スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主にウォルフ君と和解 

ライトロードが急に回せるようになりました。
ディフォーマーばっかり回していても環境変化に追いつけないし、プレイもブレてくる。
BF、ライロ、猫、剣など、とりあえず流行ものはバランスよくまわしていきたいね。
スポンサーサイト

「念導収集機」で「メンタルプロテクター」呼べば最強じゃね? 

▽数分前
光の「メンタルプロテクター」と闇の「クレボンス」で「カオスソーサラー」も出せるしよお!
シンクロしながら帝ぶんなげりゃ勝てんじゃね! 俺サイキョー!!



▽今(now)
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄


すでに智代があるというのに 

キャラクタースリーブコレクション リトルバスターズ!エクスタシー 朱鷺戸沙耶

そっち方面の人々歓喜!!
▼... Read more ≫

デッキ:ガーディアン帝 

新制限対応。

モンスター(22枚)
冥府の使者ゴーズ
風帝ライザー×2枚
伝説の柔術家×3枚
守護者(ガーディアン)スフィンクス×2枚
邪帝ガイウス×3枚
柴戦士タロ×3枚
サイバー・ドラゴン
コアキメイル・ガーディアン×3枚
ウェポンサモナー×3枚
N・グラン・モール

魔法(10枚)
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
死者蘇生
月の書×3枚
サイクロン
クロス・ソウル×3枚

罠(8枚)
奈落の落とし穴×3枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
マインドクラッシュ×2枚
ダスト・シュート


▽制限の影響
「風帝ライザー」「マインドクラッシュ」緩和によって組んだようなデッキ。

「コアキメイル・ガーディアン」は手札の岩石族さえ見せることができれば
『任意で発動タイミングを選べ、特殊召喚も出来る「デスカリバーナイト」』である。
その制圧力は言わずもがな。
さらに「ガーディアン」を冠するために「ウェポンサモナー」でサーチまでできる。

「サモナー」のサーチ先には、同じ岩石族である「守護者スフィンクス」も存在するため
維持するための見せ岩石がいない、という状況はあまりない。
この「スフィンクス」を効率よく召喚するために「クロス・ソウル」を採用。
となればそれを腐らせないために採用するのは「帝」モンスターのほかにないということで。

デッキ戻し、手札戻しなど、公開情報を無理やり作り出すカードが何枚もあるため
「ダストシュート」「マインドクラッシュ」を腐らせるケースも少ない。
そうして相手の状況を支配しながら、ハメゲーを展開していくのが狙い。


▽環境を意識すると…
「大寒波」中の「サモンプリースト」「レスキューキャット」に対して
「コアキメイル・ガーディアン」で申し訳程度に対応することができる。
また「伝説の柔術家」や「風帝ライザー」によってドローを妨害することで
攻めに必要なカードの収集を一手二手と遅らせることができる。
コンボにより高い打点を叩き出すデッキの多くなっているので、意外と刺さる。

▽強化の可能性
あんまり強化されるジャンルとは思えない。

デッキ:ロビン・フェザー 

新制限対応。

モンスター(18枚)
ダーク・アームド・ドラゴン
サイバー・ドラゴン
BF-蒼炎のシュラ×3枚
BF-疾風のゲイル×3枚
BF-黒槍のブラスト×3枚
BF-月影のカルート×3枚
BF-極北のブリザード
BF-暁のシロッコ×3枚

魔法(12枚)
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
死者蘇生
黒い旋風×3枚
月の書×3枚
我が身を盾に×3枚

罠(10枚)
奈落の落とし穴×3枚
追い剥ぎゴブリン×3枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
ゴッドバードアタック×3枚


まだ骨組みって感じの作りなのでぬるいのはご愛嬌で。

▽制限の影響
・「ダーク・アームド・ドラゴン」が制限に。なんやかんやで大幅な戦力ダウン。
・「月の書」が緩和。汎用的に「黒い旋風」対策がされるようにになり、やや弱体化。
・「闇の誘惑」が準制限に。コレは特に影響なしか。

