スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロモンスター レベル5編 

■レベル5シンクロモンスターを出せる主な状況

○1+4(1+1+3、1+1+1+2)
「スケープゴート」を使った返しに起こりやすい。
羊トークンが複数あれば、チューナーのレベルが2,3でもシンクロできるようになる。

○2+3
「ライトロード・サモナー ルミナス」+「ゾンビキャリア」とか
「ネクロ・ガードナー」+「クレボンス」とか
「ライトロード・ハンター ライコウ」+「X-セイバー エアベルン」とかが一般的。
また「ジャンク・シンクロン」なら、自身の効果ですぐにレベル5シンクロの条件を満たせる。

レベル2、3のチューナーは種類が豊富で効果も強力なものが多く、採用されやすい。
こういったシンクロを行うシーンは良く見られるだろう。
レベル2~3の下級モンスターは貧弱なものが多いので、強化する目的でシンクロされやすい。
■出せるシンクロモンスター

「A・O・J カタストル」
攻撃力2200 闇 機械
闇属性以外との戦闘の際、ダメージ計算を行わずに、効果によって相手モンスターを破壊する。

もっとも使われていると見ていいレベル5シンクロ。
戦闘を否定するので、光属性モンスターとの戦闘で「オネスト」を警戒する必要が無い。
「ライトロード」戦などで積極的に出していく価値がある。
それ以外にも、特定の属性で固めたデッキと対戦する際は活躍の機会が見込める。

一方闇属性との戦闘には無力なので、「冥府の使者ゴーズ」が出てくると涙目になる。
「人造人間サイコショッカー」や「邪帝ガイウス」も倒せない。
他にも制限化したものの「サイバー・ドラゴン」に吸われる危険性もある。

入手方法は現在絶版化しているDT01のみだが、仕様がレアであるため
実践級のカードであることを踏まえても、レートは全く手が出ないほどではない。


「X-セイバー ウェイン」
攻撃力2100 地 戦士
シンクロ召喚成功時、手札から戦士族1体を特殊召喚する。

攻撃力は現時点のレベル5シンクロで最低。効果も微妙で採用率はお世辞にも高くない。
しかし戦士族が手札に存在しやすいデッキであれば、選択して入れておく価値は十分ある。
とくに、「終末の騎士」から「ネクロ・ガードナー」を設置しておき、防御を固めるなど
手札枚数は減るものの、場を整えてテンポをよくするという効果が期待できる。

DT02のウルトラレアで、レートは実用性と比べるとやや高め。
無理に集めるべきではないが、持っているに越したことはないだろう。


「マジカル・アンドロイド」
攻撃力2400 光 サイキック
エンドフェイズごとに、サイキック族1体につき600ポイントライフ回復。

攻撃力は現時点のレベル5シンクロで最高。「邪帝ガイウス」を相殺ながら倒せる。
自身もサイキック族なので最低600のライフゲインが保障される。
地味な効果だが、サドンデスといった1ポイントを争う状況下では絶大な威力を持つ。
レベル5シンクロで唯一の光属性なので、「オネスト」の効果も受けられる。
サイキック族か、「オネスト」を採用しているデッキならば用意しておく価値は十分ある。

TDGSのコモンカードなので、入手は全シンクロモンスターの中で最も容易といっていい。
「カタストル」が手に入らないのであれば、このカードでも代用は十分効くだろう。


「ナチュル・ビースト」
攻撃力2300 地 獣
チューナー限定:(地)属性チューナー  ※地属性チューナーかどうかは一応まだ未確定
シンクロ素材限定:地属性モンスター
デッキを2枚墓地に送ると、相手の魔法カードの発動と効果を無効

シンクロ素材を限定するため、全てのデッキに入る汎用的なシンクロではない。
が、逆に条件を満たせるデッキならば積極的に採用できる強力な効果を持つ。
「レスキューキャット」から「Xセイバー エアベルン」と「コアラッコ」を出してシンクロする。
「緊急テレポート」で「サイコ・ジャンパー」や「サイコ・コマンダー」を呼び、地属性とシンクロする。
上記2方法が有力な召喚方法か。
脆い分、仕掛けやすい「お触れホルス」と考えればそれなりの仕事は期待できる。

DT03のウルトラレアカードであり、それなりのレート高騰が予想される。


「ジャンク・ウォリアー」
攻撃力2300 地 戦士
チューナー限定:「ジャンク・シンクロン」(レベル3)
シンクロ召喚成功時に場に存在するレベル2以下のモンスターの攻撃力分、攻撃力アップ。

チューナーを「ジャンク・シンクロン」に限定しているため、採用していないデッキでは不要である。
「ジャンク・シンクロン」は戦士族なので「増援」でサーチが効くほか
自身の効果でレベル2以下のモンスターを特殊召喚できるので
「ジャンク・シンクロン」さえ採用しておけば、シンクロ自体はそう難しくは無い。

効果もレベル5モンスターの中で最も高い攻撃力になれる可能性を持つが
アニメと違い、シンクロ召喚時にしか攻撃力の判定をしないのが苦しい。
そもそも闇属性以外のモンスターならば、攻撃力を上げずも「カタストル」の効果で破壊できる。
「ジャンク・シンクロン」を使っていても、「カタストル」に活躍の機会を奪われがちなのが現実だ。

入手方法はこれまでスターターデッキからに限られていたが
来月、DP遊星にノーマル(スーパーかも)で採録が確定しており、入手は容易になる。


未だ種類が少なく、選択の余地は少ない。
「カタストル」が実質のレベル5シンクロ必須カードであり、それ以外の採用率はあまり高くない。
(そもそも「ナチュル・ビースト」はまだ登場して無いけど)
その分、1種類1種類を集めておかないと、レベル5シンクロが出せる際に困ることになる。
こういうの何て言ってたかな、「心綱」? | HOME | 愛用デッキボックス

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。