スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/30 ヴァンガード大会 

大会の後お酒入れてオールとかやっちゃったのであんまり覚えてません。

使用はいつもの騎士王。

◆1回戦 ジエンド@てとらさん
後攻
初手リアンで引けていなかったG3を引きにいくも、引いたのがまぁるがる。
食らっておけば1点目がダメトリだったと考えると…でガッカリしてたら、代わりに逝った1点目が騎士王でメンタル崩壊。
同時にめくれた相手のバーサークに日和って、横に置いといたぶれいぶで2パンを試みることをやめたり1枚握ってたはずのぽーんを使い忘れたりと色々と方針がブレたまま、何とか間に合ったバロミデスにライド。
ぽーんをセイバーに変えて前に出してV21kを作るもそれもクロスライドで無力化。
と、かなり苦しい展開で進んでいたものの、相手のドライブにトリガーが少なく、G3もいくつか見え隠れしており、一転してそのへんからこちらのトリガー率が上昇。
引けない騎士王の代わりにアカネが仕事して何とか列を作り直し、ここで2枚めくらなきゃ勝てない!ってところで運よく2枚めくれて逆転。ラッキーでした。

◆2回戦 騎士王@ぐらさん
先攻
手札がかなり強く、G2ターンに2パン+ぶれいぶ効果適用からの騎士王ライドという理想的な立ち上がり。
対して相手はG3まで1パンずつに留まり、少し優位を築く。
先に使われた騎士王効果から出てきたゴードンを、ギャラティン単騎で討ち取る展開(多分相手の判断ミス)にも助けられて、1枚ずつ、ゆっくりとハンド差を広げていく。
終盤いいタイミングで登場したバロミで死に掛けるもリソースを使い切って何とか耐え、アタッカーのトップに賭けるところで来てくれたのがブラブレ!
ハンドに残ってたダブりの騎士王とともに全部送り出し、総攻撃が届く。

◆3回戦 ノヴァ
先攻
序盤のぶれいぶの強襲が効いたようで、G3ターンでも相手のリアガードは整わないまま。
ここぞとばかりにCBをブラブレにまわして相手のアタッカーを削っていく。
スタンドとクリティカルが共存するトリガー構成で、かつVを最後にする殴り方が徹底されており、ガードの仕方に日和るシーンが多く、トリガーが爆発してたら2回くらい危ういシーンがあったものの、なんとか1枚だったり0だったりで耐えていく。
終盤にアズールのペルソナを完全に忘却していて通したところでデスアーミー軍団のスタンドと共にRRVRRを叩き込まれるも、直前にヒールしていたおかげでダメージに余裕があって九死に一生。
返しにクリティカルで6ヒールの芽も潰して勝ち。

◆4回戦 ヴォーティマー
先攻
G1~デュークまで完全にライド成功、出てくるモンスターも強力で苦しい展開。
G1とG2のヴォーティマーを混同してアタック順序を間違えるミスで序盤にテンポを失ったものの、多分それを加味してもどうしようもないくらいアド差が開いてしまう。
LBを仕掛けてくるところでトリガーが2枚乗り、振り分け方もV全乗せでなくRにも分配していたことでこちらのリソースは壊滅。
立て直す時間は無いので返しに全ツッパをかけるも、豊富に残っていたガードを超えるだけのパワーは出し切れずに凌がれ、返しで詰みました。


2位。どうにも後一歩勝ちきれない……。
バロミの枚数と、リアンの採用是非、及びその枚数で最近は悩んでます
スポンサーサイト

7/28 ヴァンガード大会 

久々にがっつり一日梯子して連荘。

29人スイスドロー、騎士王使用。

◆1回戦 なるかみ(ヴァーミリオン)
後攻
相手がG1のバニラで2ターン止まり、その間にぽーんからセイバーをサーチしてきてライドまで進行。
乗ったG2も8000のワイバーンだったので、無理に後衛を置かなくても8~13で要求は十分ということで、ブーストは最低限にしながら3列でじわじわと削って5点まで追い詰める。
ここでヴァーミリオンが乗っかってLBで場をリセットされるも、温存していたハンドですぐに体勢を立て直す。
このへんからG3を4連ドライブで若干風向きが怪しくなるも、ワンチャンスを拾われる前にクリティカルが乗ってくれて押し切り。