▽解説
「黒い旋風」からの高速展開に頼るのは現実的ではない。
「月の書」「奈落の落とし穴」と、デッキを問わず3積されやすいカードで潰されるため。
回ったときだけを想定して夢を見ていては勝率は伸び悩むだろう。
=「血の代償」だの「二重召喚」だのは夢を見すぎている。

対案として、1つ1つの「BF」できっちりとアドをとっていく方法が挙げられる。
中でも「追い剥ぎゴブリン」は、戦闘特化のBFにおいて非常に相性がいい。
ゲイルで半減のついでに1枚ハンデス。
ブラスト、アムングで貫通のついでに1枚ハンデス。
カルートで迎撃のついでに1枚ハンデス。
シュラに至っては頭数を1つ増やしつつ、最大2枚ハンデス。
シロッコももともとの攻撃力を活かし、超過ダメージを入れられる可能性は高い。

加えて、「デルタクロウ」「GBA」の影がチラつくため、相手は伏せにも逃げ辛い。
罠系デッキに対しては「GBA」「デルタ」で対応。
ぶっぱ系のデッキに対しては、「追い剥ぎゴブリン」で手札に圧迫。
「見せるだけ」でも効果がありながら、ゲームを決める力も持ち、使い勝手がいい。

▽環境を意識すると
ライロ、猫が苦手なので何かしらの対策が要る。
特に「オネスト」と「カルート」の絶対的実力差を思い知るハメになる。
「ライオウ」「威嚇する咆哮」などで対策とも言い切れないお茶濁しはできるが、
結局のところは「ゴッドバードアタック」をいかに連射できるかにかかってくる気がする。

▽強化の可能性
とりあえず4月の新弾にクロウ関連のカードが収録されるということで。
攻撃力1300未満の「BF」が来ると、さらに化ける可能性は高く……。

「パワーツールドラゴン」 

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     コ ロ ン ビ ア       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ



やつのポーズがこれに似てるとスカイプで評判です。


応用

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     D・リペアユニット       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

デッキ:暗黒魔轟神 

新制限対応。
イチイチローマ字略も面倒なので辞めました。

モンスター(23枚)
冥府の使者ゴーズ
魔轟神レイヴン×3枚
魔轟神ルリー×2枚
魔轟神グリムロ×3枚
魔轟神クシャノ
暗黒界の武神 ゴルド×2枚
暗黒界の尖兵 ベージ×3枚
暗黒界の軍神 シルバ×2枚
トラゴエディア×3枚
ゾンビキャリア
クリッター
カオス・ソーサラー

魔法(15枚)
封印の黄金櫃×2枚
大嵐
洗脳-ブレインコントロール
生還の宝札
手札抹殺
死者蘇生
闇の誘惑×2枚
暗黒界の取引×2枚
ハリケーン
スケープ・ゴート
サイクロン
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)

罠(2枚)
魔のデッキ破壊ウイルス
聖なるバリア-ミラーフォース-



▽制限の影響
・「生還の宝札」が制限に。
・「封印の黄金櫃」が緩和したことで、「宝札」のサーチが現実的に。
・「カオス・ソーサラー」が復帰し、戦力に。
・「闇の誘惑」が準制限になったので、2か3かで悩む必要がなくなった。
・「氷結界の龍ブリューナク」の制限もあって、∞ループを狙うかが微妙に。
 無理に狙おうとすると破綻する可能性が高まった。
 →「ルリー」の枚数を減らすことで事故率の減少も視野に。

今まで以上に「宝札」を大事に大事にしないといけないのでプレイングが難しい。
方向性として、「/バスター」狙いにシフトする、などの可能性も考えられる。

▽環境を意識すると…
猫が台頭することを考えると、「魔のデッキ破壊ウイルス」は今まで以上に注目。
暗黒界に加えて「トラゴエディア」、「カオスソーサラー」もあり媒介には困らない。
ほか、「大寒波」が今まで以上に強くなるので「闇の取引」も面白い、かも。
まあ、「トラゴエディア」と相性最悪なので、無理に入れるようなものでもない、かな。

