スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルアクティが届きました 

b8ukb.jpg


イェ~イ



関東csのキャンセル待ちも抜けたので、しばらく遊戯王やります!
スポンサーサイト

2/21 ヴァンガード公認 

野暮用があったのでついでに出ました。

今日も騎士王。

◆1回戦 マジェ
先攻
相手のぶれいぶをVギャラからの1万ガードで止めると、相手もVソウルセイバーに。
そうしてお互いにソウルセイバーがVに立つ展開。
ただゲームを通じて相手のトリガーは無駄ダメトリ1回だけで、こっちは3回くらいトリガーしてたのでその差で危なげなく。



◆2回戦 マジェ@グラさん
先攻
最初の相手アタックでクリティカルを貰うも、返しにVブラブレでぶれいぶ焼却。
そこまでは良いスタートを切れたものの、G3が実質12枚なのに1枚も来ていなくて、ブラブレが1ターンストップ。一応そのドライブで騎士王をすぐめくって誤魔化すと、相手は未完成のままのマジェで返してくる。
5点まで貰ったあと騎士王を乗せて、CB打ちつつブン殴りに行ったらなんとダブクリ。
3点からヒールチャンス1回こっきりのほぼ即死攻撃で終わってしまった。



◆3回戦 ロイパラ(ソウルセイバー)
先攻
お互いにぽーんがる効果でソウルセイバーを拾ってライド事故を回避しつつ、ぶれいぶで18ライン作るという完全にミラーな展開。
ただCBをそれ以外使えなかったこちらに対して、アカネ、ブラブレできっちりCBを消化した相手に流れを徐々に引き寄せられ、途中でまぁるがるを上手く仕込んでいた相手がソウルセイバー再ライドで効果。
死にこそしなかったものの完全に手札が壊滅して、返しに全ツッパもトリガー無しで届かず。
前のターンにこちらもまぁるを使っておけば、ツッパするところでちょうどソウルセイバー効果を打ち返せていただけに、流れを読めなかった。
後々のガードを考えて手札に温存していたものの、結局はガード値が足りなくてまぁるがるは死に札で終わってしまったわけで、ならとっとと仕込んでおくべきだったのかもしれない。

×

◆4回戦 不戦勝


3-1だったけど一番うまいとこで不戦勝だったので入賞からは圏外。


今日はこのところまるで仕事をしていなかったゴードンをクビにして、ランドルフを試してみたんだけど、相手のダークに対して、マロンと組んで19出してて地味に仕事してて面白かった。
全然気付いてなかったんだけど、ぶれいぶのサーチ効果を使えば手札が増やせるから、適用条件が若干緩くなるという微妙なシナジーもあるのね。

もう少し続投させて様子を見てもいいんだけど、今日のロイパラの人がやってたピン挿しマジェでダークも数枚って構築にもちょっと興味があるなあ。

2/20 ヴァンガード公認 

空席があったようなので滑り込めました。

勢いに乗って騎士王様使用。

◆1回戦 パーフェクトライザー
後攻
FVバトルライザーがV裏に入ったので、ライザー系が来るのかなと思ったら、普通にシャウト→キララ→インビンの流れ。
その間ライザーは棒立ちだったことでガード面でやや優位に立ち、攻撃面ではコンスタントに1枚ずつクリティカルをめくるという理想の攻撃。
ダメージとドライブでドローを3回トリガーされても、相手のハンドを空にして押し切り。



◆2回戦 シャドウ
後攻
ジャベリンスタートから、先2ターン目でダーク×3で攻めてくる。
手札がG2以上しかなくてこれを一つもガードできず、トリガーもなくで一挙3ダメを貰う不安な展開に。その展開されたダークをブラブレCBやアタックで削って返すと、相手そのままダーク維持。
2ターンのライドストップの間に致命的なアド差をつけておこうと騎士王CBを軸に手札消費を最低限にしながら詰めに行ったものの、めくれどめくれどG3で、手札二桁あるのに半分がG3、しかもイゾルデが届かないという危うい状況に。
いよいよ相手にもG3が届きはじめ、バイヴカー→ドラゴンと再ライドを経て完成。
そのへんで手札を全部ツッパって3列15で勝負に出られる。
こちらのダメージは4点で1つ通せるものの、ここにトリガー×2の最悪をめくられると負けも見えるガード値。ダメージに見えていたスタンドを考慮してか、先立ってRから殴りにきたので通してみるとドロートリガー。ツモったのが1万ガード!
この鬼引きでトリガー何枚めくられてもカバーできるようになったので、確実に負けないようにガードを消費して、手札の無い相手にトドメ。



