スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロモンスター レベル6編 

■レベル6シンクロモンスターを出せる主な状況

○4+2
レベル2チューナーは「緊急テレポート」→「クレボンス」や「ゾンビキャリア」等、特殊召喚しやすいものが多く、レベル4モンスターは下級モンスターとして最もメジャーな存在である。
よってこの組み合わせによってレベル6シンクロを出していくパターンが最も多くなる。

一方レベル4チューナーにレベル2モンスターを合わせる状況は、レベル4チューナーがまだ数少ないことと、レベル2モンスターが生き残る確率があまり高くないことから稀。
ただし「精神操作」で相手の裏守備を奪取してきた場合など、起きないわけではない。

○3+3
レベル3モンスターに、レベル3チューナーを合わせるパターン。
「ネクロ・ガードナー」+「サイコ・コマンダー」や
「X-セイバー エアベルン」+「N・ブラック・パンサー」などが一般的か。

○5+1
レベル5のチューナーは現時点で存在していない。
よってレベル5モンスターにレベル1チューナーを合わせることになる。
特殊召喚可能な「サイバー・ドラゴン」や「バイス・ドラゴン」を素材とするのが使いやすい。

○その他の事例
例によって「スケープゴート」からの羊トークン(レベル1)複数を活用してシンクロもできる。
攻撃をしのぎ、2~3体残ったところから適時、対応するレベルのチューナーを用いていく。


■出せるシンクロモンスター

「ゴヨウ・ガーディアン」
攻撃力2800 地 戦士
戦闘によって破壊した相手モンスターを、表側守備表示で自分フィールドに特殊召喚する。

恐らくもっともメジャーで、同時に敵視されているシンクロモンスター。
その出しやすさに対して、多くの上級モンスターを越える非常に高い攻撃力を持ち
さらに効果によってフィールドを強化、アドバンテージを稼げるというハイスペックを有する。

環境に与えた影響は大きく、特に攻撃力2800未満の上級モンスターの存在価値を貶めた。
「冥府の使者ゴーズ」で反撃の狼煙を上げようとしても、この1枚でひっくり返される。
「人造人間サイコショッカー」や「ダーク・シムルグ」で場を制圧しているつもりが、逆に制圧される。
また「終末の騎士」や「E・HERO エアーマン」、禁止されたが「D-HERO ディスクガイ」といった特殊召喚時に効果を発動する下級モンスターも、利用される危険性が伴うようになった。

入手も容易で、パック、DT、冊子と三通り。
もしエクストラデッキの構築を目指すなら、ひとまずはこれの回収からはじめると良いだろう。


「氷結界の龍 ブリューナク」
攻撃力2300 水 海竜
手札を任意の枚数捨てると、その枚数だけフィールド上のカードを手札に戻す。

「ゴヨウ・ガーディアン」と並び、メジャーで敵視されているシンクロモンスター。
効果は「アビス・ソルジャー」を使いやすくしたもので、1ターンに1回の制限も無い。
前期は「早すぎた埋葬」をこれで何度も使いまわすコンボがたびたび見られた。
「埋葬」こそ今期より禁止されたが、このカードのカードパワーは微塵も落ちていない。

裏守備モンスターでは返しのターンに戻されてしまい、対処しにくい。
よって何らかの除去ですぐに処理できない場合、多大なライフアドバンテージを失うことになる。

また同じシンクロモンスター同士の戦いにおいても絶大な威力を持つ。
エクストラデッキより特殊召喚されるモンスターは手札に戻らず、エクストラデッキに戻るため
手札を1枚捨てるだけで、破壊や除外を超える、完全な除去として扱われるためである。
よっていかに強力なシンクロモンスターを出しても、返しのターンにこのカードを出され
一瞬で巻き返される可能性を念頭においておかなければならない。

弱点という弱点も少ない。強いて言えば攻撃力が2300であるため
他のモンスターと比べれば、戦闘で倒しやすいことか。
特に「ゴヨウ・ガーディアン」や「強制転移」によって奪取されると致命傷にも成り得る。
またリアルで収集しようとする場合、非常にレートが高いということも欠点。
収録されているDT01はすでに絶版であるため、シングル購入かトレードに頼らざるを得ず
どちらの方法であれ数千円で取引されているため、今から集めるには非常に骨が折れる。
しかしながらシンクロを扱う上ではほぼ必須カードであるため、何としても収集しておきたい。