▽強化の可能性
とりあえずDT05で「魔轟神」のサポートが増えるところから見ていきたい。

遊戯王の規模縮小したい 

昨日は一日お休みをいただきまして。
千葉までスリーブを買いに行ってきました。
今まで使ってたスリーブはかれこれ4年近く使ってて流石にくたびれていたので。
しかもどのメーカーの何のスリーブだったかも覚えてないので買い足しも出来ず。
何ヶ月も悩んで相談したり色々調べたりで、ようやく決めることにしました。

決め手になったのはまあ先日買い込んだパワーツールスリーブ。
これを活かせる組み合わせにするには、外を透明にするしかなくて。
手触りのいいマットレッド(旧)を諦めるのに何週間かかかりましたが、何とか決断しました。

流石に今後五重とか、そういう方向にまで伸ばすことはない…と思いたい。
とはいえ、現時点でもPTDに空気が入りまくるのが納得いかなくて。
おやつ(小)でも挟もうか?とか悩んでるので、時間の問題な気はしなくもないですがw

■そんなスリーブで悩んでる一方で。
パーツ揃っててもデッキ組まないんじゃ意味が無い。
組んだところで、回さないならやっぱり意味が無い。
バラで売るよりは「デッキ」として、全部セットで売っ払ったほうが手っ取り早いのでは……。

なんて色々考えています。
カードプールを金に換えたい、とそんな話ですね。

ライトロードとか、BFとか、剣闘とか、全部パーツはあるのに使ってなくて。
あんまりにも無駄過ぎるので、必要な人がいるなら譲渡するのも一つの手かなあ…と。
郵送はメンドいのでどのみち手渡しできる人限定になりますが、色々思案中です。

ガンダム00 

終盤になるにつれて勢いが落ちてる、というかつくりが雑になってるのが残念だなぁ
キャラクター多すぎで捌ききれてないっていうギアスと同じ轍を踏んでしまってる印象

カオスソーサラー発掘作業 

20090220205358
発掘もくそも、禁止カードは全部ファイリングしてあるので何も苦労はなかったわけですが


MPT時代の相棒、おかえりなさい。

RAGING BATTLE(RGBT) 魔法・罠編 

■チラッシャー公認裁定基準
0点:印刷ミス、テキストを覚える価値がない
1点:奇跡的な組み合わせがあればデッキにはいりうる
2点:汎用性は低いが、専用デッキなら採用たりうる
3点:汎用性は程々で、専用デッキなら必須ともなりうる
4点:汎用性が高く強力、どんなデッキにも入りうる
5点:条件が簡単あるいは容易で決まれば勝ち、あるいは破壊的威力 禁止級

※効果とかはwikiで確認してね!


▼... Read more ≫

RAGING BATTLE(RGBT) モンスター編 

■チラッシャー公認裁定基準
0点:印刷ミス、テキストを覚える価値がない
1点:奇跡的な組み合わせがあればデッキにはいりうる
2点:汎用性は低いが、専用デッキなら採用たりうる
3点:汎用性は程々で、専用デッキなら必須ともなりうる
4点:汎用性が高く強力、どんなデッキにも入りうる
5点:条件が簡単あるいは容易で決まれば勝ち、あるいは破壊的威力 禁止級

※効果とかはwikiで確認してね!


