スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和睦の使者」と「威嚇する咆哮」 

フリーチェーンで使え、そのターンの安全確保を行うこの2枚が今注目されています。
「サイクロン」3枚時代においては、「ミラフォ」「激流」よりも優先されることさえあった「和睦」。
「サイクロン」が1枚になってからは「デビルフランケン」対策としてサイドが定位置となり
それすらも禁止になってからは、めっきり出番の減った印象がありましたが……。


背景にはもちろん、「大寒波」の影響があります。
「ミラーフォース」や「激流葬」を伏せていても、「大寒波」中は発動できません。
制限カードの「大嵐」や「ハリケーン」で対処されたのなら諦めがつくとしても、
非制限カード相手に、しかも伏せたまま負けというのはなんとも悔しい。
しかし「和睦」や「威嚇」を放つことができれば、とりあえずは持つ、というわけですね。

何も考えずにそのまま発動するとアドバンテージを失うだけのこのカードも
「大寒波」などの発動に合わせれば、「1:1交換」となるのも良いところ。
相手は「寒波を使ったターン」に仕留めたいのに、そのターンは攻撃が通らない。
しかも、次のターンに備える伏せカードを伏せられない・発動できない。

ごく自然に、流れをこちらに引き込めるわけです。

しかし「大寒波」の恐ろしいところは「次のターンもセットできない」というところで。
「和睦」「威嚇」で発動ターンをしのいだとして、それ以外に何も伏せていなければ、
返しのこちらのターンに立て直さない限り、次のターンに攻めなおされるだけ。
焼け石に水です。

一応、「ミラフォ」「威嚇」という伏せ方で、「大寒波」には「威嚇」をあわせて。
次のターンまで待って、「ミラフォ」を打てるようにする…という手もあるんですが、
「大寒波」の後の行動に、「伏せカードの除去」が含まれている場合が多いのが難点。
「ブラックローズドラゴン」「裁きの龍」はもちろんのこと
「ブリューナク」で戻されるだけでも、次のターン伏せられないので除去も同然です。
ましてや「大寒波」には、連発される可能性もあります。
過信することは出来ない動きと言えるので、これはちょっと置いときましょう。


さて、「大寒波」がどれだけ強いかについて語るのはこのくらいにして。
これの対策としてしか機能しないのであれば、評価できる理由にはなりません。
「スキルドレイン」だとか、「サモンリミッター」だとか、「群雄割拠」だとか。
「大寒波」にあわせて、より高いロック性能を発揮するカードはほかにもあります。
しかもこれらならば場に残るのでアドバンテージを失うこともありません。

ならばなぜ、1発限りの「和睦」「威嚇」が、今評価されているのか。
それは、1ターンの攻防がとても重要なデッキが増えているからだと考えられます。

目立つところで言うなら、ライトロード。
残デッキも少なくなり、「裁き」でラッシュをかけて仕留めたいときに「和睦」を打たれたら。
1000ライフで勝ちを拾えるはずが、エンドフェイズに負けを掘ってしまいます。
逆に言えば、相手に何をされようと、「和睦」「威嚇」で凌いで。
返しに「ケルビム」や「裁き」でリカバリーすると考えれば、自ら採用しても良いくらい。

地味なところでは、剣闘獣やBF。
「和睦」を合わせ、剣闘獣や「ゲイル」を守り、効果を使えば。
失ったアドバンテージを取り返しながら、次のターンへの「流れ」をつかむことができます。

ディフォーマーなんて、「和睦」「威嚇」の有効に働く最たるデッキといえるでしょう。
相手からの戦闘さえ否定すれば、こちらは戦闘を行う必要はありませんので。


難しい用語を使うと「『テンポアドバンテージ』を取るカード」というらしく。
要するに、アドバンテージを失ってでも「流れ」を掴んで、そのまま持っていく。
そんな、1ターンしのいだ「返し」の手のあるデッキと相性がいいわけですね。
幸い、「群雄割拠」などと違ってこちらの展開に影響を及ぼすこともありませんから
構築を大きく弄る必要なく採用できるというのもポイントといえるでしょう。






