スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAGING BATTLE(RGBT) モンスター編 

■チラッシャー公認裁定基準
0点:印刷ミス、テキストを覚える価値がない
1点:奇跡的な組み合わせがあればデッキにはいりうる
2点:汎用性は低いが、専用デッキなら採用たりうる
3点:汎用性は程々で、専用デッキなら必須ともなりうる
4点:汎用性が高く強力、どんなデッキにも入りうる
5点:条件が簡単あるいは容易で決まれば勝ち、あるいは破壊的威力 禁止級

※効果とかはwikiで確認してね!


* RGBT-JP001 《ロックストーン・ウォリアー》 Super
0点
「岩石のアタッカー」というサイズすら「コアキメイル・ガーディアン」に奪われている。

* RGBT-JP002 《レベル・ウォリアー》 Rare
1点
「フィールド上に何も存在しないとき」の効果が「召喚」であるのが致命的。
どちらも特殊召喚であればまだ使い道もあったのだが。

* RGBT-JP003 《ストロング・ウィンド・ドラゴン》 Super
0点
「マテリアルドラゴン」を超える、匹敵するレベルでなければ太刀打ちできない。

* RGBT-JP004 《ダーク・ヴァージャー》 Rare
0点
「植物族チューナーを召喚したとき」、この発動条件がもうすでにいろいろとダメ。
チューナーの種類を問わなければ、「ボルト・ヘッジホッグ」と同じように自由なタイミングで特殊召喚できれば、サーチ方法が多彩なこともあり可能性があったか。

* RGBT-JP005 《フェニキシアン・シード》
0点
ドラクエ5の「インスペクター」を思い出す外見。
デッキから呼べない時点で問題外。

* RGBT-JP006 《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》
1点
墓地に効率よく落とす方法が発掘されれば可能性は0ではない。

* RGBT-JP007 《ローズ・テンタクルス》
0点
「アイヴィ・シャックル」とのコンボ狙いなんだろうけど、そんな時代では…。

* RGBT-JP008 《ガード・ヘッジ》
3点
特に植物族に関連した効果ではなく、モンスターを守るデッキになら採用足りうる。
手札から奇襲的にプレイできるので「オネスト」「カルート」を見てからでもOK。
また、自身の守備力が2100もあることで壁としての機能も果たす。
攻撃力は0なので、対メタビにおいては「オネスト」でも突破できない無類の壁と化す。

* RGBT-JP009 《イービル・ソーン》
3点
植物に不足していた「超栄養太陽の素材」という枠をこれ以上ない形で埋めたカード。「ローンファイア・ブロッサム」が格段に引き込みやすくなった。
また「夜薔薇の騎士」だけでは不満であった植物の「死デッキ」要員も兼ね、「ローンファイア・ブロッサム」とともに墓地に送り込みまくることで「貪欲な壺」の肥やしにもなるなど、植物においての汎用性は非常に高い。

* RGBT-JP010 《BF-極北のブリザード》
3点
「BF」をテーマに組むならば、まああって損は無いというレベルのカード。
レベル6シンクロモンスターの枚数が次期から減ることで、相対的に若干評価が落ちる。
今後1300未満の「BF」が登場すれば再び株を上げることになるか。

* RGBT-JP011 《BF-蒼炎のシュラ》
3点
「BF」の中核にして主力。
「黒い旋風」のトリガーとしてももっとも使いやすく、戦闘破壊だけでアドバンテージの拡大も見込める。
これ1枚で2枚の「BF」を呼び出すのがBFの必勝パターンとなるため、とりあえずこれと「ゲイル」を3枚入れなければBFを組む意味が無いと言っても過言ではないだろう。

* RGBT-JP012 《BF-月影のカルート》 Rare
3点
「BF」に生まれた「オネスト」……というにはいかんせんお粗末な効果ではある。
効果そのものよりも、レベル3、攻撃力1400という他の「BF」にない特徴を持っていることのほうが注目される。「旋風」中に「ゲイル」を呼び出し、レベル6シンクロになる、「ブリザード」からレベル5や9のシンクロを出すなど、小回りの効くポジションとして活躍する。

