スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水杯のお手伝いしてきました 

中盤までの鯖貸しと、運営手伝いやらなにやら。
前回チーム戦にルール質問がめちゃくちゃ多かったのを見ていたので、今回は増員したほうがいいのではと息巻いて手伝いに介入したものの、そのルール質問が驚くほど少なかったので、とってもラクでした。
加えて上位の半数くらいに黒字(観戦可能)の方が居て、大変助かりました。
ET突入を直に指摘できたり、ジャッジングにあたって現場をすぐ目視できたりと、運営視点では黒字は至れり尽くせりです。

浸透してるかは大変怪しいですが、黒字にできる環境の人は絶対にしたほうがいいと思います。観戦可という所以外にも「デフォルトサーバの状態に左右されない」というメリットもありまして、仮にサーバが落ちても対戦続行可能ですし、大人数が対戦しているときのソケットエラー率も大幅に下がります(多分)。

一方、些細なことでゴネて相手のシングルロスを狙うような振る舞いを見せた輩が居たのは少々残念でした。賞品も出ないような末端の大会でやるようなことじゃねーだろと、ちょっと薄ら寒いものを感じましたね。
スポンサーサイト

7/30 ヴァンガード大会 

書いてなかった。

32人スイス、使用はスパイク(借り物)

◆1回戦 ノヴァ(ドロイド)
後攻。
ストレートにG3ジャガマキまで行けて、相手ハンドが少ない間にダメージも5点。
返しにSB効果で詰められそうかなってところでツインドライブがヒール&スタンドで場が壊滅+ガード大幅補充で一気にひっくり返り。そこから返そうとするもまるで追いつけず。

◆2回戦 ロイパラ
後攻、ばーくがる中央から効果というお決まりの立ち上がりにこっちG3無し。
その後もVギャラ、ふろうがる2列でアタックとプレイもテンプレで
そのダメージでジャガマキ×2が失踪、さすがに無理ゲーかなあと判断。
速攻をかけるべくG2ライドターンに6枠展開。
が、そのVのパンサー+メカトレ15アタックに、相手エポナガード。
ここにヒールがめくれ、ダメージ回復+ガード貫通したあたりで風向きが変化。
3列全部通ってダメージ4まで押し込んだとこに相手G3ライド無し。
そこからメインの開口一番ガンスロッド効果。(ライドすればよかったと思う)
ブラブレ出てきて6枠埋めたあと、わざわざばーく退却させてぽーんコール効果。
と、相手が勝手にリソースを減らしまくってくれたので一転、五分な感じに。
返しにVの後ろをダンにしてブラブレに焼かれた分の列を補って、そのまま14で殴りに行くと相手が何故か5000ガード。
ここに再びトリガーが乗っかってもう一度貫通して勝ち。

◆3回戦 グランブルー
後攻。
相手がストレートにG3バスカークシェイドをされる一方で
メカトレーナーにリンクスライド、次ターンにメカトレでボーイサーチまでした中
無事にG3乗せて、ダメージ4くらいまで詰めれただけよくがんばったと思います。
クリティカル6~7、ヒール3素引きしてたおかげで延命だけはできたという。
最後もプレミスがなければまだ延命できてたっぽいのがちょっと悔やまれます。

◆4回戦 グランブルー
やっと先攻も初手G3無し。
ドロートリガー×3でそこは補えたものの、仕掛け時を見誤りガス欠。
どうしても1トリガーの紛れでガード枚数追いつかれたりが多いね。

◆5回戦 オラクル
後攻。
相手がG3に1ターン遅れた中で、ストレートに乗せられたVザイフリートが2枚ほどG3を場に投じてくれて、アドバンテージ優勢。遅れて来たサクヤのサイズ、G0まみれの手札に対して連投されたサイレントトムに苦戦するも、なんとか押し切り。

2-3。
もう少しG1の質を向上させてほしい、という気持ちがよーくわかりました。
カードプールの選択肢が少なすぎ。
でも3弾で追加居ないんでしたっけね……。

7/25 ヴァンガード大会 

◆1回戦 ノヴァ(ジャック→インビン)
1弾くらいの懐かしい感じのノヴァ。FVも古いほうのライザーだった。
後攻、初手G3もぽーんもなし。
マロンにライドしてアタック→クリティカル入って2点。
次、ギャラティンにライドしてアタック→クリティカル入って4点
返しライドスルー、ブラブレでインターセプト焼きつつ、3列並べてアタック→Vがクリティカル乗っけて勝ち。
なんだこりゃ。
3が来なかった分トリガーが爆発してしまった。
合間にヒール1回されてるものの、ふろうがるのアタックで帳消ししてたからなあ。


