スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「持ち時間」について 

昨日のmh杯でカエル先攻1キルが早速現れたのが原因で
「戦略思考時間は1ターン3分を目安に」というルールをちょっと調べることになりました。

効果処理は含まないなんて説も流れているみたいですが、下記の調査によると
3分ルール再確認(ねこにん)
2009年2月25日の段階では「全ての手順を含んで3分」と回答されたそうです。
というか、2005年時点に遊戯王フロンティアの確認でも全く同様の裁定が出ており
(2005年といえばMCVとかそのあたりが暴れ、ルール改正が求められた時期)
そもそもルール誕生からずっとそうだったようです。

こちらのカードによる相手のカード処理まで時間に含む、というのは少々疑問ですが、
リンク先でも言われているとおり、そう言っておくしかないと思うのでので仕方ないとして。



しかしながら、1ターンを3分以上かけながらループコンボを決め続けることが、
上記の通り「ルール違反である可能性が高い」ことが明らかであっても。
具体的に何のペナルティがあるのかというと「当日の審判の判断に任せる」という
きわめて曖昧な一文で投げっぱなしにされているのが現状です。

これがリアルの大会であれば、まだ色々とやりようもあったとは思うのですが、
昨日のmh杯のステージはデュエルオンラインでした。
観戦できるのは黒字可能なプレイヤーの対戦のみで、緑字同士は観戦できません。
つまり、スタッフの目の届かないところでの対戦が大半であったのです。

これでは、たとえ1分しか経っていなくても相手に「3分経ちました」とか言われれば
それを受け入れるしか方法がないですし、そもそも状況を口頭以外で確認できません。
まったくもって公正ではありません。
結局、申告はいくつかあったものの、事実上の放置以外の処置は行われませんでした。


そもそも「3分」というのも「目安」という前置きがありますし、「度重なる」というのも曖昧。
もとから形骸化しているルールもいいところなので、今更どうこう言うのもアレなんですけど
フロアルールはもうちょっと明確にしてもいいんじゃないかな、というのが率直な感想でした。
遺産:黒歴史 | HOME | スパロボKが回ってきた 第三話

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。