▼... Read more ≫

「D・バインド」を考える 

《D(ディフォーマー)・バインド》 †

永続罠
自分フィールド上に「D(ディフォーマー)」
と名のついたモンスターが表側表示で存在する限り、
相手フィールド上に存在するレベル4以上の
モンスターは攻撃宣言をする事ができず、
表示形式を変更する事もできない。


「相手のみ」
「レベル4以上の攻撃を完全シャットアウト」
「表示形式変更も不可」

書いてあることは確かに強いんだけど、「何を相手に想定するか」を考えてみると……。


>剣闘獣
「ムルミロ」以外の攻撃をストップできる一方で、「ガイザレス」を投げられると詰み。
とはいえ、仮想的の中では比較的刺さるほう。「ベストロウリィ」も制限になる。
逆に言うと、『仮想敵として想定する必要があるのか』という根本的問題がある。

>ライトロード
「ライコウ」「ケルビム」「裁き」と破壊効果が豊富である。
「ライラ」の効果もおそらく使われる。
(「表示形式を変更できない」のは任意の範疇で、効果による変更は抑制できない…ハズ)
また中核を担う「ルミナス」がレベル3である。
「D」の下級は攻撃力に乏しく、「モバホン」「リモコン」「スコープン」「ボードン」(守備効果適用外のとき)が攻撃表示でいる場合、場合など、「ルミナス」に簡単に突破されてしまう。
一度突破され「D」がフィールド上に存在しなくなったなら、「バインド」の効果は失われてしまうので、「ルミナス」によって蘇生された「ガロス」らに追撃を許してしまうことになる。

>BF
もっとも強力な「疾風のゲイル」がレベル3である。
「月影のカルート」「極北のブリザード」も3以下であることから、攻撃を許す機会は多い。
例によって「D」は下級が貧弱であるため、1300~のラインですでに苦戦を強いられる。
ましてや「ゲイル」によって半減されれば、頼みの「ラジオン」すらスクラップ扱いだ。
この時点ですでに腐り気味なのに、さらにシンクロ召喚・「ゴッドバードアタック」による追撃も待っているため、とても防御カードとして機能するとはいえない。

>猫
「レスキューキャット」から出てくるモンスターがすべてレベル3以下である。
特に「エアベルン」と「異次元の狂獣」は、素の状態からして「ラジオン」以外で凌げない。
その「ラジオン」ならばしのげるかといえば、「ブラック・パンサー」にコピー、「コアラッコ」に0にされることによって突破される。
「ブリューナク」を出されるまでも無く突破されてしまう時点で、やはりこれを相手にしても防御として捕らえるのは難しい。

>メタビ(光アンデ)
上記に比べれば、割と攻撃自体は凌ぐことができるだろう。
「ピラミッド・タートル」「ライオウ」「オネスト」あたりがアタックの基本になってくるので、「スキルドレイン」で「D」が著しく弱体化していても攻撃を通すことはない。
もっともその「スキルドレイン」に「王宮の弾圧」もあるせいで、こちらも攻勢に出ることは難しくなるため、持久戦に陥ることは必至。
時間をかけた場合にどちらが強いかというのは明らかなので、これも「有利」とは言い難い。

>シンクロアンデ、ドロライ
「大寒波」にチェーンしても、「ダークエンドドラゴン」「ブリューナク」でモンスターを消される。
消された時点で「バインド」は「ゴーズが出てこないことを記す記号」でしかなくなる。
制限改定でほぼ消えたので今後考慮しなくていいのがせめてもの救い。



総じて、『刺さる相手が居ない』。一言で言えば『脆い』。
レベル3以下がチューナーによって強化されたことで、4以上のストップというカードのロック性能が落ちていることを痛感させられる結果に。
今は堅実に「威嚇する咆哮」や「奈落の落とし穴」していったほうが効果が期待できそう。

ルール確認 

最近使ってるカードの裁定を色々聞いてもらったよ。

>「D・リペアユニット」
墓地に「D」が1体以上存在することが発動条件。
発動時にコストで使用した「D」を対象に指定することは可能。
※「ゾンビマスター」なんかと一緒。