「フレムベル・ウルキサス」
攻撃力2100 炎 炎
貫通能力。戦闘ダメージを与えるたび、攻撃力は300上昇する。

シンクロモンスター全体を見回してみても、下から数えたほうが早い程度の攻撃力しか持たない。
態々2体のモンスターをシンクロしてまで出す攻撃力・効果ではなく、やや使いづらい面がある。

しかしながら、現時点で唯一の貫通能力を持ったシンクロモンスターであり
ライフをいち早く稼ぎたい状況(サドンデス等)においては、救世主にもなりえる。
特にレベル6シンクロでは「戦闘破壊されない」効果を持つ効果モンスターに対して
「ブリューナクの効果で戻す」以外に効果的な対策がない。
そういった際に選択肢として用意しておくには十分ではあるが……。

入手は「ブリューナク」と同じくDT01で、現在は絶版ではあるが
そういった評価や、元々のレア度からレートはあまり高くなく、比較的容易に手に入れられる。


「デスカイザー・ドラゴン」
攻撃力2400 炎 アンデット
チューナー限定:「ゾンビキャリア」(レベル2)
シンクロ素材限定:アンデット族モンスター
シンクロ召喚成功時、相手の墓地からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

シンクロ素材をチューナー・素材共に縛っているため、全てのデッキには必要ない。
しかし自分のデッキに該当するモンスターが存在しているなら、選択肢には十分である。
特にレベル4アンデットには「ゴブリンゾンビ」「馬頭鬼」など、優秀なものが多数存在する。
よって、素材に困ることはまず無い。

効果は相手の墓地に依存するため、対アンデットデッキでしか活躍がないように見られがちだが
「ゾンビキャリア」はアンデットだけに留まらず、さまざまなデッキに使用されている。
「ゾンビキャリア」を奪えれば、すぐにレベル8に発展できるため、無駄にはならないはずだ。

入手は最新パック「CSOC」のウルトラレア。
しかしレートはそう高くないので、安価で手に入れることができるだろう。


「蘇りし魔王 ハデス」
攻撃力2450 闇 アンデット
チューナー限定:「ゾンビキャリア」(レベル2)
シンクロ素材限定:アンデット族モンスター
フィールド上に存在する限り、アンデット族が戦闘破壊したモンスターの効果無効。

やはりシンクロ素材をきつく制限しているため、全てのデッキに入れる必要は無い。
アンデットデッキにおいても、現環境では「デスカイザー・ドラゴン」が優先されるため
「ゴヨウ」「ブリュ」「デスカイザー」と場所を争うには、どうしても不利な面が否めない。

効果そのものは非常に強力で、「墓地蘇生できるようになったハデス」である。
戦闘破壊されないモンスターを除けば、戦闘を行った相手モンスターを完封することができる。
しかし昨今は「起動効果」や「召喚時誘発効果」に強力なものが多く、
戦闘する際には効果を持たないモンスターの採用が増えてきており、その点でも逆風。

入手は最新パック「CSOC」だが、上記の事情で「デスカイザー」よりもレートは低め。
アンデットデッキならば、ついでに使ってみようといった程度だろう。


「ヘル・ブランブル」
攻撃力2200 光 植物
シンクロ素材限定:植物族モンスター
お互い植物族以外のモンスターを召喚・特殊召喚する際には、1000ライフを支払う。

チューナーこそ問わないものの、シンクロ素材を植物族と限定しているため
植物族を採用しているデッキ以外では採用する必要はない。
その植物族においても、攻撃力や効果の面で「ブリューナク」や「ゴヨウ」が優先されがちで
効果も相手の行動に依存する受身型であるため、使いどころは難しい。

