スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ:猿でも組めるライトロード 

モンスター(34枚)
裁きの龍(ジャッジメント・ドラグーン)×2枚
ライトロード・モンク エイリン×3枚
ライトロード・マジシャン ライラ×3枚
ライトロード・プリースト ジェニス×3枚
ライトロード・ビースト ウォルフ×3枚
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
ライトロード・パラディン ジェイン×3枚
ライトロード・ドルイド オルクス×3枚
ライトロード・ドラゴン グラゴニス×2枚
ライトロード・サモナー ルミナス×3枚
ライトロード・エンジェル ケルビム×3枚
ライトロード・ウォリアー ガロス×3枚

魔法(6枚)
光の援軍×3枚
ソーラー・エクスチェンジ×3枚

罠(0枚)



「ネクロガードナー」がどれだけ強いかを体験できるいい練習になります。
スポンサーサイト

デッキ:ドラグニティ 

モンスター(21枚)
冥府の使者ゴーズ
霞の谷(ミスト・バレー)のファルコン×3枚
ドラグニティ-レギオン×3枚
ドラグニティ-ブランディストック×2枚
ドラグニティ-ブラックスピア×3枚
ドラグニティ-ファランクス×3枚
ドラグニティ-ドゥクス×3枚
D.D.クロウ×2枚
BF-疾風のゲイル

魔法(10枚)
貪欲な壺
調和の宝札×3枚
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
精神操作
ライトニング・ボルテックス
ハリケーン
サイクロン

罠(9枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
リミット・リバース×2枚
リビングデッドの呼び声
ゴッドバードアタック×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
A・O・J ライト・ゲイザー
BF-アーマード・ウィング
アームズ・エイド
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
ドラグニティナイト-ヴァジュランダ×2枚
ドラグニティナイト-ガジャルグ
ドラグニティナイト-トライデント
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
氷結界の龍 ブリューナク


3分で組んだものを、サライロほか、主流デッキを相手に調整。

いやー勝てない。
効果が分からない間に、大好きな「初見殺し」をしかけようにも
分からないなりに適当に捌かれるだけで難なく対処されてしまう始末。

「調和の宝札」で2ドローしながら
「ドゥクス」&「レギオン」の準備をする動きも、

「ファランクス」と「ドゥクス」を使って、「ヴァジュランダ」を経由しながら
一気に墓地にモンスター3体置きつつ、レベル8をシンクロ召喚する動きも、

「ガジャルグ」を使ってうまいこと「DDクロウ」をサーチできるのも、

「リミット・リバース」から「ブラックスピア」を投げて
効果で自身をリリースして、鳥獣族を蘇生。
その後「ファルコン」で場に残った「リミット・リバース」を戻す…といった
ものすごくささやかな小細工をする動きも

面白いっちゃー面白いんだけど、それだけなんだよね。
どれもこれも、まったく決め手にならない。
そのくせ、「クロウ」や「奈落」あたりを一発叩きつけられるだけで
急に取り返しがつかないことになると、リスクだけは一丁前w

ハイリスク・ローリターンとはこのことか。
一番強いのが鳥獣特有の「ゴッドバードアタック」ってのがなんとも情けない。


動き方自体は完成度高いだけに、なんか歯がゆい。
何かタッチで強いカードを入れるしか道は無さそうで、やっぱBFかなあと思う次第。
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
09« 2009/10 »02

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。