* RGBT-JP013 《BF-漆黒のエルフェン》 Super
2点
「BF」はどれも余り場持ちがよくなく、「ゲイル」「ブラスト」の特殊召喚も「他のBFが場に居ること」をトリガーとするため、どうしてもすでに通常召喚を使った後に行動を起こすことになる。
それなのにも関わらず、エルフェンの条件は「BFが居るときに召喚できる」なので、あまりにも噛み合わない。
一方、「BF」が並んでいるときはわざわざこのカードで追撃するまでも無い状況がほとんどで、強いて言えば「オネスト」を警戒したいときくらい(それすら「アーマードウイング」で9割がた足りてしまう)。
総じて「オーバーキル」のカードであるといえる。あとイラストはジャミラスにしか見えない。

* RGBT-JP014 《D・リモコン》 Rare
3点
「機械複製術」で増え、効果でアドバンテージを増やしながらシンクロにまで繋がる。
一方で「モバホン」で出ても「アームズエイド」にしかなれない、通常召喚の権利を行使してアドバンテージを稼ぎに行っても、その後の特殊召喚要素が無ければただの攻撃力300の小さな機械…と、使いどころを誤ると突破口とされてしまうのもまた事実なので気をつけて運用したい。

* RGBT-JP015 《D・ビデオン》
1点
「ラジオン」「ラジカッセン」「パッチン」に続くレベル4のDだが、装備魔法を集約して一発殴り、それが通れば勝ち、潰されれば負けというワンパターンな戦術になってしまうのが難点。
強化するだけの装備魔法が弱いのは遊戯王の歴史が示し続けている。
光属性なので、「ラジオン」「キャメラン」「スコープン」とともに「オネスト」でサポートする駒になることは覚えておいていいだろうか。

* RGBT-JP016 《D・スコープン》
3点
攻撃表示であれば展開の起点となり、守備表示であればシンクロの起点となる。
「大寒波」や、相手に大量に並べられたときに「ブラックローズドラゴン」を速攻召喚する、先攻初手で「パワーツールドラゴン」を速攻召喚する、単純に通常召喚の機会を増やすetc、ディフォーマーでの八面六腑の活躍のほか、守備表示の際にレベル4のチューナーとして扱うコトに着目すれば「シャインエンジェル」を組み込んだ光デッキにも採用の余地がある。

* RGBT-JP017 《ガジェット・アームズ》
1点
今後「D」のつく有用なサポートがさらに登場すれば化ける可能性が十分ある。
現時点ではデッキからもサーチできれば、「D」と名がついていれば、といわざるを得ない。

* RGBT-JP018 《トラパート》 Rare
1点
「ゴヨウガーディアン」「増援」の規制によって若干使いづらくなった。「ガイアナイト」ごときを罠の効かない状態にしてもたかが知れている。
「ギガンテック・ファイター」にこの能力をつけることができれば強力だが、単純な戦士族チューナーとしては「ジュッテ・ナイト」「X-セイバー パシウル」など、より強い先人がすでに登場している。
シンクロ召喚以外に使い道のないこのカードは、どうしても採用は遠のく。

* RGBT-JP019 《地縛神 Aslla piscu》 Ultra,Ultimate
1点
道連れ+ダメージと書いてあることは強いが、フィールドがなければ維持できない点はどうしてもマイナス。「ナイトメア・デーモンズ」とのコンボで4800ダメージを与えられることを活かしたいが、バーンデッキに「陵墓」とこれを入れたところでいびつな構成になるのが関の山だ。
「地縛神」はアニメのテーマであるため、今後何らかの召喚サポートが登場すればといったところ。

