スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/23 魔界王決定戦 

多分魔界王はラスト。

◆1回戦 ペイルムーン(ロベール)@グラさん
珍しく先攻。
お互いジャグラー→ケルベロス→ロベールまでのライド順と、チェック・ダメージでの腹ペコピエロ、ヒールトリガーまで完全に一致する序盤。その後のトリガー数も同じような感じで接戦を続けたまま最終盤へ。
ソウルこそ二桁だったものの、ありすの効果を使いさらにヒールを引ききってCBの表返しが期待できないこちらと、こっち2体の後衛に対し確実にフルブラストを打ちに来たグラさんとでアド差もトントン。
一番はじめに根を上げたのが互いの山札で、残り7くらいで俺のターン。
ヴァンガードはルール上「デッキの底が見えた瞬間に負け」なので、0になったらアウト。
ロベールをVに据えている関係上、ドロー・ソウルチャージ・ツインドライブで1ターンに消えるデッキ枚数は基本4。
ただしツインドライブに限り、Vで殴らないことを選択すれば回避できるものの、Vで殴らないというのは基本的に大きく攻め手を欠く行為でとても倒し切れなくなるため、実質最後のアタックみたいな状態。
トップ確認はクリティカル(ラストトリガー)と条件は絶好であったものの、凌がれる。
負けたかと思いつつターンを返すと、グラさんのデッキトップはしばし悩んで上。
結果的にはそれがドローで、その+5000によって殺しに来たところをこちらも凌ぐ。
ドローによりデッキが1枚減り、グラさんの残りデッキは2。
一方、こちらは返しにドロー・チャージを経ても残りデッキ1で踏ん張る。
ターンを返してグラさんデッキが0になり、ギリギリで勝ち。

後々検証したらドローを下に回してデッキの保存を優先して動かれていたら、ガード枚数的に返しにダメージで勝つことは絶対にできなかったので、先にデッキが切れていたのはこちらだった模様。
お互いデッキの底を意識してのプレイははじめてだったので勉強になった。

◆2回戦 ペイルムーン(マンティコア)
先攻。
お互いジャグラースタートから、こっちロベール、相手マンティコア。
相手、手札がG3まみれであったためか序盤からダメージが先行し、さらに早い段階から完ガも使ってもらえたものの、その分をドローで補われてアドはトントンといった進行。
後ろにバニーからのV20000に苦戦する流れが続くも、おなじみロベールのフルブラストで後衛を消しつつ、ガードに手札を使わせたことで、相手の後衛はV後ろのターコイズだけに。
しかしそのV22000に対し完ガを持つことができず、さらに公開情報にクリティカル0枚。先日の悪夢が頭をよぎるも、覚悟を決めてスルー。
今回はクリティカルの被害にあうことはなく、凌いだ返しに殴りきり。

◆3回戦 スパイク(ジャガマキ)
後攻。
初手G3がありすのみで悩んでキープ。
ロベールには恵まれずありすをVに据える一方、相手はG2パンサーで2ターン。
しかしダンやデビルサモナーで確実に3列形成し、出てくるのもブラッキーやマリリンと無理をしないカード。前衛サイクロンブリッツでR15000をきっちり構築され、唯一の穴がダンパンサーの14000くらい。
そこを上手く凌ぎながら事故の間に倒しきるべくV集中打を浴びせていくも、5点(表2)で止まったところでG3ジャガマキ登場。
そこからブラッキーSB・ダンCBを絡めた4連打に、よりによってダブクリが乗っかってしまい、それ以外なら凌げた状況(ダメージ4・完ガ1枚)を突破されてしまい、死亡。

パープル引いたので真の魔界王でした。
スポンサーサイト

9/20 魔界王決定戦 

台風にもめげずにいく

5回戦スイス
使用:ペイルムーン

◆1回戦 スパイク(ダイバー)
先攻。
ほとんどトリガーに恵まれてないのにも関わらず、相手はソウルブラスト効果をガンガン使ってくれて、それでいて攻撃対象はこっちのRとか。どうぞどうぞって感じでアドを稼ぐ。
その割にこっちがRを殴りにいったら、ガンガン1万ガードを出費してくれる。
こっちのダン効果を使わせたくない目論見とかみ合って流れは完全にこっちに。
おかげで終盤は「こっち手札10枚です」なんて余裕なターンすらも。
加えてフルブラストをカマして、反撃の芽も潰したところで殴りきり。