エキストラデュエル・サドンデスにおいて、先手を打つ際には決め手と成り得るか。

入手は「CSOC」のスーパーレア。
やはりレベル6は激戦区であるために、安価で手に入れることができるだろう。


「C・ドラゴン」
攻撃力2500 地 ドラゴン
「C」を除外すると、その枚数×200、エンドフェイズまで攻撃力アップ。
戦闘ダメージで相手デッキを3枚破壊。

シンクロ素材を問わないため、どのデッキにも入りうる…が。
残念ながら、「ゴヨウ」「ブリューナク」の壁が高すぎる。
「C」を除外してパワーアップする効果は雀の涙であり、活用の機会は少ない。
むしろ「C・リペアラー」の効果を阻害するために、デメリットのほうが大きいとさえいえる。
デッキを破壊する効果は、戦闘ダメージを与えて送る枚数としては現時点で最多。
「冥府の使者ゴーズ」や「大嵐」といった影響の大きい制限カードを落とせれば
優位に立つことも一応は出来るが……。
このカードの攻撃力が高ければ、または「ゴヨウ」の攻撃力がもっと低ければ……。

入手は容易。しかし入手したところで、「ブリューナク」の代わりになるかといえば疑問符。


「ターボ・ウォリアー」
攻撃力2500 風 戦士
チューナー限定:「ターボ・シンクロン」(レベル1)
シンクロモンスターに攻撃する場合、対象の攻撃力を半分にする。
レベル6以下の効果モンスターの効果対象にならない。

「ターボ・シンクロン」はレベル1チューナーであるため、召喚方法は「1+5」が主。
レベル4以下のモンスターと2体でシンクロできないために、他のモンスターよりも出し難い。
効果自体は悪くなく、「ゴヨウに奪われる」「ブリューナクに戻される」点をどちらも克服している。
「邪帝ガイウス」や「ライトロード・ハンター ライコウ」の効果をも受け付けず、場持ちも良い。
しかしながら、前述のとおり使いづらいチューナーに限定された召喚方法が足を引っ張る。

「CSOC」のウルトラレアだが、来月DP遊星にレアとして再販される。
「ターボ・シンクロン」を使ったデッキを組むのであれば、選択肢として持っておくといいだろう。


「ハイドロ・ジェネクス」
攻撃力2300 水 機械
チューナー限定:「ジェネクス・コントローラー」(レベル3)
シンクロ素材限定:水属性モンスター
戦闘破壊したモンスターの、攻撃力分だけ自分ライフポイントを回復する。

チューナー・素材をどちらも縛っている割に、攻撃力は貧弱で効果はあまりに地味。
チューナーの「コントローラー」はサーチが容易で、バニラであるために召喚サポートも豊富。
効果もレベル6唯一のライフ回復効果と、位置づけとしては悪くないのだが……。

デザインとしては「ジェネクス・ウンディーネ」で「コントローラー」をサーチし
「ウンディーネ」を翌ターンまで守りきり、「コントローラー」とシンクロするといった手順だろう。
よってこの2種類がデッキに入っているならば、選択肢として…といいたいところだが
はっきり言って「ゴヨウ」「ブリューナク」、さらに「ウルキサス」に及ぶかといえば、疑問が残る。


「大地の騎士ガイアナイト」
攻撃力2600 地 戦士
効果なし

レベル・種族・属性が全て「ゴヨウ・ガーディアン」と一致している。
しかし攻撃力は「ゴヨウ」に劣り、「ゴヨウ」と違い、効果は持たない。
現状、存在価値を完全に否定されたシンクロモンスターである。
「ゴヨウ・ガーディアン」を手に入れるまでの繋ぎ、という位置づけでしかないが
このカードを手に入れる労力があるなら、それを「ゴヨウ」を集める労力に回したほうが良い。
現実。



レベル6シンクロは種類も豊富で、さらにメインデッキの構成によってバリエーションも出せる。
出しやすさもあいまって、面白い帯域ではあるのだが……。
あらゆる状況で出せる「ゴヨウ」「ブリューナク」の二強が、どうしても自由度を下げてしまっている。
アンデットであれ植物であれ、この2種類を出したほうがメリットがずっと大きいのが実情だ。
この2種類に何らかのシンクロ制限がかかっていれば、幅が広がっただけに残念でならない。
シンクロモンスター レベル7編 | HOME | くそスレが立ってるのを見つけたよ

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。