◆2回戦 オラパラ(アマテラス)
きわめて早い段階で
ソウル 騎士王 ソウル
ふろう ばーく ふろう
の形が決まったため、V騎士王効果を使うタイミングが掴めなくなる。
ハンドはG0G1ばかりで、ソウルセイバー1枚をG2に入れ替えたあとにインターセプトないし相手に狙われた場合に、後続を立てることが難しかったので、代わりが来てからでいいか?とか考えていたら、ものの見事にその分のガードが足りない!って話になって4点からクリティカル乗ったRの攻撃を止められずに詰んでしまった。
完全に判断ミス。
使いそびれたCB勿体無かったなぁ。


終わった後は千葉勢で飲み会。唐揚げが予想外においしかったです。
でゆっくり帰ってきたら3弾情報があがってたので見てたら深夜に。
注目してたペイルムーンが明らか弱そう(なのに高そう)でちょっと微妙な気分。

7/23 ヴァンガード大会 

かげろうを借りて出ました。

30人?くらいのスイス


◆1回戦 オラクル(メテオブレイク)
相手ライド1ターン遅れ、こっちは素引きしてきたバーを後ろに据えてエクス。
コンローからもう1個バーを持ってきて、そのラインをベルガーやアーマードナイトなど代わる代わる入れ替えながら、こつこつ殴る。
終盤は効果使ったオバロにしょこらを投げた結果、ガードがなくなってしまった相手にVがクリティカルを投げつけて、残り2点を削り取って勝ち。スタンドだともっと旨い状況だった。

◆2回戦 かげろう(オバロ)
相手ライド2ターン遅れ。こっちはVオバロ、Rエクスバーと理想的な手札で攻める。
そこにスタンド×2みたいなエグいツインドライブも乗っかる。
相手VオバロでCBを使ってくるも、きっちりガードすれば残るのはチェック1枚。

◆3回戦 かげろう(オバロ)
オバロ同士で激しい殴り合い。
違いといえば相手はVすらも徹底したR攻めであったところ。
R→Rはきっちりしのぎ、Vはトリガー乗っかると面倒だということでスルーして退却、その分だけ次のターンに補充、という流れを2ターン程度繰り返す。
気づけばダメージが1:5くらいまで離れる。
手札に後続が適度に溜まってきたあたりで、相手のオバロ効果が発動。
両Rを犠牲にしつつ、攻撃もすべてライフで受けてから、返しに一気展開。
エクスバーに加えVオバロの後ろにアイアンテイルを出し、CB使って2万を2列作って勝負に出ると、相手ガード足りないと見たのか一発目が通って勝ち。

◆4回戦 オラクル(アマテラス)
こっち最後までG2無し。
一方の相手はアマテラスからラックバード2発、チェックでもドローとブン回り。
ダメージの蓄積こそできたけど、さすがに5点目以降はとおるはずもなく。

◆5回戦 かげろう(エクス?)
CBを温存し、アーマードナイト・バーのラインで2万を作って切り返すと、案の定返しにそこを狙ってきたので早々に退却。返しのターンに本命のエクスを放り投げて再び2万を作ると苦しそうな声が聞こえる。
しかし1枚トリガーで貫通するVへのガードを、それに気づかず全部横に分配するという絶望的なミスをして延命させた返しにヒールを乗っけられるという最悪の展開に。
最終的にはその返しで勝てたものの、ああいう凡ミスはしないようにしたいね。


4-1。はじめてにしては上々といったところでしょうか。
相変わらずロイパラが少ない店なので(優勝はロイパラでしたけど)いろいろラクですね。

7/18 ヴァンガード東京予選(のフリー対戦) 

日曜日から秋葉→トオフさん家ルートでチラ裏集会。
秋葉で遊戯新弾漁りながら遊戯8ヴァンガ2くらいでひたすら対戦。
最近のチラ裏にあるまじきカードに触れる時間の長さでした。
去年の選考会観戦後に食べた中華屋でご飯食べて、トオフさん家へ。
早々に寝る予定がツイキャスやらヴァンガード講習会やらで気づいたら朝。

本当は予選の当日枠も狙いたかったんですが、現地の惨状(8時時点で炎天下の中を250~500待ち)を聞いて、一睡もしてない状況から行くのはさすがに厳しいとあきらめ。
昼過ぎまでフリー対戦会みたいな感じで。