>「機械複製術」
対象に指定したモンスターが裏になる・場を離れたとき処理を行うか調整中

>「コアキメイル」シリーズ
エンドフェイズに場にとどめる効果は「スキルドレイン」では無効にできない。

>「黒い旋風」
効果解決時に該当「BF」の攻撃力が判定できない場合(裏側表示、場から離れている)、効果は不発に終わる。

>「デルタ・クロウ-アンチ・リバース」
発動時点で「BF」が存在していれば、解決時に不在でも効果は発揮。

>「森の番人グリーンバブーン」
ダメージステップで発動できない。(裁定変更)

新制限発表!&予想との答え合わせ 

▽新禁止枠
なし

▽新制限枠
「ダーク・アームド・ドラゴン」
「カオス・ソーサラー」
「馬頭鬼」
「剣闘獣ベストロウリィ」
「ゾンビキャリア」
「ゴヨウ・ガーディアン」
「氷結界の龍 ブリューナク」
「増援」
「緊急テレポート」
「生還の宝札」

▽新準制限枠
「森の番人グリーン・バブーン」
「風帝ライザー」
「D-HERO ディアボリックガイ」
「ゴブリンゾンビ」
「デステニー・ドロー」
「封印の黄金櫃」
「闇の誘惑」
「生還の宝札」
「マインドクラッシュ」
「血の代償」

▽制限解除枠
「暗黒のマンティコア」
「ファントム・オブ・カオス」
「ドル・ドラ」
「抹殺の使徒」
「月の書」

▼... Read more ≫

コメント返信、とか 

集会の疲れがガチで2日後に来ました、なんかフラフラしてる……w

▽コメント返信
>シェリルさん
大変返信が遅くなってしまって申し訳ない。ちょうど色々あった時期だったので。
で、ディフォーマーについてなんですが、大筋3つくらいのパターンに分かれると思います。

1、「豊富な蘇生サポートやらなにやらでシンクロ含み高速展開してブン殴る高速型」
2、「リクル(シャイン、ネズミ&罠で場を持たせて、転移等からキメにいくじっくり罠型」
3、「装備でビデオン強化してワンパンを狙うギャンブル型」

……他にも「クロックン」の守備効果を使ったバーンとかも一応形としては成立しますけど、効率や完成度的に雲泥の差があるので流石にこれはないとして。
3もぶっちゃけ特に言うことはないです。装備集めて「ビデオン」につけて殴るだけっていう「ベンケイ」みたいな方向であまり考えることもないし。「月の書」なければ勝ち、そんだけw


1は王道に「スコープン」「BOX」「リペア」を駆使してとにかく並べてビートする形。
「ボードン」居れば「ゴーズトラゴ無視して致命傷」を狙えるので伏せさえ警戒すればOKと、あたえられるダメージ計算にさえ慣れれば、勝ち筋は明確で使いやすいです。
「ワンフォーワン」や「サイバーヴァリー」を検討できるのもこっちのタイプですね。
過去、俺もブログで何度か載せたような形がそんなんです。

2のほうは「フィールド型」みたいなのがイメージとしては近いと思います。
実際に「フィールド」を入れるのはもう厳しい環境ですが、代わりに罠や「ライオウ」や「オネスト」の検討できるメタ寄りな構築になりますね。
1と違って蘇生系カードをちょっと減らす代わり、リクルを入れることによって場の1体1体を大事にしながら、「神の宣告」まで組み込めるようになるのが大きいと思います。
もちろん「シャイン」+「ネズミ」+「強制転移」からなるラジラジコンビの5800ダメージっていう爆発力も確保してるのでカウンター的な戦い方が基本になるのかな。
新カードの「D・バインド」「超古代生物の墓場」っていう永続も完全に味方につけられます。


1と2は甲乙つけ難いと思います。
環境や好みによる、と言ってもいいのかも。

右も左もメタビとか言う場所であれば、流石に1の形は空回りするだけでしょう。
逆にどこ見ても「ゴブリンゾンビ」「エアーマン」からなんてとこであれば、「威嚇」でかわした返しにすぐ殺せる1の形でなければ、速さ的に追いつくことが難しいでしょう。
(……実際はそのどっちもが同じくらいの比率で居るから困っちゃうんですが)