なぜかこの時点で勝ち残りが俺のロイパラ以外全員シャドウという異常事態にw
かげろうはどこに消えたのか!

◆3回戦 シャドウ(ブラスターオーバーロード)
先攻
初手にG2なく、事故を覚悟してマロンぶれいぶで中央だけ整えておく。
案の定そのまま止まるも、Vの攻撃は確実に通しつつ、すぐブラブレをめくって立て直し。
そのままVセイバーぶれいぶ、R騎士王マロンと作って13ブラスターオーバーロードを迎え撃つ形に。
定期的にヒールがめくれてくれ、ライド事故分のアドは完全にカバーできたものの、相手はドゥームブリンガーガン積みで、なかなかトドメを刺しきれず長期戦に。
ライブラリアウトを狙うか、ダメージ勝ちを狙うか、判断に迷ったまま、相手残りデッキを4まで追い込んだものの、返しの攻撃を捌き切るのは難しそうな手札だったので、前衛退却からバロミ、まぁる効果とかやって23・18・18と作ってダメージ勝ちを狙って勝負に出る。
トリガーもついてきて、何とかガード追い越して勝ち。



◆4回戦 シャドウ(ブラスターオーバーロード)
後攻
相手初手ジャベリンなしも、こっちもG3無しで戦々恐々。
結局すぐ騎士王をトップして、安心すると、相手は直にオーバーロードから。
マーハペインターがいつ来るとも限らないので、18を作れるように動きながらライン作り。
この辺の調節が騎士王だとしやすいのがとてもやりやすい。
途中、ペルソナぶっぱされてイゾルデを使わされるも、上手いことダメージゾーンにブースターを送り込めていたためか、そのターンそのものはさほど難なく捌く。
ただその次のターンのV攻撃が、ドロー・ヒールでこっちのガードをブチ抜いてきて、そのターンこそダメージドローで何とか凌いだものの、返しに倒しきれず、6点目ヒールに賭けるしかない状況に追い込まれてしまう。
それを無効化されるクリティカル乗りだけは止めようとV攻撃はイゾルデでカット。
トリガーは無く、その後の攻撃を甘んじて受けると本当に6点目ヒール。
一番戦力の残るタイミングで生き延びてくれたため、返しの攻撃も万全の状態で臨むことができ、相手はその前のターンにこっちのガード値見切ってツッパしてたので、さすがにガード足りず逆転勝ち。



優勝でした、今日もトリガー運が強かったですね。

2/13 ヴァンガード公認 

ジエンドが4枚揃った記念にかげろう使いました。


◆1回戦 マジェ(ぐらさん)
後攻
0マリガンというアタッカーに困らない手札だったものの、相手のマジェの完成を見届けるに至ってなお1万ガードが1枚もないというおっかなびっくりな展開を何とか乗り切って、Vオバロからライド。
このターンのツインドライブがクリティカル+ヒールで、ダメージを一気に詰めつつ、自分は回復してマジェをもう1発受けても余裕がある状態に持ち直す。
続く相手の攻撃を受けると、クリティカルどころかトリガーすら乗らず、返しにVジエンド13000を乗せつつ、後ろバーの21000を立てる。
ダメージは既に詰めてたものの、トップがもう1枚のジエンドだったので、あからさまに効果を匂わせてRのブラブレを攻撃。ここに2万投げてもらい、ガード値を大幅に削る。
残るRの攻撃で相手のハンドを削り、その返しの相手の攻撃はバリィで安全に。
ドライブでガード値があんまり増えなかったので、返しで勝ち。

