スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王:1からデッキを作るためのおはなし I 

連続更新7日目。
ヴァンガードのことは一通り語り終えた感じなのでひと段落として、
今日からは遊戯王のデッキの作り方というか、調整過程でも適当に語ります。


今回は炎王に目をつけました。
「ネフティスの鳳凰神」系譜ともいえる効果を持った「炎王神獣ガルドニクス」はかつてネフティスにドハマリしていた僕の興味を引くには十分で、「炎王獣バロン」「炎王獣キリン」「炎王炎環」の効果が判明してまもなくデッキを組み始めました。

僕のデッキの構築方法はきわめてシンプルで、「とりあえず自分のやりたいことをやる」ということから考え始めます。
したがって、相手のプレイの妨害や、相手のメタプレイ等ははじめは一切想定せず、自分にとって都合のいい動きをできるようにだけ意識をし、その動きに必要なキーカードだけでデッキを組んでいきます。

たとえば、炎王であれば、「効果破壊」をトリガーとするシリーズなので、「激流葬」や墓地に落としてからの「リビングデッドの呼び声」は非常に強く使うことができるはずだ、使おう。
下級が守備200の系列なので、「フレムベル・ヘルドッグ」や「真炎の爆発」の対象になる、使おう。
「炎王炎環」で破壊する対象に、エクシーズモンスターを、特に「発条機雷ゼンマイン」も含められたら面白いかもしれない→カードパワーが高い「魔界発現世行きデスガイド」を使おう。もしかしたら「グレンザウルス」にもお呼びがかかるかもしれない。

と、こんな感じでぽんぽんとカードを入れて、組めた初期案は以下のようなデッキでした。

モンスター(20枚)
冥府の使者ゴーズ
魔界発現世行きデスガイド×2枚
炎王神獣 ガルドニクス×3枚
炎王獣 ヤクシャ×3枚
炎王獣 バロン×3枚
フレムベル・ヘルドッグ×3枚
ネフティスの鳳凰神
クリッター
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(15枚)
大嵐
真炎の爆発×3枚
死者蘇生
炎王炎環×3枚
炎王の急襲×3枚
ブラック・ホール
サイクロン×3枚

罠(5枚)
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラは省略

必要なものはなるべく3枚、たいへんわかりやすい構成です。
比率も美しいですね。自画自賛できます。

当然のことながらこれだけでもそこそこは戦えたのですが、早々に問題点は浮き彫りになります。「都合のいい動き」をするにあたり、不都合なことが見つかってきます。
さて、どのようなものが挙げられるでしょうか。続きはまたあした。
スポンサーサイト
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07« 2012/12 »01

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。