スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンガード:公認大会を見学 

めっちゃ久しぶりにホーム(的に隔週くらいで通ってるお店)以外の大会に出てきました。
といっても昔は頻繁に出てたところなので、まあ特に気を張ったりとかそういうことは一切なかったんですけど。

参加費でネビュラロード引いて、プロモでダーマッド引くという割のいいバイトをしてきましたが、ゲーム内容そのものはライド事故やらG3コンプリートやらで、実質的に見学でした。
直前に借りた「狼牙の解放者ガルモール」も、ちゃんと円卓を引けていたためにRにコールするのみで効果の発揮するシーンにも巡り合えず、解放者の調整としてはイマイチでした。
反面、黒輪の新規クラン(ペイルムーン、リンクジョーカー、撃退者、ダクイレ…は勝ち上がってなかったけど)をみんなこぞって回してくれていたので、その雰囲気をつかむ、観戦の面では有益な大会だったと思います。


以下、簡単なメモ書きなど。


◆ペイルムーン
ルキエЯはさながら「硬い騎士王」のような安定した1枚だなと実感しました。
周りを支える「銀の茨」のSCによって、とにかく安定して行えるクロスライドと、その防御力の上から毎ターン供給されていく前衛の流れは素晴らしいの一言。
「すっかり黄色いクラン(パラディン系)になったね」と談笑しました。
ただこれもダクイレ同様に非名称が関われる余地が広く、細かい構築の練りこみやプレイ方針が大いに必要なクランのようで、構築難度はヴァンガードの中でも随一だと思いました。
早速、今日まったく盲点だった2枚を教わり、良い経験値になりました。

今までのペイルムーンは難しい立ち回りを強いられながらも、それを完璧に成せたところで勝ちに繋がるかというと、お世辞にも言いきれないようなカードパワーの低いクランでしたが、今回の「銀の茨」の面々はようやくその点を補填し、五分くらいにはなった印象です。

◆リンクジョーカー
G1、G2のスペックは単品ではバニラが大半で、現状はほぼG3のスペック頼み。
逆にそのG3が回ってしまうとG1、G2の連中が相乗効果で爆発しはじめるため非常に厄介な集団となり、特に強力な動きはBRユニットが基点となって始まっている、と考えると、ある意味スパイクブラザーズに近い交通事故を引き起こすクランのような印象を受けました。
なんにせよまだ自分では一度も回していないし相手にもしていないので、まずはそこからかな、と思います。

◆撃退者
特にわざわざ語るべき点もないような、見るだけでわかる強クランだと思います。
現状はとりあえず困ったらこれを使っておけば間違いないんじゃないでしょうか。
4弾~5弾のシャドウパラディンと比較すれば、はるかに安価で組めるようですしね。
スポンサーサイト
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
01« 2013/07 »05

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。