◆2回戦 ネオネクタール(トレイリングローズ)
先攻
初手ライド事故なしのジエンド2枚という理想的な状態。
G2グラスビーズに向けてジエンド+バーの19000で突っ込んで効果を打ち込んだまでは良かったものの、4枚めくってトリガーが最後にドロー1枚だけ。
ほぼ満月ツクヨミのスキルと変わらん感じで、イマイチな結果に。
返しの相手のトレイリングローズ効果+スタンドでそのアドバンテージは一気に持っていかれてしまい、終盤にはG3の溜まるこちらに対してヒールで5点から持ち直す相手と差は歴然。
最後のほうでバーサークを使いません宣言しながら持ってもないジエンドを煽って行ったものの、安定の完ガで凌がれて素直にCB使っておけば…みたいなプレミスもあってどうしようもなし。
最後に放ったお願いガードもヒールでブチ抜かれて終了。


ようやく思い通りの構築のできるプールが揃ったところで、プレイの難しさに直面。
特にCB管理。
ジエンド効果は浮いたとき限定で、従来の動きをしてくほうが俺には合ってるかも。

今のところ、騎士王のほうが安定して強い気がする、まあ慣れもあるんだろーけど。

2/11 ヴァンガード公認 

騎士王を復活させました。

30人スイス。

◆1回戦 マジェスティ
先攻
相手スターコールトランペッターでストップ。ぶれいぶサーチもできず。

◆2回戦 ペイルムーン
先攻
相手ニトロジャグラーでストップ。
なぜかたちかぜのスパークザウルスが出てきたのだけれど、それがペイルムーンでないせいで、パープルが機能しないターンとかがあって、混色の難しさを見せ付けられました。
たぶん、ソウルからの張替え時にブースターを無駄にしないって感じなんでしょうかね。

◆3回戦 オラクル(アマテラス)
先攻
序盤、ぶれいぶを前に出して早い段階から2列アタックを敢行し、クリティカルがついてきてダメージ先攻した展開に。アマテラスになるころには5点で、そこからもV攻めを続けることでブースターに回すべき札もガードとして消耗させることに成功。
前衛だけのラインになれば騎士王でもガードはラクなので、適時対処して押し切り。

◆4回戦 かげろう(オバロ)
後攻
ぶれいぶを中央下げしてブラブレでネハーレン相手に突つき、1万ガードを誘う。
ただそれを狙うためにぶれいぶを中央に配置したために、騎士王Vの後ろでぶれいぶが以後最後までニートし続けてしまったのがちょっとミスだったかも。
展開のほうは相手がG3ターンからオバロ×3で展開。その後のチェックでベリコやバーニングホーンなどばかりが目に付いたため、Vだけをひたすら攻め続ける作戦に。
ジエンドになられるときつかったのだけどそれはなく、そう時間もかからずガードにカードを2枚使う展開になりそすなところ、1枚しか要求できないソウルセイバー+まぁるがるの14000列が若干足を引っ張る。
そんな中で、V騎士王の攻撃に2枚トリガーで貫通するガードをされたところで、1枚目がドロートリガー。
相手の手札的に、横に乗せたところでただ通されるか、軽く凌がれるだけだと思われたので、貫通狙いで真ん中乗せたら2枚目がクリティカル。理想のトリガーで勝ったと思うも6点目ヒールで凌がれてしまう。
返し間も無く今度はこっちが息切れしてしまうも、6点目ヒール返しに成功!w
それにひよった相手がこちらのリアガード殲滅に注力してくれたおかげで、実はヒールしててもガード足りなかったターンを何とか誤魔化すと、トップが騎士王。
場に残っていた間に合わせのまぁるがる×2を掃除しながらラインを上げて、ヒールで回復したCBでその穴を埋め、場を作り直して切り返したところで今度こそ相手打つ手なし。


優勝。


勢い梯子。
27人(?)ダブエリ。

◆1回戦 マジェスティ
先攻
先攻でギャラティンを構えて相手のブラブレ+ぶれいぶを迎えるも、そこまでに1万ガードを引き込むことができず、2枚投げたらさすがにアド損だしなあとスルーしたことで、マジェをサーチされてしまう。
結局そのままマジェに完成を許してしまい、マジェが殴ってきたあと、相手のRはこっちのRしか狙ってこない定石を前にCBもヒールの条件も満たせず、2度の不発を経る最悪の展開。
息切れする前に仕留めきらないとと、列を整えて勝負に出るも、こっちトリガーなし、相手ヒールトリガー(発動)…。万事休す。