◆2回戦 ペイル(マンティコア)
後攻。
相手G1で1ターンとまるも、ダメージにドロー連発でイーブンな感じに。
こちらはありすから1ターン遅れてロベール再ライドし、トリガーを掘りにいく。
相手も1ターン遅れでマンティコアになり、クリムゾンをピンポイントチャージ。
そこからのV22000をどこで止めるか悩んで、1ターン早く完ガを消費。
その返しに倒しきれず、いよいよ完ガ無く4点圏で22の対処を考えるターンに。
ここで公開情報を確認するとクリティカルの姿がなんと0枚。
嫌な予感がしつつも通したところで、よりによってダブクリw
止めてようがどっちにしろガードが足りなかったというオチで、負け。

◆3回戦 ペイル(マンティコア→ロベール)
先攻。
こっちのバイコーンに対してジャグラー。こっちのケルベに対してミラー。
G3ロベールまでこっちダメージ0という奇跡的な進行。
トップヒールを下に戻しながらドローを当てて場を作り、相手の手札を削っていく。
こっちはダメージを通す余裕がありまくりなのですぐ大きな手札差に。
そのへんで相手がロベール再ライドからのフルブラスト。
からのダブルドローで1ターン延命され、もう一度ダブルドローまで叩き込まれる。
が、反撃ここまで。

◆4回戦 ダクイレ
先攻。
相手ヴァーミリオンゲートキーパーで2ターンストップ。
最後はプリズナービースト相手にありすバイコーンを見せて詰み。

◆5回戦 ペイル(ロベール)@グラさん
後攻。
初手にG3無く、1点目ダメージがドロー→ドライブヒールともらってすさまじいアドをとられ、その間にこっちはG3をダメージに1~2枚送られたので、こりゃ無理だとG2を突っ張ると、案の定ありすループでRをボコられて絶望的状況に。
が、そこからトップロベールで何故か息を吹き返し、五分五分まで持ち直す。
終盤、相手のVロベールをトリガー1までセーフなガードで応じると、両方V乗せの賭けに出られ、それがハマって負け。既に見えてるトリガー8~9枚あったのに、よくやったもんだw


3-2。
ようやくペイルの真の苦手とするものが見えてきた感じ。

9/18 魔界王決定戦 

交通費かからん範囲なら積極的に出て行く構え。

32人ダブルエリミ。

◆1回戦 ペイルムーン(ありす)
先攻。
初手ロベールありでライド事故もなく進む…はずが、チェックやらドローやらでことごとくG3を引き続け、気付けば7枚全部引ききる最強状態に。残りもG2ばっかり。
せめてありすでソウルにある後衛を引き出そうとするも、当然通してもらえず、返しにはありすを目の仇のごとく叩かれる。まあこっちはG3まみれなので、喜んで通しては次のターンに出しなおすといった感じでガードを浮かしつつ、ありすを少しずつ消化していく。
中盤にロベール再ライドからの1ターン早いフルブラストで、相手の序盤からあったG1×2での一列ごと、4体のユニットをソウルに吹き飛ばし、大きく流れを引き寄せる。
唯一残った前衛リアガードも削った結果、相手リソースはVと手札2~3枚のみに。
それでも2列作り直した相手に、最後のロベールを切りながら催眠術師を投げて詰み。
なんやかんやでG3を全部使いきれて満足した。

◆2回戦 ダクイレ(アモン)
先攻。
順調にロベールまでライド、18000ラインを作ってG2アモンやらを処分しながらアドバンテージを削る…ハズが、ほぼ毎ターンスタンドされ続けて風向きが怪しく。
一方のこっちはヒールクリティカルがダメージとソウルでほぼ見えきって難しい展開。
それでもフルブラストで後衛をかき消し、催眠術師1枚握って2ターンにかけての詰めに向かうも、一番大事なところでこっちトリガー無し&相手1ダメ目でトリガーという最悪のパターンにハマり、返しのアモン26000が止まんなくて負け。