◆2回戦 ヴォーティマー
後攻
1ライドから2ヴォーティマーサーチ、2ライド時に12のヴォーティマーをセットでスペコ、3もきっちり持っていて、めくれたのも非トリガーととにかく強い流れ。
これをG3もガード用トリガーも持ってない中でやられるものだから気が気じゃない。
なんとかトップした騎士王を乗せて、ラインを整えて4点入れるも、返しにRに2万ライン作成してからのダブクリ全乗せ+LBスタンド!
イゾルデ2枚目を引き出さざるを得ず、後が無くなる。
返しにとりあえずブラブレで残ってたRを焼き、デュークのコストも合わせてRを枯らす。
これで相手は2列に減衰したものの、トリガーなしでももう一度LBでツッパって来る。
相手ここまで明らかにノってたので、ライン崩壊を覚悟でトリガー乗ってもいいように2枚投げてガードすると、きっちりドローをめくってくる。危機一髪。
返しにトップしたG1をコールし間に合わせの列でガードを削ってから、V騎士王で突っ込むとマルクではなく2枚貫通のガード。
1枚目がドロートリガーだったので秒で真ん中を宣言すると、2枚目がクリティカルで貫通。勝ち。
日和って横にしてたらガード足りたっぽいので冴えてた感じ。

◆3回戦 ツクヨミ@としくん
先攻
後攻1の鷹パンチでクリティカルを受けたので、アカネCBで場を作って3列で返す。
三日月に対しても有効な3列で相手の手札を削り、半月時点で相手ハンド0の5点に。
返しにスペリオル決まったらわからなかったけど、失敗。
6ヒールにかける形になるも、ダブクリめくっちゃって完全に詰み。

◆4回戦 スパイク
先攻
引きが結構強くて、先攻2ターン目から3列作って速攻。
この返しに相手が1列でしかアタックしてこなかったので、そのまま追撃で4点まで。
相手G3になっても1列だけで、こっちの列が崩れない。
ダメージも全通しててまだ3点とかで、その間に手札を溜め込むことができ、ガードもラインの形勢にもだいぶ余裕ができて、以降ダブクリ以外負け筋が無いかなってくらいの状況に。
ドロートリガーを連発されてたのでいつ仕掛けられるか恐かったんだけど、ライドパーツ以外引くもの全部トリガーだったみたいで、やっとまともなG2が届いた頃にはどうしようもなかった感じで。

◆5回戦 エンジェルフェザー@たかむらくん
後攻だったかな?
序盤のぶれいぶの2ターンにかけてのアタックが相手カードを2枚消費させて、その後アルマロスに殴られてドローで多少は挽回されたものの、この2枚が終盤にシャムシャエル用の手札がなくて21000が作れない、と言う形でじわっと効いていた感じ。
最後のほうはお互いにお願いガードを1回通しあう感じの泥仕合で、しかもこっちにいくつかプレミスがあってワンチャンス拾われるところだったけど、そこは運で誤魔化せた感じ。

5-0、優勝した。


2件目でグラさんと合流したのでココを借りてみることに。

◆1回戦 ツクヨミ@としくん
後攻
またかよ!って感じで。
相手初手から123のツクヨミ全部揃っていたらしく。
一方のこちらはしょこら、しょこら、ココ、ココと融通が効かない手札で、序盤の3列に対して回答を持てない。
やむを得ずトップのサイキックバード+しょこら、なんて糞ラインを作って何とかゲームを成立させつつ、ココ効果で引き込めたサクヤでこれらを回収して何とか勝負を続ける。
ダブクリも1回やれたものの仕留めきることは出来ず、残りデッキ5枚のラストクリティカルが直撃しちゃって負け。
ダークキャットのタイミングを伺ったまま腐らせたことと、これが来るまでまともな後衛が引けず、サクヤを早い段階から21に出来なかったのが痛かったかなぁ。

◆2回戦 なるかみ
先攻
11223という割といいハンドでノーチェンジも、ドローが3で、さらに相手の後手の2パンチにスタンドが乗っかってしまい一挙3点でちょっと風向きが怪しく。
適度に場を作って返すと、今度はクリティカルが出てしまって、ココライド時点ですでに5点。
3ドローでガードを補給しつつ、アドバンテージで有利になるように意識してビート。
相手のVはヴァーミリオンじゃなくて、(ガチで名前覚えてないんだけど)G3でソウルチャージするやつだったので、貫通は仕方ないって感じでガードを繰り返しながら、ココ再ライド→サクヤ再ライドルル&ダークキャット回収、といった手順で手札を増強。
その間に引き込んだトムでじわじわ削っていくと、ヒールが乗っかってきてダメージにも余裕が。
そうなるとアドで大勝利してるので負け筋がなくなって、無事に逆転勝利。