◆2回戦 ふせんしょう

◆3回戦 かげろう(オバロ→ジエンド)
後攻
順当にライドを進められ、13+ゴジョーの20000に襲われるも、2列止まりな上にもう1列はキンナラ+ヒートネイルという貧弱な展開。
ダメージで受けながら手札を温存しつつ、こちらは最低限13000、大体18000以上の列を作って絶え間なく攻撃を続けていく。
3列目のオバロCBに前線を崩され、キンナラに後衛を崩されでリアガードが綺麗に壊滅したところで、残った札がソウルセイバー。
ソウルがあるものの2体しかRがなく、列も作りきれないってところでトップが騎士王!
セイバー再ライドから効果で打点上げ、騎士王で一気にラインを作り直して総攻撃。
相手に受けきれるハンドはなく、ヒールもなくて勝ち。

◆4回戦 シャドウ(ブラスターオーバーロード)
後攻
ジャベリンに乗られてしまったものの、下がれるFVなら確実に1点。
そこからブラブレぶれいぶは1万ガードされるものの、めくれたクリティカルを乗せた横のアタックが通ってダメージで先行する展開。
ナイトメアペインターで3ターン目で13000を達成され、後ろにカロンを置かれて21000になるも、ハンドにイゾルデが溜まっていたので注意深くそこは捌きつつ、騎士王の効果で整えた18000ライン×3でV攻め。5000ガードで済むターンを許さなかったことで、相手のハンドが先に切れてくれて勝ち。


2-1-不戦勝1でした。

相変わらずの安定感。
危機感を覚えていた13000にも善戦どころか五分に渡り合えたし、さすがの騎士王。
今はブラブレぶれいぶを相手が警戒してガードを使ってくれるのが凄く面白いです。

2/6 ヴァンガード公認 

ネオネクタールでメインクランとどこまでやれるのか見に行きました。


◆1回戦 マジェ@グラさん
後攻
FVを前に押し出して2パンにかかるとクリティカルが乗って3点。
返す刀でブラスター効果を貰って…と思ったら後のペッターのためかそれはなく。
返しにまた攻め立てて4点としたところでG3マジェが完成。
ただ序盤から攻め立てた影響に加えブラスターの吸収によってかなりリソースを削れており、トリガーも目立ったものがめくれなかったため、そのスキにVを殴りきる。
お互いトリガーが少なく、とくにヒールがなかったのが功を奏した感じ。

◆2回戦 オラクル(アマテラス)
先攻
ツクヨミのスペリオルに成功された返しに、やはりFVを前に出して2パン。
今度はトリガーこそ乗らなかったものの、FVにガードを使ってくれ、返しに殴ってくれてFVに十分な仕事を果たしてもらう。
そのままG3まで持っていくものの乗せたのはローレルのほう。
ただ相手もVアマテで、こちらのRのローレル+カローラが活きる10000のVで五分。
次のターンにめくったトレイリングに再ライドすると、相手は効果を警戒していたのか、慎重なガードを繰り返していく。
おかげで隣のグラスビーズや2万ラインが活き、スキルを使ったり、トリガーを集中させて更なるガードを求めたりでアドバンテージを広げることに成功して、押し切り。

◆3回戦 マジェ
後攻
後攻1ターン目にFV前出してビートをかけるも、片方がトリガー乗らないと通せず、もう片方が5000でガードできるラインで、全く上手く通せずに0点止まり。
欲をかかずにFVを中央後ろに下げて、確実に1点だけでも通してくべきだったのかも。
結局この序盤のモタつきが響いて倒しきれず、Vがまたしてもローレルだったこともあって、マジェ相手のガードに追っ付けませんでした。



ベスト4。まあ十分といえば十分だけど、もう1個行きたかったですね。
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
01« 2012/02 »03

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。