◆3回戦 ペイル(マンティコア)
先攻。
Vマンティ+バイコーンの21000が脅威的で、そこをしぶしぶ通しながら横を止める展開。
ロベールが要所でトップヒール、トップ催眠術師といい仕事をしてくれて、相手がリアガードを全部埋めたところで本日3回目のフルブラスト。
そこまでで相手はだいぶガードを使っており、またチェックでG3を何枚かめくっちゃってたためラインもガードもそれ以後ガタガタ。そこにこっちのダブルトリガーでダメ押し。

◆4回戦 スパイク(スカイダイバー)
先攻。
初手G3無し。支配人がいきなりロベールを吸い込んでしまい万事休す。
さらに相手がG1G2で連続クリティカルで泣きっ面に蜂。
もうG2だけで詰めに行こうと決心して全部ツッパった矢先のチェックがありす。
手札に1枚だけ残ったそれを眺めながら心中。


2-2、5回戦できずに敗退。
まあパープル引けたんで勝ちといってもいいと思います。

9/17 ヴァンガード大会 

16人くらいスイス、ロイパラで。


◆1回戦 たちかぜ(キャノンギア)
先攻。
相手G2キャノンギアで止まってくれたものの、素のパワー11000に後ろソニックノア。効果コミで21000で毎回殴りつけてくるという、見た目だけなら最強クラスのVに。
そこに毎回のようにヒールドロースタンドとトリガーを乗せてきてひじょーに不味い展開ではあったものの、1ドライブに加えて手札消費の荒い相手のプレイングに助けられて、結果的には余裕の押し切り。

◆2回戦 ノヴァ(ゴールドルチル)
後攻。
バトルライザースタートから順当にG2になったあと、ルチルをVに据えてからRにアカネ。みるびるを中央後ろに持ってきて場を作りつつ、ルチル効果でノーコスト化したドロイドが突っ込んでくる感じ。
不安定なノヴァをうまく安定させていて、構築上手いなーと思いながらプレイ。
対戦のほうは相手ダメージ手札共に4のところに、こっちのV騎士王アタック。
完全ガードを受けたところにダブルクリティカルが乗っかって両RがCT2に。
残る相手ハンド2が完ガ+コストで絶妙にかみ合ってしまい、そのまま2ダメが通って勝ち。ダブクリ以外なら少なくともそのターンでの決着はなかったはずだから、そこまでまともなトリガーはなかったとはいえ、さすがに運ゲーしちゃった感じ。

◆3回戦 ロイパラ(騎士王)
後攻。
お互いどらんがるからスペリオル1回成功を経てお互い騎士王にライド。
ここから、2点止まりで騎士王CBが使えないままツインドライブで騎士王×2をめくった相手と、返しに騎士王即効果からツインドライブでヒールクリティカルした俺、であまりにもくっきり明暗が分かれる。
最終的に騎士王2回スムーズに使い、どちらでも前衛を補充して場とガードを固めまくったこっちが、相手の1ターン遅れの騎士王とブラブレをものともせず物量差で押し切り。

◆4回戦 オラクル(アポロン→アマテ)
後攻。
初手ソウルセイバー、ぽーん、バロミ、G1ガラハ、ギャラ。
セイバー周りを戻して騎士王引き込むかしばし悩んで、ノーチェンジスタート。
結果的にはG3ライドターンのトップデックが騎士王で、これをVに据える。
G3が3枚いた中で、G2から先に消化していったために手札のガード値がツインドライブ次第、みたいなターンを挟むものの、ダメージは全部ライフ(とインターセプト)で受ける!って感じで何とかごまかしていく。
結果、5ターン目くらいにはお互いダメージ5:5とかで最終盤みたいな様相に。
そこからお互いヒールをめくりあって長引いていくも、CBをきっちり使いきれたことと、バロミを死守し続けたガードの二つが効いたらしく、ガードが足りずVを素通しせざるを得なかったところに待ち望んだアラバスターオウル。

4-0。
前回の5-0もここだったので、奇跡の連覇!(ただし賞品なし)
ぐぬぬ…。


終わった後はいつもなら即梯子だったんだけど、いつもの面子がみんなEXP4漁りでぐでぐでだったので、俺もそのへん見ていきたかったしで、それに付き合う感じで大会スルー。
代わりにカードショップを回って珍しくいろいろ買って解散しました。