◆3回戦 ネイチャー@おだくん
先攻
ココは序盤の猛攻に弱い感じがしたので、どうせダメージはクリ12で稼ぎやすいわけだしと、並べられたらそのRを削る、という、アドバンテージ重視で動いてみる。
これが結構ハマったらしく、手札も場も勝ってるなんて理想的な状態に。
ところが、ここしかないところでVの2万ラインにワンチャンスを掴まれて吹き飛んだ。
こっちまだ4点で、どちらかにクリティカルの混ざった2枚貫通が不可欠で、さらにそれまでにスタンドも見えていたという状況だったので、相当か細いワンチャンスと思うんだけど、それでしか勝ち筋が無かったのも確かなので、きっちり勝負どころを抜かれた完敗でした。

こっちはダブエリなので撤退。無念。


両方牛と言う大惨事をおいしいたこやきとうどんで誤魔化して帰りました。
お疲れ様でした。

このところのヴァンガード大会 

毎週書く習慣がロストしてる・・・


7/6

7弾使っていいといわれたので、FVだけ春風にしたゴルパラ(をグラさんから借用)

◆1回戦:ディメンションポリス 先攻
きっちりリプルからストームまで繋がれ、6面展開にローレル。
一方こちらはG3が無く、サグラモールを優先してFVを右下に下げざるを得ず、何とかG3はライドターンまでに間に合うも、ヴィヴィアンもエイゼルもトリガーしかめくらず、15・20・15と、11000Vに対して有効なラインを一つとして構築できずにズルズルと長期戦に。
そうなるとコマンダーローレルの圧力が気になってきて、トリガー次第ではヒヤリとするシーンも1~2度あったものの、何とか回避して押し切り。

◆2回戦:エンジェルフェザー 先攻
エルゴディエルを使うタイプも、G2に失敗してたので10000V。
ペルソナ打たれて回復され、ヒールも2回され、毎回1点目にダメトリも食らうものの、エイゼルのめくりが強くてアドバンテージは大差。クラン差って感じがした。

◆3回戦:エンジェルフェザー 先攻
今度はサーモメーター?(シズク互換)を使うタイプ。
ヴィヴィアン春風のラインを作るもG3がガルモールだったので、確実性を優先してCB温存→シルバーファングで1ドローして戦力を整える。
相手はG3に乗った後にサーモメーターの効果を使うも不発で、1アドゲット。
そのまま歪なラインで殴られたのを適度に通して4点に。
返しにエイゼル再ライドLBがマルクで、足りない後衛が埋まる
すかさず全面展開してRから行くとノーガードで相手も4点に。
続くエイゼル26もノーガードで、きっちりクリティカルめくって終わり。

◆4回戦:ジエンド@としくん 先攻
今日はじゃんけん強かった。
後3のジエンドを通してペルソナを貰い、潤った手札から怒涛のバニホバー。
倒しても倒しても出てこられて、中盤に春風のテキストを把握しきれてなかったプレミスも重なって、ラストの4体目を前にいよいよガード値が尽きてしまう。
6ヒールしてもバニホ分ガード値が足りない、という完全な「詰み」状態でした。

3-1、俺が階段崩しちゃってここで大会終了。
上位卓がほとんど身内で面白かったです(小学生並み)


7/10

いきなりペリノアの大半をSPで揃えてきた意識の高いグラさんがまたゴルパラを託してきました(ので借用)


◆1回戦:ペリノア 先攻
いきなりミラーマッチ。
後2の春風効果をおっかなびっくり通すも、3枚見てトリガーをコールという辛い感じだったよう。
一方、返しにエイゼルライドからアタックヒット→春風効果でペリノアめくる、のフォースドライブを決めるこっち。
そのへんで大幅にアドバンテージを稼いだことで、終盤の相手のペリノア効果ラッシュも凌ぎきることに成功し、返しで勝利。

◆2回戦:シャドウパラディン 後攻
フルバウの上にアリアンロッド、続いてネヴァン……をVで効果を使おうとされたのでさすがにストップ。
巻き戻しを許可(というかゲームにならんので推奨)してVマーハにチェンジからRネヴァンで手札を整えられた返し、春風効果できっちりペリノアを乗せてクリティカルをめくる俺。
ペリノアの勢いは10000のブラスタードラゴンじゃ止まらず、返しに早くも相手ガード値尽きちゃった感じで。

