魔が死亡、他3名も黄字という
めちゃくちゃシビアなところでギリギリの勝利。

黒騎士改め黒薔薇の騎士レオコーンは呪いにかけられた悲運の英雄だった…。
レオコーンにとって守るべき姫だった人と、セントシュバインの姫がそっくりだったらしい。
誤解であることを伝えるともう手を出さないからと約束して消える。
真相を伝えるも、国単位で迷惑をさんざんかけられた王様は、信じるはずもなく。
まあ、当然だわな。
再度追撃してこないといけない流れになるが、唯一姫だけは同情的。
わずかな固有名詞などの情報が、彼女が子供のころに聞かされた御伽噺に繋がる。
その語り部の住む北のエラフィタ村に向かうと、レオコーンの城の場所が明らかになる。
今は廃墟となったその城へと乗り込むと、レオコーンと彼を呪った魔女が潜んでいた。

妖女イシュダル:
旅12、魔盗戦9で挑戦。
道中迷ったせいか育ちすぎたのかな?苦戦する要素はあまりなかった。
全体麻痺攻撃で半分が沈黙した時は焦ったけど、最近のシリーズはターンで解けるしね。

イシュタルを討伐したことで、レオコーンは完全に自由となったが
仕えるべき人も城も数百年前にいなくなっていた現実に絶望しかけてしまう。
それを救ったのはセントシュバインの姫様だった。
ダンスを踊って、レオコーンは無事に星のオーラを残して天へ…イイハナシダナー。
っていうか、廃墟の城の魔物って結構強かったんだけど、姫様すごいんですケド。

事件解決に伴い北東の関所と宝物庫の扉が開けられる。
回収しつつ新天地へ向かう。


辿り着いた街、ベクセリアは流行り病でかなりヤバイ状態らしい。
早く帰ったほうがいいと言われる。俺もそう思うが、そういうわけにもいかないので。
問題解決にあたって、学者の嫁いわく「ルーくん」の護衛として封印の遺跡へ。
このちょっと電波入ってる嫁、自分も明らかに流行り病にかかってるっぽいのに
必死に隠そうと気丈に振舞ってるせいで、誰も気付いてないっぽいんだよな…。
どう見ても、嫌なフラグが立ってる感じがする中、結構距離のあった遺跡へ。

遺跡はどういうわけか、奥にある2つのスイッチを押すだけで扉が開く仕組み。
ギミックに見える鏡はまったくギミックじゃなかったりする。なんなんだこの洞窟は。
メタルスライムが出てきて、運良く撃破。全員レベルが2くらい上がる。うまうま。

封印の壺が割れていたことが病気の原因らしい。
「ルーくん」が修理できるらしく、しようとしたらそれをよしとしない病魔が出てくる。

病魔パンデルム:
旅14、魔盗戦13で挑戦。
2回攻撃で、ルカナンを併用してくるオーソドックスな難敵。
幸いルカナンの2発目ヒットが遅かったので、壊滅する前になんとか勝てた。
2発食らった後の攻撃のダメージを見るに、早い段階でルカナンを食らうと危険な敵っぽい。

白いTシャツに青いぱんつ姿で病原菌に挑むうちの魔法使いこそ真の勇者。

封印を済ませて帰還すると、みんな元気になってる。
唯一、問題を解決したルーくんの嫁さんを除いては。
やっぱ病気になってたのかかってたの隠してたんだな……。
結局、主人公たちが着いたころには嫁さんは息をしていなかった。
葬儀に白T・青いぱんつで出席するうちの魔法使いは(ry
ガングロ妖精のめちゃくちゃ空気を読まない発言にガチでイライラしながら
墓の前に立つ嫁さんの幽霊の、ルーくんへの思いを叶えてやる。
結果、街全体が元気になり、大量の星のオーラが顕現する。


ここのイベントを消化したところまで進むと、冒頭の天使界に帰還できることに。
ガングロ妖精の危なっかしい運転の元、天使界に何時間かぶりに帰還。
……こんとき、仲間の3人は何をやってるんだろうね? 天使じゃないし留守番?

羽、光輪を失った主人公を見て驚く長老たち。
樹に祈れっつってもなあ、お前が諸悪の根源っぽいんだけどなーと思ってたら
祈りながら居眠りを始める主人公、夢を見る主人公…そして。
新たなる目的を授けられ、再び地上へ。第二部開始といったところか。
「7つの果実を集める」って、それなんてドラゴンb(ry

行き着いた先は新大陸。いきなりダーマ神殿があった。
BGMが「序曲」のアレンジで・・・おおっ!と。

ダーマ神殿はそのままでは機能せず、やはり問題を解決する必要があった。
思い出すのは地獄といっても差し支えなかった7のダーマ奪還編。
実際、ボスに行き着くまでのダンジョンもそれまでに比べると長く、ボスも威厳を感じる。

邪神ジャダーマ:
全員レベル16で挑戦。
長丁場なだけあって、盗は既にMP半分。
旅、魔は温存しながら動いてきたのでだいぶ残っていたけど、マホトラですぐに瓦解。
事前に持たせておいた薬草で食いつなぎながら、少ないMPをルカニに回すも
相手のスクルトの回数のが多くてジリ貧な感じに。
盗は攻撃はすでに1、回復もできずとただの肉壁に成り下がる。
応援を受けた戦の地道な打点が生命線で、ものすごい長期戦に。
最終的にはギリギリで勝てたけど、資源は完全に底を尽いていたので
もう3ターンも長引いていたら全滅していたと思う。手強かった。