ひょんなことから 

インタビューズとやらをはじめさせられまして、四苦八苦しております。
http://theinterviews.jp/hata573

質問するにもアカウントがいるらしいんですが、ひとつよろしく。

9/12 ヴァンガード大会 

一般のはまだvol.2なので覇気があがらない。

◆1回戦 ロイパラ(バロミデス)
後攻。
G1ガラハドにスペリオル成功しつつ、チェックでドローという快調な滑り出し。
アドこそ有利だったものの、そこから2連クリを頂いていきなり5点からV騎士王。
殴れない覚悟でV騎士王でゴードンを呼んでみたりで何とかダメージを抑えつつ、少しずつダメージを取り返していく。
最終盤、相手R騎士王を使い忘れ、ガードがギリギリ足りる。
返しにやっと出たこっちのクリティカル。ヒールの芽を断ち切って接戦をものにする。

◆2回戦 ノヴァ(ドロイド)
先攻。
G2スペリオルに成功しつつ、ヒールをめくってダメージ1の段階でV騎士王まで進めるも、他に一切の前衛無し。
おかげで相手Vダンプティに対して、ちょろっと後衛だけ見せておいての14000攻撃という醜態を見せるハメに。
まあおかげで返しの攻撃が騎士王に集まったので、騎士王効果からのゴードンにバロミデスを足して、手札には1万ガード大量と強い場に。
相手はドロートリガーをダメージで1、ドライブで3とめくりまくって来たものの、それでも1列まるまる空席のターンが続いたためガード負担は軽く、間にソウルセイバーのぶっぱを挟んだことで、手札枚数自体はむしろこっちのほうが多かった感じで。
終盤、アシュラに再ライドからしっかりG3をめくられたものの、全力V攻めでなく途中からRのバロミ攻めに転じてくれたため、返しに場を作り直して詰み。

◆3回戦 ロイパラ(ソウルセイバー)@しぐくん
後攻。
相手先攻スペリオル失敗からの、中央ばーくがるコール!
こっちがトリガーばかり握ってる中でRふろうがるにボコられ、V騎士王はまともなサイズを作れずソウルセイバー2連ライドでぶっぱまで頂いたらさすがにどうしようもなかったw
完全に全盛期のロイパラを見せ付けられました…w


そのままばーくロイパラが優勝。
決勝にいたってはスペリオル成功+先攻ばーく+V騎士王という魔人がいた。
強すぎワロタ。

9/9 魔界王決定戦 

パープル探して三千里。

◆1回戦 スパイクブラザーズ(スカイダイバー)
先攻。
順調にライドしていくもこっちのVありすが若干の不安要素。
しかしG2ターンのRミラーデーモンの効果でバイコーンを後衛に持ってこれていたので後衛に困ることはなく、11000Vに対しても16000以上を維持しながら殴りこんでいく。
中盤、1枚1枚が大事なところでダブルドロートリガーを獲得したことで流れを完全にこちらへと傾け、返しをターンを潤沢な手札から完全ガードを2枚投げて凌ぐ。
トップしてきたロベールに再ライドすると、トップ確認がヒール。勝ち。

◆2回戦 ペイルムーン(マンティコア)
後攻。
相手G3マンティコアからクリムゾンを差し込むも、後衛一切なし。
こっちは場をバニー・バイコーンでしっかり作りつつ、Vもロベールでクリティカルと相当好調な滑り出しを見せていくも、そこから相手のドロー&クリティカル、ヒール&ヒールで気付いたら形勢が逆転。
決めるターンにしっかりテイマー姉妹を並べられてガード1枚足りず、詰み。