* RGBT-JP020 《地縛神 Ccapac Apu》 Ultra,Ultimate
1点
「アスラピスク」よりも攻撃力が高いが、ダイレクトアタックできる能力とモンスターを破壊したときにダメージを与えるという二つの能力が正反対である。
一応、「攻撃表示の相手には戦闘破壊、守備なら抜けてダイレクト」と使い分けることでどっちにしろ3000を与えにいくことはできるが、やはり「アスラピスク」の全体除去と比較すると見劣りするか。

* RGBT-JP021 《コアキメイル・ヴァラファール》 Super
0点
実質「ドローフェイズをスキップする」と書かれているのに、この能力は弱すぎる。
コアキメイルが居るとき無条件で手札から特殊召喚できてようやく見所があったかも。

* RGBT-JP022 《コアキメイル・パワーハンド》 Super
2点
レベル4の2100で、通常罠を見せるだけで維持でき、「トマト」「クリッター」「トラゴエディア」「死霊」「ライコウ」を黙らせることができるというのはなかなかに強力。
とはいえそれ以上でもそれ以下でもなく、そもそも「コアキメイル」が専用デッキを組むのが困難であるということから、採用されるのは罠の多いメタビート系のデッキ。
で、それらのデッキに採用されるモンスターは現時点でも群雄割拠だというのに、このカードに入る余地があるかといえば……。

* RGBT-JP023 《コアキメイル・ガーディアン》
3点
「N・グラン・モール」など、すでに1度見せたものを見せるだけで維持が可能。
そもそも効果が「デスカリバーナイト」とほぼ同一なので、一度の攻撃で場から退場することも多く、「任意で使えるデスカリ」という感覚で捕らえれば岩石族中心でなくても運用できる。
むしろ「クロウ」による暴発がない分、「デスカリ」よりも使いやすい。「蘇生」もできるし。
「ウェポンサモナー」で同じ岩石族の「守護者スフィンクス」とともにサーチができるので、そういった方向とのシナジーもある。

* RGBT-JP024 《コアキメイル・ドラゴ》
2点
「マテリアルドラゴン」「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」の二大ドラゴンをどちらも妨害するという難点があるが、逆に「ダークネスメタルドラゴン」で蘇生しておけば、返しに「ギガンテックファイター」を恐れる必要がなくなる。その噛み合わせを是とするかどうかで評価が分かれるか。

* RGBT-JP025 《コアキメイル・アイス》 Rare
2点
永続魔法はサーチの効く「ブレイズ・キャノン」が使いやすいか。他にも「ヴォルカニック・バレット」を手札コストとして使うこともできるなど、名前と属性に反して「ヴォルカニック」と相性がいい。
効果はシンクロを確定で殺せるほか、「クリスティア」などへのメタにもなる。「ジョウゲン」と違い対象を取り、全体に影響を及ぼすわけでもないのでどうしても地味なのが難点か。

* RGBT-JP026 《コアキメイル・デビル》
2点
レベル3にしてはステータスも高く、維持も「トラゴエディア」を見せるだけでOK。
しかし効果はメインフェイズ限定で「オネスト」「ゴーズ」「トラゴエディア」の抑制にはならない。
対象は「クロウ」「ディアボ」「ダークエンド」「裁き「ライラ」「ケルビム」のあたりか。
ただメインフェイズに効果起動できないのはこちらも同じで、同じ悪魔族である暗黒界や魔轟神の効果をことごとく妨害してしまう。
採用するデッキに苦心しなければならないことに目を瞑れば拘束力は高い。

* RGBT-JP027 《ゴーレム》 Rare
1点
光属性に強い耐性を持つが、戦闘破壊耐性を持たないがために「オネスト」で返り討ちに遭う。
「次元の裂け目」とセットで使えば?