まあ大事なのはガチかどうかというより、自分が使ってて楽しいか、手に馴染むかってことですけどね。合わない構成でプレミを連射し負け続き、というのはDが泣きますから。
……と、当たり障りの無いことを言ってまとめてみます。
ぶっちゃけ俺も後々「あー、ミスった~!」がザラなので、偉そうなこと全然言えないw


少なくとも新制限の影響は全く受けないので大事にしていきましょう。

デッキ:スーパードローユーセー 

モンスター(20枚)
マッシブ・ウォリアー×3枚
ボルト・ヘッジホッグ×3枚
ハイパー・シンクロン
ニトロ・シンクロン×3枚
チューニング・サポーター×3枚
ジャンク・シンクロン×3枚
サイバー・ドラゴン
サイバー・ヴァリー×3枚

魔法(20枚)
貪欲な壺×2枚
地獄の暴走召喚×2枚
大嵐
増援×2枚
洗脳-ブレインコントロール
精神操作×2枚
死者蘇生
機械複製術×2枚
異次元からの埋葬
ワン・フォー・ワン×2枚
スケープ・ゴート
サイクロン
エネミーコントローラー×2枚

罠(2枚)
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬


▼「機械複製術」
「サイバーヴァリー」「チューニングサポーター」「ニトロシンクロン」が対応
いずれも展開することでアドバンテージの元になる可能性がある

▼「ワンフォーワン」
「サイバーヴァリー」「チューニングサポーター」が対応。
手札コストに「ボルトヘッジホッグ」を使うことでアニメ再現しつつ無駄なく行動。

▼「地獄の暴走召喚」
「ジャンク・シンクロン」「ワンフォーワン」で発動条件を確保
「ボルト・ヘッジホッグ」は自身の効果でも発動条件を満たせる。
相手に並ぶのが唯一にして最大の難点であり、ほとんど克服できない
全部「ミストウォーム」で戻すとかします、本気で。

▼「異次元からの埋葬」
「サイバーヴァリー」「ボルトヘッジホッグ」が対応。
「D.D.クロウ」を受けた「チューニングサポーター」なども戻したい。
使ってみて分かったけど要らない。同じ除外利用でも「DDR」のほうが圧倒的に強い。


■FAQ
Q.ところでそんなに引いて何がしたいの?(茨城・Kさん)
A.特に何も出来ません(09/02/14)

Q.いくらデッキを掘っても「冥府の使者ゴーズ」が来ないのですが(茨城・Kさん)
A.デッキに入っていないカードをドローすることはできません(09/02/14)

Q.3~4枚ドローしてもすべてモンスターでした、追撃できません(茨城・Kさん)
A.仕様です。ディスカードで「ヘッジホッグ」を捨て次ターンに備えましょう(09/02/14)

Q.「生還の宝札」は採用しないのですか?
A.上記の理由を参照ください。引くだけでは勝利できません。


ギミック自体は面白いので、何か発展する要素はあると信じたいところ……。
まあそうなったときに、「遊星デッキ」という面影が残るかは分かんないけどね。

レイジングバレンタイン集会に行ってきました(後) 

カラオケでは「だいたいCA~TBあたりで一度辞めたよね」なんて話題で盛り上がりました。
全盛期のころ丁度小6か中3の人間が多かったので仕方ないねw

▼... Read more ≫

レイジングバレンタイン集会に行ってきました(前) 

今日の舞台は秋葉原ということになりました。
いつも池袋だったので新鮮ではあったけど、やっぱり池袋がよかったかも。


▼... Read more ≫

そういえば昔回収された同人誌とかあったね 

のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」

スレタイのネタ臭からは思いもよらないガチ良作SSで感動してしまった
| HOME | NEXT

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
01« 2009/02 »03

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。