ドロートリガー引きました。
でもこないだツモったディザスターに色つけてパープル1枚だけゲット。先は長い。

9/6 魔界王決定戦 

ペイルムーンで参加。

平日にもかかわらず32人(当日枠からの抽選漏れが16人以上)カンスト。
とんでもねえや。

◆1回戦 スパイク(スカイダイバー)@グラさん
最初からクライマックス。
後攻。
Vスカイダイバー・ダンのラインを軸に、ジャガマキ、パンツァーゲイルを2体のワンダーボーイで確実に支援する磐石の場に対し、こちらはストレートにVロベールまでは擁立したものの、後衛が一つも無い。
結局ケルベロス・ありすを出すだけ出して、殴れるG2だけ小突きつつ、11000に対してはトリガー任せ、という悪戦苦闘する展開が続く。
なんとかロベールのトップ操作によってドローを頻発できていたので、それでのらりくらりとゲームを成立させながら、5点を受けたあとのジャガマキ効果を完全ガードで凌いだ返し、ロベールのフルブラスト!
完全にもう一つのその効果を失念していたらしく、後ろのワンダー・ダンを吹き飛ばされてラインがガタガタになるグラさん。そのへんからお互い長考が増え、結局時間切れで決着。
ダメージ差の判定はフルブラストの次のターンを凌いだところでトップヒールを確認・発動させていたこっちが1点だけ有利だったので、こっちの勝ちでした。

◆2回戦 スパイク(スカイダイバー)
先攻。
相手の立ち上がりがダンだった上に、ダメージでもダンが1枚見えたので、もういないかもしれない、と早い段階からダメージを3まで進めてみる。
結局ハンドから3体目が出て来て、デビルサモナーがブラッキー呼んできてで盛大に殴り返され、続くG3ターンでもハンド・ソウル使いまくりの連打を受けてこっちがG3になるころには既にダメージ5。
挙句の果てにライドしたのがありすと来てはさすがに勝ち目が見えないというもの。
手札の薄い間に攻めては見るものの、どう見ても耐え切れないターンを迎える。
しかし少し考えた結果、「Vスカイダイバー15000のアタックを1万ガードし、相手がトリガーをめくらず、続くRの攻撃を1つ通して6点目ヒールをめくる」というパターンでなら唯一生き残れることが判明。
実行するも相手はきっちり1枚目にヒールトリガー(不発とはいえ)をめくる。
終わったと思いつつ平静を装いながら対象を訊ねてみたら秒で横宣言。生きる。
続くRの攻撃を通すと「お菓子なピエロ」って書いてある。マジで1ターン耐え切るw
返しにVで殴りに行くとノーガード。1枚目にクリティカル。
俺のほうが動揺しつつも逆転勝ち。
う、運ゲーwww

◆3回戦 スパイク(ワンダーボーイ)
後攻。
相手G1ワンダーボーイでストップ。
こっちG2バーキングケルベロスでストップ。
お互い苦笑いしながら横みたらなんか支配人で殴ってる卓とか見える。
本当に上位卓かよここwとか言いながら和気藹々。
相手がダンでスカイダイバーをRに出す中、こっちはバニーでロベールをRに。
真ん中のグレードは2以下なのにお互いよくやる。
結局そのロベールがバイコーンと作った18000ラインがワンダーボーイに対して非常に強力で、そこにクリティカル2枚ドロー1枚と鬼のようにチェックを続けたこっちの勝ち。
う、運ゲーwww

◆4回戦 ダクイレ(アモン)
後攻。
ダクイレに対してはとにかくリアガード徹底アタックでアドバンテージを使わせれば勝てる、と自分なりに考えていたのでそれを実行。
やはり効いていたようで最後までリアガードが埋まることはありませんでした。
今回もVロベールが非常に仕事をしてくれ、見たカードを下に戻してはトリガー、というターンを毎ターンのように繰り返すことで相手のリアガードを削っていき、唯一驚異となる20k超えのアモンは完全ガードで弾く、という思い描く理想の展開を押し付け続けて勝ち。

◆5回戦 ペイルムーン(ありす)
後攻。
決勝卓でペイルミラーマッチ。
相手はテイマー姉妹全切りだったそうな。
こっちはG1で1ターン止まってしまい、その間にバニーに暴れられてG3に追いつく頃には既にダメージ5。
今度は相手のダメージは1止まりで、返し手を作るリソースも絶望的。
ヒールを1枚めくって4点に回復するものの、返しの展開に対しガード足りず。
再び受けた5点目がドロー、ヒールをドローしてガードが足りて1ターンだけ延命。
しかしトップデッキ・ソウルチャージがどっちもヒールトリガーでヒール全滅。
クリティカルも見えきっていて、さすがにトリガーゲーの命運も尽きました。