* RGBT-JP028 《ミノケンサテュロス》
0点
なぜ下級でないのか。

* RGBT-JP029 《強化人類サイコ》
1点
効果が永続? だからなんだよ。

* RGBT-JP030 《マスター・ジーグ》
2点
サイキック族の大物としては十分な貫禄。
問題は召喚方法で、サイキックのサポートは低レベルに関するものが多い。
「アポート」は「サーチできないヴァルハラ」という性能の低さだし、その補い方が肝か。

* RGBT-JP031 《地獄からの使い》 N-Rare
0点
「イージーチューニング」するのが一番良い使い方だと考えられる。
しかし地属性なので効率よく墓地に落とす手段がなにもない。
せめて闇であれば「終末の騎士」からワンチャンスあったのだけれど。

* RGBT-JP032 《ギガストーン・オメガ》
0点
「ギガンテス」と「タイタン」と「メガロック」と「ガイアプレート」がすでに存在しています。

* RGBT-JP033 《エーリアン・ドッグ》
1点
それこそ「スレイブタイガー」のような能力を持たせるだとか、チューナーにしてみるだとか、せめて「Aカウンターの~」の永続効果をつけてあげるとか、もう少しいじりようはあったと思う。

* RGBT-JP034 《ニードル・ギルマン》
1点
中途半端に1700になってしまうせいで「奈落の落とし穴」に落ちる。
逆に言えばレベル3にして1700のアタッカーとも言えるが…。

* RGBT-JP035 《深海のディーヴァ》 Rare
3点
召喚するだけでアドバンテージが場に増えるというすさまじい能力者。
自身か「氷弾使いレイス」を引っ張ってくることで多重シンクロの立役者に。
「ディアボリックガイ」が健在であればもっと悪用ができたかもしれなかった。

* RGBT-JP036 《シー・アーチャー》
1点
トークンが食えるというわけのわからない初日裁定が出ていたらしい(今は知らん)
「ディーヴァ」から出しても、「ディーヴァ」を吸って強くするメリットはあまりない。
「精神操作」とシナジーの可能性があるが、多分「ディーヴァ」でシンクロするのが早い。
シンクロして「カタストル」を出すにあたり、「ギルマン」と違って「奈落」に落ちないのがメリット。

* RGBT-JP037 《ラヴァ・ドラゴン》
0点
「表側守備表示のこのカードをリリース」ってなんだよ。
そんな難条件にするならせめて「仮面竜」からださせろって。

* RGBT-JP038 《竜の尖兵》
1点
「相手の効果」なのがネック。「クリッター」みたいに、フィールドから無条件墓地送りで効果発動してしまってよかったと思う。蘇生先が余りに限定されすぎているし、そのくらい強いサポートを設けないことには、「青眼」「真紅眼」は強くなれない。

* RGBT-JP039 《G・B・ハンター》 N-Rare
1点
「ライオウ」と並べることができれば確かに強烈な剣闘獣メタになる。
しかし「増援」が制限になったことで、守備でとりあえず置いて剣闘獣にプレッシャーをかけることが難しくなった。

* RGBT-JP040 《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》 Ultra,Ultimate
2点
「デブリ・ドラゴン」から出せるレベル3ドラゴンの登場待ち。

* RGBT-JP041 《BF-アームズ・ウィング》 Super
3点
「ゴヨウ」「ブリュ」にメスが入ったことで、「BF」レベル6の枠にすんなり入ることができた。
万が一にも「BF」が流行し、相手の「ブリザード」「ゲイル」を奪うことが多くなることを考えると、「BF」以外のデッキであってもこのカードを採用する可能性は0でないのかもしれない。

* RGBT-JP042 《パワー・ツール・ドラゴン》 Ultra,Ultimate,Holographic
3点
装備魔法が3枚以上入っているデッキなら入れておいて損なし。

* RGBT-JP043 《トライデント・ドラギオン》 Ultra,Ultimate
3点
ドラゴン中心に構築し、「デブリ・ドラゴン」を採用すれば案外出す機会は多い。
一度出せればゲームをひっくり返せる能力は持ち合わせている。

* RGBT-JP044 《神海竜ギシルノドン》 Super
1点
基本的には「カタストル」で良い。
一応、相手ターンの相手のシンクロ召喚に応じてほぼ確実に強くなれはするが…?
RAGING BATTLE(RGBT) 魔法・罠編 | HOME | 「D・バインド」を考える

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09« 2017/03 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。