午後くらいに解散の腹積もりで家主を置いて出てきたものの、飯食ってたら「まあ見てくくらいは」という流れになり、選考会帰りのタカムラ君を仲間に加えて現地入り。
したらちょうど帰路についたところにいたたつるくんとばったり会え、「ガンスリが高速で回ってる」って話を聞き、(特にけーあいさんが)テンションマックスで突っ走りはじめるw
かくいうおれもなんかやる気がでてきたので、一行みんなで突撃。
本当にあっさり並べて、あっさり参加することができました。

流れとしては普通に席に誘導され、列で並んでいた段階で隣にいた人とマッチング。
勝とうが負けようが、1本ごとにもう一度並び直し、といった形式。
ある程度の勝ち数で以降並ぶ列がかわり、まあ要するに同程度の強さの人とやりましょうと。

マッチングのスピード、席の回転率は(ゲーム1本のプレイ時間を考えても)明らかにJFコナミブースなんぞより早く、またプレイヤーのほうも「回れば回るだけ得」と分かっているためか全体的に機敏でした。
午前中や地方予選そのものの様子は一切知りませんが、それを除けば比較的ストレスは少なかったですね。あー、唯一フリー対戦を立ったままやるってとこだけはなにかと大変でしたが、回転率のためにはやむなしといった印象。


1戦目:ノヴァ(ドロイド) ×
ヒール3だか4だかを含むトリガー8くらいのクソゲー食らっていきなり負け。
シャッフル処理の際にカットをぜんぜん提示して来ず、こちらも短時間で終わらせたくて積極的にそれを求めなかったため、ちょっと後悔が残ったり。
まあ勝ち負けにこだわるような場所でもなかったんですけど。

終了後にどう動けばわからなかったので、人の流れに従ってたら2週目にw
その列並んでたら津田沼で見た顔ぶれが何人かいて、挨拶したり、様子を聞いたり。
なんでも対戦したことのある人が、ちょっといいとこまで勝ちあがれていたらしい。
最終的な結果はどうだったのかな…。

2戦目:ノヴァ(ドロイド) ○
おんなじようなデッキ。
今度はトリガー数が少なかったので無難に押し切り。
確かここまでこっちがめくったトリガーは0だった気がする。

並んでたらタカムラ君がいたので、軽く情報交換してたらそのままマッチング。

3戦目:かげろう(オバロ) ×
後ろをロイパラで固める構築は知ってたので、オバロのパワーダウンを狙って1箇所しかいない前衛かげろうを狙い、攻撃を通しやすくするという実験的なプレイングを取ってみる。
残念ながら後続のかげろう前衛が絶え間なく出てくる状況とかみ合わず、裏目に。
そのままVを殴り続けていたら早い段階で勝てていたらしい。


このへんからもくもくと一人で並んでたのでちょっとあいまい。


4戦目:ノヴァ(ドロイド?だったかな?)
FVライザーの上にバーを乗せたせいで下がれず、返しの1枚目にめくれたトリガーが発動できず、といった要因で早々に優位に。さらに騎士王に対し5千ガード3枚を投げられたところに、トリガーがめくれて貫通。何アドだよって感じの大差がついてそのまま勝ったのがこの試合だったかな。

5戦目:ノヴァ(アシュラ?だったような)
はじめてアシュラ登場も、ブラブレが2発炸裂しちゃって相手場ガタガタ。
一時はVアシュラ単騎みたいなかわいそうなことになったのがここだったと思う。

6戦目:かげろう(ブレフレ)
G2ライドターンまでのすべてのドローがG1で、スペリオル。
ブレフレサザランにR攻撃も合わさる徹底した除去姿勢にスペリオルしてた関係で大苦戦するも、序盤のツインドライブでめくった有効ヒール×2が強くて押し切り。
即断即決を地で行くようなプレイングの早い人で、
殴り先も即決、中盤の難しそうなガードも即投げ。
こちらも負けじと早撃ちをなるべく意識したら、小気味よい対戦ができました。


ここで時間切れ。
スタンプ9個あればパックがもう1個もらえたらしいのですが、及ばず…。
が、引き換え所でやってたくじ引きが「アタリ」で、もう1パック追加。
そしてそこからエクスキューショナーをツモw
朝見ためざましの占い1位が天秤座だったことが大きかったのではなかろうか。