4-1、決勝落ち。
勝ち負け考える大会ではないにしろ、これは悔しい。
ホーリーディザスタードラゴンはかっこいいですけど、やっぱパープルが欲しいね。

9/3 ヴァンガード大会×2 

世間的にはけーあいさんの誕生日ですがかまわず行きました。


21人スイス

◆1回戦 ロイパラ(ガラハッド)
先攻。
相手G1事故(というか、ガラハドを優先すべく意図的にライドを遅らせる)。
その間にこちらは順調にライドを進め、Vに騎士王を擁立して殴りかかる。
相手はガラハドルートをあきらめたものの、結局G3は9000のガラハッド。
加えてトリガーが乗ってVに攻撃が通らなくなったとたん、まだ殴りにいけるリアガードがあったのに攻撃終了でターンエンド、など見るからにテンパってる感じで、まあゆうゆうと殴りきり。

◆2回戦 ノヴァグラップラー(インビンシブル)
先攻。
G1の後攻初手から3列、こっちのダメージトリガー乗りをまったく考えずに攻め立ててくる相手に、実際トリガーを乗せることができずダメージが蓄積していく。
しかし焦らず堅実にその攻めてきたリアガードを殴り返して攻め手を再び手札から呼ばせる、という展開でG3まで進んでいく。
相手はその間に4枚程度のカードをこちらの攻撃で失っているため、三度並びなおしたころには手札は既にツインドライブ分しか残されておらず、こっちはVこそバロミだったものの、Rの騎士王で場を増強。
カード枚数だけで見れば大きな差に。
唯一ダメージだけが気になっていたところ、ヒールトリガーのおかげでダメージにも余裕が出てきて、騎士王2度目の効果を打つ頃にはほぼ詰みといっていい状態に。
ダブルトリガー両Vくらいしか恐い部分がなく、それもなかったので勝ち。

◆3回戦 オラクル(アポロン)
後攻。
G1で1ターンストップしたのが大きな差に。
セキュリティガーディアン(8000)に対して騎士王18、Rギャラ・マロ18、バロミ・リアン20と防ぎようのない攻撃を浴びせかけ、G3になる頃には相手ダメージ5。危なげなくそのターンを凌いで、返しにトドメ。

◆4回戦 ロイパラ(ブラブレ)@グラさん
先攻。
いち早くV騎士王を擁立し、相手のブラブレに対して後衛の居ない打点の都合でR>R>Vで攻めたところのツインドライブでクリティカル。5点与えたところでG3ライド無し。
そこからヒールやら手札の1万ガードやらで2~3ターン粘られる。ただまあそのガードに手一杯な上、G3は最後まで来なかったので結局といったところで。

◆階段崩れず5回戦 ロイパラ(ガラハッド)
先攻。
こっちはストレートにG1、G2とガラハドスペリオルライド成功。
しかしG3が無かったのでその間にリアンで回しまくってなんとか騎士王を引き込む。
一方相手はスペリオルの回数こそ劣るものの、きっちりG3ガラハドを立ててくる。
こっちライド要員以外はG0G1しか引けておらず、やむなくマロン、エルフ、リアンでラインを作って間に合わせの攻撃に向かってみるものの、11000が強くて通らない展開。
しかし相手もといぷがるが居るわけでもなく、ソウルが6枚に増やせるわけでもなくで、ただの11000が殴ってくる感じで助けられる。
騎士王効果でゴードンを呼び、Rをつくりなおしながら殴る中で、ヒールトリガーが一つ。
上手くダメージを調整し、騎士王効果2回目を使う頃には序盤のG1攻めが嘘だったかのように場が安定する。
相手、起死回生のソウルセイバーで詰めに来るも、その頃にはイゾルデを2枚握っていたので危なげなく返し(ただスタンドトリガーが入ってたようなので、それめくられるとまずかったかも)、Vのサイズが10000に下がったところにトップバロミデス。いきおい騎士王にも全力出してもらって総攻撃、勝ち。

