スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルール確認 

最近使ってるカードの裁定を色々聞いてもらったよ。

>「D・リペアユニット」
墓地に「D」が1体以上存在することが発動条件。
発動時にコストで使用した「D」を対象に指定することは可能。
※「ゾンビマスター」なんかと一緒。

>「機械複製術」
対象に指定したモンスターが裏になる・場を離れたとき処理を行うか調整中

>「コアキメイル」シリーズ
エンドフェイズに場にとどめる効果は「スキルドレイン」では無効にできない。

>「黒い旋風」
効果解決時に該当「BF」の攻撃力が判定できない場合(裏側表示、場から離れている)、効果は不発に終わる。

>「デルタ・クロウ-アンチ・リバース」
発動時点で「BF」が存在していれば、解決時に不在でも効果は発揮。

>「森の番人グリーンバブーン」
ダメージステップで発動できない。(裁定変更)
スポンサーサイト

新制限発表!&予想との答え合わせ 

▽新禁止枠
なし

▽新制限枠
「ダーク・アームド・ドラゴン」
「カオス・ソーサラー」
「馬頭鬼」
「剣闘獣ベストロウリィ」
「ゾンビキャリア」
「ゴヨウ・ガーディアン」
「氷結界の龍 ブリューナク」
「増援」
「緊急テレポート」
「生還の宝札」

▽新準制限枠
「森の番人グリーン・バブーン」
「風帝ライザー」
「D-HERO ディアボリックガイ」
「ゴブリンゾンビ」
「デステニー・ドロー」
「封印の黄金櫃」
「闇の誘惑」
「生還の宝札」
「マインドクラッシュ」
「血の代償」

▽制限解除枠
「暗黒のマンティコア」
「ファントム・オブ・カオス」
「ドル・ドラ」
「抹殺の使徒」
「月の書」

▼... Read more ≫

コメント返信、とか 

集会の疲れがガチで2日後に来ました、なんかフラフラしてる……w

▽コメント返信
>シェリルさん
大変返信が遅くなってしまって申し訳ない。ちょうど色々あった時期だったので。
で、ディフォーマーについてなんですが、大筋3つくらいのパターンに分かれると思います。

1、「豊富な蘇生サポートやらなにやらでシンクロ含み高速展開してブン殴る高速型」
2、「リクル(シャイン、ネズミ&罠で場を持たせて、転移等からキメにいくじっくり罠型」
3、「装備でビデオン強化してワンパンを狙うギャンブル型」

……他にも「クロックン」の守備効果を使ったバーンとかも一応形としては成立しますけど、効率や完成度的に雲泥の差があるので流石にこれはないとして。
3もぶっちゃけ特に言うことはないです。装備集めて「ビデオン」につけて殴るだけっていう「ベンケイ」みたいな方向であまり考えることもないし。「月の書」なければ勝ち、そんだけw


1は王道に「スコープン」「BOX」「リペア」を駆使してとにかく並べてビートする形。
「ボードン」居れば「ゴーズトラゴ無視して致命傷」を狙えるので伏せさえ警戒すればOKと、あたえられるダメージ計算にさえ慣れれば、勝ち筋は明確で使いやすいです。
「ワンフォーワン」や「サイバーヴァリー」を検討できるのもこっちのタイプですね。
過去、俺もブログで何度か載せたような形がそんなんです。

2のほうは「フィールド型」みたいなのがイメージとしては近いと思います。
実際に「フィールド」を入れるのはもう厳しい環境ですが、代わりに罠や「ライオウ」や「オネスト」の検討できるメタ寄りな構築になりますね。
1と違って蘇生系カードをちょっと減らす代わり、リクルを入れることによって場の1体1体を大事にしながら、「神の宣告」まで組み込めるようになるのが大きいと思います。
もちろん「シャイン」+「ネズミ」+「強制転移」からなるラジラジコンビの5800ダメージっていう爆発力も確保してるのでカウンター的な戦い方が基本になるのかな。
新カードの「D・バインド」「超古代生物の墓場」っていう永続も完全に味方につけられます。


1と2は甲乙つけ難いと思います。
環境や好みによる、と言ってもいいのかも。

右も左もメタビとか言う場所であれば、流石に1の形は空回りするだけでしょう。
逆にどこ見ても「ゴブリンゾンビ」「エアーマン」からなんてとこであれば、「威嚇」でかわした返しにすぐ殺せる1の形でなければ、速さ的に追いつくことが難しいでしょう。
(……実際はそのどっちもが同じくらいの比率で居るから困っちゃうんですが)


まあ大事なのはガチかどうかというより、自分が使ってて楽しいか、手に馴染むかってことですけどね。合わない構成でプレミを連射し負け続き、というのはDが泣きますから。
……と、当たり障りの無いことを言ってまとめてみます。
ぶっちゃけ俺も後々「あー、ミスった~!」がザラなので、偉そうなこと全然言えないw


少なくとも新制限の影響は全く受けないので大事にしていきましょう。

デッキ:スーパードローユーセー 

モンスター(20枚)
マッシブ・ウォリアー×3枚
ボルト・ヘッジホッグ×3枚
ハイパー・シンクロン
ニトロ・シンクロン×3枚
チューニング・サポーター×3枚
ジャンク・シンクロン×3枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・ヴァリー×3枚

魔法(20枚)
貪欲な壺×2枚
地獄の暴走召喚×2枚
大嵐
増援×2枚
洗脳-ブレインコントロール
精神操作×2枚
死者蘇生
機械複製術×2枚
異次元からの埋葬
ワン・フォー・ワン×2枚
スケープ・ゴート
サイクロン
エネミーコントローラー×2枚

罠(2枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬


▼「機械複製術」
「サイバーヴァリー」「チューニングサポーター」「ニトロシンクロン」が対応
いずれも展開することでアドバンテージの元になる可能性がある

▼「ワンフォーワン」
「サイバーヴァリー」「チューニングサポーター」が対応。
手札コストに「ボルトヘッジホッグ」を使うことでアニメ再現しつつ無駄なく行動。

▼「地獄の暴走召喚」
「ジャンク・シンクロン」「ワンフォーワン」で発動条件を確保
「ボルト・ヘッジホッグ」は自身の効果でも発動条件を満たせる。
相手に並ぶのが唯一にして最大の難点であり、ほとんど克服できない
全部「ミストウォーム」で戻すとかします、本気で。

▼「異次元からの埋葬」
「サイバーヴァリー」「ボルトヘッジホッグ」が対応。
「D.D.クロウ」を受けた「チューニングサポーター」なども戻したい。
使ってみて分かったけど要らない。同じ除外利用でも「DDR」のほうが圧倒的に強い。


■FAQ
Q.ところでそんなに引いて何がしたいの?(茨城・Kさん)
A.特に何も出来ません(09/02/14)

Q.いくらデッキを掘っても「冥府の使者ゴーズ」が来ないのですが(茨城・Kさん)
A.デッキに入っていないカードをドローすることはできません(09/02/14)

Q.3~4枚ドローしてもすべてモンスターでした、追撃できません(茨城・Kさん)
A.仕様です。ディスカードで「ヘッジホッグ」を捨て次ターンに備えましょう(09/02/14)

Q.「生還の宝札」は採用しないのですか?
A.上記の理由を参照ください。引くだけでは勝利できません。


ギミック自体は面白いので、何か発展する要素はあると信じたいところ……。
まあそうなったときに、「遊星デッキ」という面影が残るかは分かんないけどね。
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
01« 2009/02 »03

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。