そのままちょっと秋葉を散策。
グラさんと合流したり、雨が降ってきたり、体力限界だったりで適当に解散。
時間的には津田沼のヴァンガード公認に間に合ったんだけど、さすがにスルー。
35時間以上寝ずに動いていたことになりまして、まだ疲れが抜けてません。ヘバる。

7/11 ヴァンガード大会 

ソウルセイバーを参加費パックで引っこ抜いた大会に参加。

16人トナメ

◆1回戦 かげろう(ゴクウ)
先攻とって、初手にG1G2G3揃っていて、3も騎士王。
トリガー1枚だけ戻して、トリガー引き戻すも、ドローはG2。
きわめて理想的な展開で、序盤から速攻、騎士王が立つころには相手4点。
相手の攻撃はG3になってもしばらくは2列でしか行われなかったし、両方2万かというとそんなこともなかったので、これはまあ無難に押し切れるだろうと思っていたら、5点目から2連ヒールで延命。
そのへんからVゴクウがツインドライブで、必ずバリィを含みながら+αでスタンド、ドロー、G3とめくってきて、騎士王がまったく通らなくなりいつの間にかひっくり返る。
その間に相手はスタンドをめくってるわけで、さすがにガード足りず。

トリガー差が2倍~3倍(3:8くらい)あったから、さすがに仕方なかったのかなあ。
1個だけ、中盤にふろう×2で殴り損ねるプレミスをしたので、そこを間違えていなければ若干変わっていた可能性はあったけど…。


優勝が先週と同じ人のローエンセイバー。
俺がこの店で2回勝ったときもまたローエンセイバーだったので、この店は少なくとも4回以上ローエンが制していることになる、どうなってんだw
プロモからキングシーホース。リアルで初見だったのでまじまじと。
スカルドラゴンのレートだけが爆発してるので、ちょっとした宝くじになってますね今回。


大会あとは大会進行に目もくれず遊戯王。
高村君が週末に大阪ということで、エクシーズなしの六武と天使でフリー。
なんだかんだでエクシーズは環境変えてんじゃん、と体感した時間でした。

7/9 ヴァンガード大会 

プロモ一新のためかキャンまちが結構いました。

32人スイス
構築のほうはドローを切ってクリティカルを8に。
その他、G1を増やして比率を昔の作りに戻してみました。

◆1回戦 オラクル(アマテラス)
先攻。
G2がVに乗せた分しか回らず、頼みのG1もぽーん以外はイゾルデまみれ。
1つはVに回し、残り2枚は場に出すという大盤振る舞い。
相手最初のチェックでクリティカルをとられ、それに対してブラブレをVに擁立するも、相手のロゼンジを殺してもうまみは薄いし、G3がそもそもいないので効果はスルーしてぽーんでセイバーサーチ。
クリティカルをめくり返してダメージ挽回。
相手は後衛が用意できないらしく、Vに届かないRがふろうがるを削りにきたりなどを経て、Vにセイバー。その後騎士王をツモったところで再ライド。
効果で前衛を供給しつつ、打点も上げるという微細なアドを取りながら、その次のターンにまた再ライドでソウルセイバー、ソウル5枚ぶっぱ。
トリガー込でRに31を作って無理やりラスト1点。

◆2回戦 かげろう(エクスキューショナー)
先攻。
相手G2で1ターン遅れる。
こちらもG3がいなかったものの、リアンで掘り下げたことでG2チェックでギリギリ騎士王をツモり、ストレートに擁立させる。
ネハーレンに攻撃したところでダブルクリティカルで一気に5点まで。
無事に相手Vがエクスとなったところに、アーマード+バーでR20が立てられる。
Vとそれの2列アタックだったので、Vにまずイゾルデを当てる。
するとダブルトリガーが乗っかって、アーマードが30+ダメージ2。
イゾルデがもう1枚なければ詰んでました。
返しでさすがに終わり。
下手にバーサークで焼かれるより、打点作られるほうが怖いなと思った次第。

◆3回戦 除去かげろう(オバロ、ブレフレ)
後攻。
ストレートに騎士王まで立てるも、相手Vがオバロ。
無理に作る必要はなかったのでガトリンクで潰されたたばーくの穴はそのまま。
キンナラに睨まれていたこともあったので、G1は無理に出さず、ゴードン+ふろうがるなどの12~14ラインで地道に攻めていくも、やはりガード消費は少なめ。
一方の相手はRブレフレが除去を経由すると20。
それはもう高い打点ではあったものの、3列目がその分弱かったりそもそもいなかったりだったので、ガード消費はトントンといった進行。
トリガーが終盤まで全く出てくれなかったものの、詰めにいったターンの1枚目でクリティカルがめくれる。
ここで考える。
両方乗っけてもう1枚めくれれば、貫通してほぼ勝ち。
一方、Rに回しても14や15が19、20になる程度。
オバロ相手では1万ガード1枚でしのがれる範囲であることに変わりはない。
相手手札は2枚で、両方1万ガードと仮定したらR上げても何も起こらない。
両方Vに乗せる。2枚目もクリティカルで大当たり。