ダーマ神官の暴走は、果実によるものであったらしい。1つ目の果実を回収する。
ダーマの機能が復活したことで、転職がついに解禁に。
同時にダーマに居る人が持ちかけてくるクエストを攻略することで、上級職のフラグも。
「特定の特技使用後に特定敵を倒すのを数回」なんて面倒な条件を攻略して
バトルマスター、魔法戦士を無事に解禁。
しかも、今回は特に基本職をこなしておく必要はなく、いきなりなれるらしい。
さっそく就けよう…といったあたりで
「職をそれぞれ10くらいまで上げるのを繰り返して、スキルを溜めたほうが良いよ」
なんてアドバイスをskypeで受ける。
なるほど、そういったテクがあるんだなと把握しつつ、実践してみる。
みるみるうちにポイントが溜まり、一気に能力の底上げに成功。
で、各々つきたかった職業に就かせる予定を練って、シナリオを続行。


ところでプレイスタイルって色々あるんだよね。
おれなんかは8に続いてとにかく出来そうなレシピ片っ端からやる錬金厨プレイだけど
はらねくんはシナリオ進行最重視で錬金?シラネなタイプだし
あいつさんなんかはそれに加えて2人旅でのマゾプレイする特殊なタイプだしw
どのやり方でも楽しくやれるってのはいいよね。


ダーマ南の漁村、ツォの浜へ。
奉られてる少女オリガちゃんをなし崩しに救うべく洞窟へ進行。
道中の全体攻撃が強くて、3回くらい逃げ帰る…おかげでレベルアップ。

ぬしさま:
旅19、魔19、僧13、戦19 で挑戦。
全体攻撃「津波」が40近いダメージをたたき出してきて、2発で黄字に直行。
こりゃーまずいと旅・僧が回復専念、魔・戦でだましだまし攻撃していく感じで進行。
でもベホイミがないのでジリ貧になってったところで、僧侶に必殺コマンドが発生。
この必殺ってのはなんかよくわかんないけど戦闘中にランダム?に発生するらしい。
個人的には微妙なシステムだなーと思ってたんですが、案の定バランスブレイカー。
僧侶のそれが「ベホマラー+全状態異常回復」をノーコストで。
津波で受けてた致命傷が一瞬でリカバリーできちゃったので、あとは負ける要素なし。

以降、僧侶の必殺は封印していこうと決心させたボス戦でした。


ツォの浜が自浄し、2つ目の果実のゲットとともに船が出るようになって新大陸へ。
旅芸人の主人公を魔法戦士へと切り替えたことで、戦力ダウンが露骨に。
新大陸の魔物にヒイコラいいながら探索していると、
カラコタ橋というスラム街と、サンマロワというだいぶ華やかな街を発見。
どちらも果実が絡んだイベントがあるらしく、たぶんどっちから消化してもよさそうな感じ。
とりあえず先に見つけたカラコタのほうから攻略開始。
2つの街の中間視点にある山に、果実を持った老人が引きこもっているらしい。
早速登頂…入り口にレンジャーのフラグが。
条件もこの山で満たせるらしく、ちょっと面倒だったけど無事に解禁成功。
頂上では街を模った彫刻を発見。
彫刻家の老人は既に死んでしまっていたらしい。
老人を失い、暴走状態(?)に陥っていたボスが登場し、戦闘に。

石の番人:
魔戦16、魔20、僧17、武17。
戦士が剣よりも強い爪が錬金で手に入ったので、アタッカーをぶとうかに変更。
そりゃあもう強くて、確実に先制しつつ(応援込みで)100超えダメージを連発。
一気に楽になって短期決戦…と思ったら、
テンション20まで上げてからの一撃が魔に直撃して、100ダメ返されて一撃死w
その翌ターンに倒せてしまうのだから、運が無い。

とはいえ今回、ボス戦に「開始時に参加していれば」、経験値は入る仕様らしい。
もちろんその戦闘でレベルアップとまではいかないみたいだけど。
どっちにしろ次の戦闘で上がるから関係ないというか、随分甘くなったモンで。

番人から3つ目の果実が吐き出されて、続いてイベント。
彫刻は序盤に通り道だったエラフィタ村で、そこの老人たちの若かりしころの話だった。
本物の村に戻り、当事者に話を聞いてみると…また切ない。
本当にここら辺のつくりはドラクエ上手いよなあ。
7といい、短編のイベントの面白さは群を抜いてると思う。

これから4つ目の果実があるであろう港町に向かうところ。
報酬で船が手に入るっぽいので、また世界が広がるかなーとわくわくしてます。


「道案内するガングロ妖精」は余りにも有名ですが、それ以外にも
ニーソックスがあったり、白いTシャツがあったり、デニムジーンズ&スカートがあったり
過去最高に装備品のカオスっぷりに定評のあるドラクエ9ですが、全力で楽しんでます。
発想の勝利 | HOME | 出会い

COMMENT

なんかドラクエ9がやりたくなってきましたwww
2009/07/15(水) 17:45:53 | URL | ささんぼ #HCI4rwHI [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。