スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「棋譜」の話 

デッキレシピを見ただけで、そのデッキの動きを完全に把握することは難しい。
対戦を外から観戦しただけで、そのプレイングが「正しいもの」かどうかの見定めも難しい。

ということで。
「互いのデッキレシピ」と「その試合で動いた行動」が分かる情報ソース(動画等)があるときに
それを1から「再現」してみるというのは、効果的なプレイングの勉強になるのではないか。

DOで常にデッキを開いて、動画に合わせてカードを引っ張る。
最後までわからなかった伏せカードを除けば、場のカードから状況を構築することはできる。
理想としては、互いの手札、ドローカードも記録に残ってくれてるといいんだけど
そのためにはさらに撮影時の労力がかかっちゃうから難しいだろう、とか。
そうまでしても、実際に再現するときの労力が結構かかっちゃうのが難点…とか。
(文字に起こすとか、そのDOを録画するとかすれば、一度やるだけで済むわけだけど)


一昔前までは、そのための情報ソースを得ることが難しかったわけだけど
デッキレシピは大規模な非公認大会なら公開される傾向が強くなってきたし、
決勝戦とか、大きな試合であれば、試合の流れも動画という形で得られるようになった。
実現できる日も近いかもなー。


…なんて夢のある話を、先日キロスさんたちとしました。
「将棋の棋譜を打つようなもんだよねー」といった話で。
スポンサーサイト
| HOME |

■プロフィール

Hata

Author:Hata
■about this blog
最近はめっきり不定期更新
全ページ リンクフリー

■Twitter ID : Hata_flag

mixi

インタビューズ

■Adsence

■ブログ内検索

■最新記事

■カテゴリ

■月別アーカイブ

■カレンダー

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
08« 2008/09 »10

■最新コメント

■アクセスカウンター

■RSS

■QRコード

QRコード

■世界樹の迷宮III

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。