◆4回戦 たちかげ(デスレックス、オバロ)
後攻。
早々に2点与えたら、バーサークにばーくがるを焼かれる。
ミスったとは思いつつまたオバロだろうとタカをくくっていたらVにデスレックス。
Vがたちかぜになったことでキンナラなどが打てなくなったのは良いものの、騎士王はきっちり20にしておきたい相手。
その攻撃はエルモがついて21。通せばRが退却していくので、手札回転は承知で通し。
ダメージに余裕はあったし、クリティカルなどは特に乗らなかったので問題は特になく。
結局デスレックス退却分と、こっちの騎士王効果でアドが開いた感じで勝ち。

◆5回戦 ロイパラ@グラさん
後攻。
初手にマロン騎士王があったので残りのG0をマリガンしてイゾルデ、ブラブレ。
理想的な手札ではあったものの、後攻が気になる。
Vブラブレ効果で相手ばーくは焼き、後続を断つと、相手Vはセイバー。
こっちは騎士王を立てられたのでなんとかというところで、相手ダブルトリガー。
その攻撃自体は防御できていたものの、サイズが格段に上がったRの攻撃にガードを使わされ、じりじりとアド差が開いていく。
CBを騎士王でなくブラブレ2回に回してしまったこともあって、終盤息切れ。
トリガーが出なければ耐えられるところ、きっちりスタンドで起こされる。
手札でボールスが見守る中、4枚寝てるヒールにかけたもののさすがに来なかった。


4-1で実質2位。
プロモはヴァニッシャーで、セイランと入れ替えてもらいました。
その後別店舗の予約に行って、参加費パックを1つ買ったらソウルセイバーツモ。
またG3の選択に悩めそうです。

7/4 ヴァンガード大会 

ここからvol.2。

16人トナメ

◆1回戦 かげろう(剣帝ドラゴニックヴァルブレイド)
後攻
手札が残飯だったのでG1と騎士王残してマリガン。
→ふろうふろうリュー、ドローリュー。
G2いないのにスペリオルもできなくなりかねない事態に。
とりあえずマロン立てて殴るとチェックでセイバー、うーん…。
返し、ネハーレンエルモで殴られて1点。
リューは落ちず、ドローG0もエレインでセーフ。
なんとかG2を立てたものの、手札の前衛は何にも出せず。
ブラブレ単騎で殴るには相手G2ネハーレンに勝てない。
かといってブースター出すと次にV騎士王したら以降死に札になる。
ならいっそとG0展開してセイバーぶっぱを狙うプランを試みる。
Vアタックはガードされて、相手ダメージは1点のまま。
返し、Vヴァルブレイド、Rにエクスバーとオバロテイルの一気展開。
1箇所ガードもVにクリティカルが乗ってダメージ一気に4。
返しVセイバー効果から、騎士王でギャラ持ってきて20・23・20で反撃。
しかしトリガーも乗らず(こんだけ引いてれば当然だが)相手Rのオバロも倒しきれず、ダメージも3と何もかもが半端な結果に。
返し、Vからヒールとまたクリティカルが飛んできて詰み。

奇策を弄してみたものの、素直にV騎士王からゴードンなりで耐える方針でよかったなあ。
ただその場合、エクスバーが倒せなくて結局ダメだったかも。


プロモはいきなりスカルドラゴン。
もっとも値がついてる「当たり」らしかったので、遊戯の足しとしてグラさんに献上。
そのスカルドラゴンが組み込まれたグランブルーを借りて回したけど、いやあ難しいね。
強いパターンは見えたけど、脆いパターンもそれ以上に見つけちゃった感じ。