◆3回戦:エンジェルフェザー 後攻
自殺勢(ドクトロイド)とノキエルでダメージ操作をバシバシされて、思い通りのゲーム展開をコントロールされるも、肝心のVがエクス互換のやつで弱い。公開情報に見える範囲でしか操作できないもんね……。
こちらは後1、後2で連続クリと幸先がよかったものの、ダメトリでも2連クリ、ドローも2連クリとかで攻撃力がモリモリ減っていく。
仕方無しにアド目的で打ち込んだエイゼル2連がエイゼル&ガレス、という神めくりで一気に優勢に。
ノキエルで入れ替わったヒールがデッキに戻っていき、6ヒールに賭ける形になってイヤーなフラグを感じるも、現実はクリティカルトリガーで間一髪。

◆4回戦:ココ 後攻
G1事故で、春風パンチ(ノーダメ)→ドロートリガーライドでパンチ、という絶望的展開。
ただこの2発目をノーガードしてもらえて、春風ワンチャンスが生まれる。
果たして3枚目がペリノアで、G0からG3にワープ進化してライド事故解消w
与え損ねたダメージもココのドローを阻害するという形となって、ここからが勝負と行きたかったものの、事故てた=G1無いということで、返しに全く列を作れず前衛3体だけで殴るとかのダメダメ展開。
相手はココ再ライドから今度こそドローされ、トムを投げつつのダブクリ。
残ってたG2もほとんど持っていかれて、ドローエイゼルのLBもイマイチ。
返し、トリガー無ければ持つかな?というところでまたもダブクリ。万事休す。

3-1、準優勝。

ペリノアの相棒はガルモとエイゼルどっちがいいんでしょうねー。

ヴァンガード大会 

4枚でも200円かからないリーズナブルなイルドーナを使って遊んでます。

6/25

◆1回戦 ゴールドパラディン(エイゼル)
後手ジャベリンからのスタートを切ったものの、G3もろもろを抱え込みガードが不十分な間に殴りこまれて早々に5点。ヴィヴィアンのCBも2回くらい通ってしまってアドバンテージ的にもド不利。
イルドーナこそライドターンから使えるものの、こうなってしまうとトリガーに恵まれないと勝てそうにないなあ…と思ってたら、イルドーナが不要札を引き込んでからのダブクリ。
相手まだ3点だったので、6点目でしかヒールが許されず、5点目で出たけど不発で終わり。

◆2回戦 ゴールドパラディン(ヴォーティマー)
相手G1には乗り、G3こそ拾うも、G2に乗れずで効果による展開は不発。
その隙に付け込んでビートしてカード枚数的には優位を築く。
デューク効果でリアガードが開いた返しにダブルトリガーで手札を大幅に削ることに成功し、相手の戦線が崩壊。そこを耐え切って、返しのお願いガードをさらにブチ抜いて勝ち。

◆3回戦 グランブルー(バスカーク)
ダメージドロー2回、ドライブドロー1回、カットラス3回で6ドローされて、中盤までについたその物量差をイルドーナを用いても後一歩覆せず。
終盤はもうお願いガードを連射の皮一枚な展開で、最後に生まれたワンチャンスもその3度目の成功を前提としたものだったので、要するに何回分死んだか分からんようなゲーム内容でした。

デスフェザーイーグルがことあるごとにめくれて気持ちよかった一日でした。

7/2
プロモが変わってた。

◆1回戦 ジエンド(としくん)
先手ジャベリンもG3なく不安な立ち上がり。
しかし相手後1クリティカルがダメドローを呼び、ズレたツモでイルドーナがトップに来て事故解消し、さらにマーハCBで展開まで。色々かみ合う
その後もトリガーを呼びまくって2ヒール、2ドロー、1クリティカルだったかな?
イルドーナの効果もG3消費で2発打ち込め、ハンド13とかになってブン回った。

◆2回戦 ペイルムーン(ロベール)
初手カロンライド+G3バイヴカーのみといういわゆる負け筋。
さらに引くもの引くものトリガーで、ライド要員以外とドルドナ1枚を除き、ヒール3、クリ3、ドロー、なんてポーカーやってんじゃねえんだぞみたいな事態に。
さらにダメージでクリティカルが量産され、6ターン目くらいにはダブクリの勝ち筋も消失。
残るは相手のデッキ切れしかなく、ようやくそれが現実味を帯びた(相手のVが次から殴れなくなった)ところで、3列を再形成すべく手札のダーク&マクリールをコールしてしまうプレイングミス。
結果的にそのターンのドライブでダブルイルドーナをやらかして詰みという決着ではあったものの、それ以外なら残るどの組み合わせであっても、コールした2枚とでガードが足りていたため、まだ1ターンは猶予があった。
それでも最後までは持たなかったとは思うんだけど、考えなしに送り出したのはよくなかったね。



やっぱりFVがどぎつい。いわゆるシズク互換でいいからほしい
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
06« 2012/07 »12

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。