さて、じゃあ「威嚇」と「和睦」。どっちが強いのか。
基本的には「デッキによる」というのですが、剣闘獣を基準するのが一般的ですね。

「攻撃宣言をさせない」ので、「威嚇」であれば剣闘獣の効果発動はさせずに済みます。
一方、「和睦」では、攻撃宣言はされているので効果は使われてしまいます。
他にも「A・O・Jカタストル」「レッド・デーモンズ・ドラゴン」「N・グラン・モール」「異次元の女戦士」などなど、「威嚇でなら防げるが、和睦では防げない」カードは結構多いです。

ならば「和睦」は「威嚇」の下位互換なのか?
そんなことはなく、「攻撃宣言をさせる」ことがメリットになる場合も、多々あります。

上述したように、自分が剣闘獣を使っているのであれば当然「和睦」が優先されます。
相手の剣闘獣への攻撃宣言をあえて通しながら、エンドステップに交代。
「ムルミロ」に繋いで即座に除去するだとか、流れを掴むのに活用できます。

ほか、相手が相打ちを狙ってきたとき。
1400、1800、1900、2100、2400…
使われているモンスターの攻撃力は一定で、相打ち戦闘を狙われることも多いです。
そんなとき「和睦」を使うと、こちらのモンスターだけが残り、相手モンスターのみ倒れます。
「威嚇」では攻撃宣言自体が行えないので、この戦闘自体が発生しません。
「威嚇」では取れないアドバンテージを、「和睦」なら取れるという状況ですね。

同じような状況は相打ちに限らず、「オネスト」「カルート」を介す戦闘にも発生します。
「ライラ」が「ゴヨウ」に攻撃をしかけて、「オネスト」を打ちたいときに。
「ゴヨウ」側から「和睦の使者」が発動されたらどうでしょうか。
「オネスト」を消費しても相手モンスターは倒せず。
「オネスト」を使わなければ、無駄死の挙句「ゴヨウ」で「ライラ」が奪われる……。
「和睦」が大きなアドバンテージ獲得に絡む瞬間です。

また「攻撃対象を見てから判断する」ことができるのも、「和睦」の長所です。
「威嚇」は「攻撃宣言できない」という効果であるため、すでに攻撃宣言された後に
「威嚇」を発動しても、その攻撃宣言を止めることができません。
必然的に発動タイミングは「バトルフェイズのスタートステップ」となり、
相手が「どのモンスターでどれに攻撃しようとしたのか」までは分かりません。

たとえば、裏守備が2体、自分の場に存在するとしましょう。
1体は殺されても問題ないモンスター(「クリッター」とします)。
もう1体は、できれば次のターン反転したいモンスター(「エアベルン」とします)。
「クリッター」は殺されても問題ないが、「エアベルン」はやられたくない。
このとき「和睦」伏せであれば、「エアベルン」への攻撃を見てから発動でOK。
一方「威嚇」では、スタートステップの段階で発動を考えざるを得ず
スルーした場合に「エアベルン」に殴られた場合、「エアベルン」を失ってしまいます。

さらに言うなら、「エアベルン」への攻撃に「和睦」を発動した場合。
その後の「エアベルン」は「表守備表示」で場に残り、「反転召喚」しなくて済みます。
よって「奈落の落とし穴」を避けることも、できるようになるのです。


このように相手モンスターを見るならば「威嚇」の採用が望ましいのは確かですが
細かい状況を考えていくと「和睦」はプレイングで「威嚇」以上に化けるカードと分かります。

「絶対にどちらかのほうがいい」というデッキはごく一部なので、
ここまで書いといてナンですが、結局のところは「好み」でいい、と思いますが。
▼... Read more ≫
スポンサーサイト
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
02« 2009/03 »04

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。