7/2 ヴァンガード大会 

参加費パックから光物キター!って思ったらガンスだった、意味。


31人スイス。


◆1回戦 ロイパラ(Wアルフレッド)
後攻のところにばーくがるがお互いに顔見せして不安を覚えるも、ふろうがるで果敢に殴りに行くこちらに対してスペリオルライド、さらにV一列アタックで即ソウルセイバーもなさそうと一安心な流れに。
返し、相手はⅤに騎士王を置いたため、前ターンにVブラブレのブースターとしてコールしていた中央のぽーんがるが死に札となり、さらにRにバニラとしてアーリー、の後ろに騎士王効果でライオンメインスタリオン。
20×2をにおわされるも、それ以上の追加なく2列止まりでV騎士王のパワーは16。
そのアタックをスルーするとDトリガーが1つ。
その肝心のアーリーライオンは効果無し(トリガー込で19止まり)と言われたので、こっちのVはギャラティンだったためガードが1枚で間に合ってしまう。
最低限の消費で凌いだ返しにこっちも騎士王を送り出すと、以降は3点溜まったら効果でゴードン、入れ替わりでギャラティン、など理想的な場を維持しつつ危なげなく押し切り。

◆2回戦 ノヴァかげ(???)
後攻。
コンローにガトリングクローをライドして相手エンド。
ふろうがる単騎でダメージが通るという事態を見逃すこと無く3点叩き込み。
Dトリガーを経て引いたG1はクイーンオブソード。めくったバリィは使えず。
そのまま5点まで与え、相手G2はネハーレン。
適当に捌いて返しにローエン立てて殴って詰み。
ロイパラなら1ターンはカバーできるけど、他はホントにゲームにならんね。
もうちょい何か救済要素を用意して欲しいところ。

◆3回戦 アカネオラクル(アマテ、アポロン)
いつもの人、後攻。
今回はじめてアポロンがVに。
相変わらずアカネ→ぽーんが非常に強く、簡単にロイパラの防御線をブチ抜いてくるものの、こっちのダメージゾーンのカードが上からクリティカル3、スタンド、クリティカルなんて酷いことに。
こっちはG3を全て引くほどの大事故で、ガードが1枚しかないようなターンを連続するレベルだったものの、上記の通りで延命を続けてしまい、相手慣れないアポロンのV効果を忘れてしまうというミスにも助けられてなんとか捲る。

◆4回戦 ロイパラ(騎士王)@グラさん
いつも1回戦2回戦で不自然に当たるので、お互いに全勝でぶつかれたことを喜ぶw
後攻。ここまで0-4。じゃんけん弱者。
さすがに今回はスペリオルされることもなく、先攻後攻のアドバンテージ差が響く。
焦ってマロンを前に出して殴りに行き、返しにそれを失うという小さいようで大きなミスを経つつ、お互いG3を引き込めず、ぽーんがるサーチでのソウルセイバーに頼る展開に。
そのソウルセイバーの最初の攻撃でヒール&クリティカルをめくられ、ダメージが4:1になったのが完全に決定打。
大会前に組み込んだボールスエルフの20ラインこそ無事に作ることこそできたものの、最後までダメージレースで追いつくことができず、負け。
どっちかのソウルセイバーが必ず暴れてる、次はなにするんだ。

◆5回戦 ノヴァロイパラ
下級を安定のロイパラで固め、Vにアシュラやジョーカーを据えるような形。
やっと先攻をとり、効率よく場を作ろうにもまたG3が来ず。
Vブラブレ効果のチャンスを放棄してぽーんがる効果を使うハメに。
その後もRに16や21がなかなか作れず、相手Vのアシュラが終始重かった。
……後から気づいたんだけど、場のノヴァがV以外はジョーカー1体だけだったので、これをボールスエルフの2万で狙っていけば、ガード枚数の浪費か、Vアシュラのパワーを下げるか、というイヤな二択を迫れていたのかもしれなかった。
対戦中はそのデメリットを完全に失念していて、後ろがふろうがるの関係で2万を超えそうになかったジョーカーは放置して、エルフのCBで無理やり21を作ってV殴りに集中。
おかげで早々にコストが足りなくなってボロボロというとてもだめなパターンに。
最後はV攻撃にガード枚数を妥協した結果、トリガーを2枚ともVに乗せられて負け。
3発目にはイゾルデを当てられたので、2枚めくられても平気なようにガードするべきだった。


3-2。
ロイパラが目に見えて増えた&メタられはじめた気がする。
まあ地方予選の結果見てたらねぇ。

プロモは念願のエクスキューショナー!
グラさんと二人揃ってのツモに空気を読まずハイタッチw
入れ替え直前ということで、なんとか有終の美を飾れました。
次の大会からはvol2になると思うので、新顔がいろいろ楽しみですね。
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
06« 2011/07 »08

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。