5-0。
これといって順位は関係ない大会でしたがデッキに満足。


活躍の無かったエルフを、活躍しまくったリアンに全とっかえして梯子。
32人スイス。人大杉で空気が淀んでて酸欠で死にそうだった

◆1回戦 ダークゾーン対応G1速攻(サモナー)
後攻。
FVメカトレで、G1比率を増やしつつG2サモナー、ブラッキーで押し切る感じのデッキ。ゲマで居た方で珍しいデッキだなと注意深く見ていたことで、初見殺し的な罠にはかかりませんでした(少し残念)
こっちはG1、G2とスペリオルを決めてライド事故を回避する嬉しい初動。
相手はVサモナーで、サモナーが連鎖、全て効果成功とイヤな雰囲気に。
さらにサモナーの後ろはワンダーボーイで、15ラインをきっちり作って来る。
こっちのハンドにトリガーは0、確実に守るには2枚以上切る必要がある…と割と苦しい展開ではあったものの、ツインドライブではない以上トリガー率は低く、加えて後続はどうしても弱くなるわけで、毎度おなじみの騎士王効果でアドを取り、7000のVということでギャラ・マロンでも十分な火力があるということで、なんとか押し切り。

◆2回戦 オラクル(アマテ)@たつるくん
後攻。
初手の騎士王バロミをキープしてニヨニヨしてたら、ドローが2連バロミ。
さらにチェックで騎士王をめくって…と、あれよあれよのG3×6枚。
スペリオルには早々に失敗し(これはお互いだから別にいいんだけど)アドも補充できず。
場こそバロミマロン×2に騎士王と超強いもののガードが絶望的。
相手は堅実にRアマテ・ジェミニ×2、Vアマテ+7000と高火力で殴って来て、どっちが先に死ぬかといったところでドロートリガーめくられまくったこっちが先に死んだ。

◆3回戦 オラクル(ツクヨミアマテ)@グラさん
後攻。
初手バロミをキープしたらマリガンで3に。カットが甘かったか…?
その後もスペリオルやCBでイマイチアドを取りにいけない俺を尻目に、スペリオル成功、ダメージトリガードロー&ヒール、アタックトリガークリティカル&ヒールとやりたい放題してくるグラさん。
さすがに無理でござる。

◆4回戦 オラクル(ツクヨミアマテ)
後攻。
相手スペリオルG1をミスし、G2半月に手札ライド。
その後出てきた満月は9000止まりのまま、効果を使うこともできずに早々にアマテに再ライドされる。
おかげで手札が足りないのか2列止まりで殴ってくる相手に、騎士王&バロミ2にクリティカルやらドローやらを乗っけてしまう俺。さすがに。

◆5回戦 たちかぜ(デスレックス)
後攻。
序盤にダメージをもらい、騎士王効果&手札コールを経て、3ターン目の場が
ゴードン、騎士王、ゴードン、後ろにマロン、リアン、マロン。
手札にバロミデスをキープして、リアンで不要なドローは弾く、と思い描いた理想の展開。
早々にスペリオルを失敗したのにもオマケがつくような場を作れてさすがに負けず。


3-2。
意外とソウルセイバー無くてもなんとかなることと、ぽーん抜きのライド事故の不安を補って余りあるほどリアンが強いということがわかってよかったね。

負けが込んでるのがツクヨミオラクルなので、ちょっと考えていきたいところ。
しかしじゃんけん弱い。前半4-1したのに後半0-5で結局負け越した。

YGO48総選挙とやらで24位になってました 

1/3
http://ameblo.jp/momoleon4u/entry-11004066103.html
2/3
http://ameblo.jp/momoleon4u/entry-11004072599.html
3/3
http://ameblo.jp/momoleon4u/entry-11004317843.html

だれだよこんなに俺に票入れたやつ
ありがてぇんだけど(テンプレ)

いやー、発表を焦らしてリアルタイム勢をうまく盛り上げてみたり、
そもそもこの企画を発案するってこと自体が奇才だよね、さすがももさん!
楽しかったです、ありがとうございました。


ちなみにおれはごんぶとり遊戯に入れました。が、案の定ランク外!(笑)
同じような考えを狙うのであれば、メジャーなカイザー海馬で攻めるべきだったか…。


さて9月です、新制限らしいです。
が、正直ぜんぜん対戦してなくて、リアルは当然禁止カード入りっぱ。
さすがに「開闢の使者」を探さないとかそういう怠慢まではしてないものの、
新環境最初に何のデッキから入るか、思案したまま止まってる感じです。
必要なカードは揃ったし、トップメタと名高いTG代行か、
好き嫌いに素直に引き続きカラクリやらカオスやらスクラップを続投か、さて…。
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
08« 2011/09 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。